人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

セカイが広がる

今までの認識を変える特別な情報がここに!

橘玲氏「老後不安を減らすための新しい働き方と生き方」インタビュー【第3回】

65歳以上が総人口に占める割合が過去最高の27.7%をマークした2017年日本。人生100年時代構想が叫ばれていますが…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第6回〜

〜連載第6回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

橘玲氏「働き方が未来の生き方をデザインする」インタビュー【第2回】

元編集者にして現在は作家として活動している橘玲氏に、人生100年時代の生き方・働き方についてお話しを伺うインタビュー第…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第5回〜

〜連載第5回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

内田樹氏インタビュー【第3回】 “公共”とは、生命力あふれる共同体。人生100…

ますますの国際化と情報社会化が予想される人生100年時代において、知性は個人が持てる大きな武器です。しかし知性はどこま…

橘玲氏「リベラル化、グローバル化、知識社会化の三位一体の巨大な潮流が世界を覆う…

「幸せ」とは何だろう――日本は安全で、治安も良くて、豊かで、インフラも教育制度も整備されています。不景気といっても、G…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第4回〜

〜連載第4回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

内田樹氏インタビュー【第2回】 “反知性主義”に陥る前に。人生100年時代の今…

大学に身を置き、人生の多くの時間を高等教育に費やしてきた内田樹氏によると、研究機関としての大学は今、危機に瀕しているの…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第3回〜

〜連載第3回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

内田樹氏インタビュー【第1回】 今、潰されようとしている日本のイノベーション力…

静謐な道場に立つ、雄弁な男がいる。はたまた、本棚に囲まれて思考を研ぎ澄ます。神戸女子学院大学名誉教授にして武道家でもあ…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第2回〜

〜連載第2回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第1回〜

〜連載第1回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

人生100年時代の日本文化・漫画に期待するのは「何かを強く訴えかける力」 呉智…

漫画評論家や日本マンガ学会理事も務める評論家 呉智英氏に、昨今の漫画界についてお話しを伺ってきました。世界に向けて日本…

読書家もやりがちな“誤読”とは? 『論語』を正しく読めれば人生観が広がる …

大学で教鞭をとり『論語』の講座を担当していたこともあるという評論家・呉智英氏によると、人は書物を誤読していることが多い…

真意を読み取る言語感覚。思考停止は“嘘”を生む! 呉智英氏インタビュー【第1回】

「現代人の論語」や「真実の『名古屋論』 トンデモ名古屋論を撃つ」などの多数の著書を世に送り出している評論家の呉智英氏。…

小川榮太郎氏インタビュー第3回 未来のために、一度たりとも許してはいけないこと…

現代日本における報道の在り方に、真っ向から挑んでいる人間がいる。文芸評論家・小川榮太郎氏だ。舌鋒鋭く朝日新聞を追求する…

小川榮太郎氏インタビュー【第2回】不正確な言葉は嘘を生み、デモクラシーを脅かす…

情報格差、情報の非対称性、フェイクニュース。頭がパンクしそうなほどの情報が飛び交う人生100年時代において、私たちは寄…

小川榮太郎氏インタビュー【第1回】 人生100年時代の今、日本の“知的ヒエラル…

現代日本における報道の在り方に、真っ向から挑んでいる人間がいる。舌鋒鋭く朝日新聞を追求する姿が記憶に新しい文芸評論家・…

中村うさぎ氏インタビュー第3回 性的価値に捕らわれないという生存戦略 

これまで多くの経験を積んできた中村うさぎさん。お会いしたらぜひ聞いて欲しいみたいことがあった。女性にとって20代、30…

中村うさぎ氏インタビュー第2回 あなたが悩むあなたの“変”が、あなたそのもの

2020年の東京オリンピックを前に、世界中から来る外国人に恥ずかしくないような世界基準の街作りが東京を中心に、日本の各…

中村うさぎ氏 死線を越えて、本当にやりたかった「仕事」に向き合う 第1回

55歳のときに病に倒れ、心肺停止に陥った中村うさぎさん。壮絶な経験を経て、「今までずっとしたかったことをしよう」と決意…
1 4 5 6

記事一覧