人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

大人のための修身入門 第七回「よい日本人とは?」 講師:小名木善行氏

更年期の強い味方!アンチエイジング検査とは? 河村優子医学博士 インタビュー【第6回】 

人生100年時代、立ち止まらずに“余韻走”を楽しもう。萩本欽一氏インタビュー【第3回】

10月12日に映画『M/村西とおる狂熱の日々』東京プレミア&トーク開催! 東京プレミア上映会直前インタビュー

人生はプラスとマイナスの帳尻合わせ。悪いことがあればイイことも必ずある。假屋崎省吾 氏 インタビュー【第2回】

終戦の日 特別インタビュー 小池一夫氏の戦争 〜前編〜

大人の生き方Magazine MOCでは、73回目となる終戦の日を迎える今回、作家の小池一夫氏をお迎えし、「戦争の記憶…

自分らしく気持ちよく、人生100年時代を楽しんでいきたい。夏木マリ氏インタビュ…

粋な佇まいで私たちを魅了する夏木マリさん。普段はどんな日常を送っているのか気になって仕方ありません。素顔の夏木さんに迫…

ミスマッチでアンバランスなものにこそ色気は宿る CKB横山剣が「興奮」する曲…

デビュー20周年を迎えたクレイジーケンバンドが、前作『もうすっかりあれなんだよね』から3年ぶりとなるブランニュー・アル…

大人のための修身入門 第七回「よい日本人とは?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」と題し、修身教育をテ…

権威と正義の反対側をこの目で見る。田原総一朗 流「ドロップ・イン」の生き方【第…

ブラウン管の中で、論客達が火花を散らせて討論を交わす。そんな光景を生み出したのが、ジャーナリスト・田原総一朗氏だ。企画…

内田樹氏インタビュー【第1回】 今、潰されようとしている日本のイノベーション力…

静謐な道場に立つ、雄弁な男がいる。はたまた、本棚に囲まれて思考を研ぎ澄ます。神戸女子学院大学名誉教授にして武道家でもあ…

河村優子医学博士 インタビュー【第1回】  更年期はアンチエイジングドックで総…

更年期の辛い症状は、女性ホルモンの減少によるものだと思われていますが、実はストレスや男性ホルモンなどとのバランス、食事…

竹内力氏「俺の人生、勉強尽くし。そこに刺激とチャンスがある!」インタビュー【第…

Vシネの帝王・竹内力氏は今も現役で俳優として活躍されながら、プロデューサー、経営者としての顔も持ち合わせています。九州…

萩本欽一氏に学ぶ「負け知らずの生き方」。人生の選択肢は勝つか、逃げるか。インタ…

昭和のテレビ界に登場し、お茶の間の人々を笑いの渦に巻き込んだ萩本欽一氏。「視聴率100%男」の異名をとるほどの爆発的人…

注目度急上昇中!警視庁・防災ツイッターが今面白い! 警視庁災害対策課インタビュ…

警視庁警備部・災害対策課のツイッターをご存知ですか?災害発生を想定し、いざという時に役立つ防災情報を発信しています。警…
CATEGORY
セカイが広がる

境界を飛び越えて、人類の多様性を守りたい。高須…

「言いたいことを言えない世の中」の背景に漂う、徹底的な批判や自粛ムード。言語は人間…

空気の国・日本に「討論」の力で風穴を開ける。田…

直撃・追求・畳みかけ。田原総一朗氏の言葉は、時に攻撃的に映る。その根底にあるのは国…

「好奇心が背中を押して、人類は宇宙へ飛び出して…

惑星物理学者の井田茂教授にお話しを伺いながら、宇宙研究の最前線につ迫るインタビュー…

仕事が僕を待っているから、人生ゆっくりと前に進…

深い円熟味のなかに、爽やかな若さが覗く里見浩太朗さん。時代劇になくてはならない存在…
CATEGORY
ココロが踊る

西寺郷太の「ポップ・ステーション」其の十 ノー…

3番出口の階段を昇って、目の前の横断歩道を渡り、次の信号を渡って右に曲がると、そこ…

恋のあとさき ~実話編【1】〜 初恋の男が義兄…

事実は小説よりも奇なりという。不倫の取材をしていると、本当にそうだと実感する。意外…

西寺郷太の「ポップ・ステーション」 駅:其の一…

人生は旅のようなもの。カセット・テープやデジタル音源、ときには口笛を吹きながら、僕…

トヨザキ社長と杉江松恋のコレ読め! 第3回 飯…

大人の生き方マガジンMOC(モック)で、毎週お送りしている書評番組「コレ読め!」で…
CATEGORY
カラダが喜ぶ

“水引飾り”がブームの兆し? クリエイティブワ…

雑貨店などで目を引くおしゃれな“水引飾り”。昔ながらの紅白の水引よりも、 最近は、…

公文書から明治を学び、“近代日本”の礎を知る!…

今だからこそ、近代国家への大きな一歩を踏み出した明治を考える 平成 30 年は、明…

山口創氏インタビュー第3回 人生100年時代「…

肌と肌が触れ合うことで分泌される幸福ホルモン・オキシトシンに着目し、研究成果を発表…

青春の思い出、森田芳光監督の全作品を上映! ラ…

2011年に急逝するまでの約30年間、日本映画界のトップ監督としてキャリアを更新し…

ムンク展 開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」池袋PARCOにて開催!

ムンクの世界観に共鳴したクリエイターたちによる新しいスタイルのエキシビション!2018年11月2日(金)から)池袋パル…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第35回〜

〜連載第35回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

ゴンドラで行く絶景!! 天空の楽園 “雲海Harbor” 長野県阿智村にて、…

 2018年10月22日(月)から2018年11月25日(日)までの期間中、富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら…

大人のための修身入門 第七回「よい日本人とは?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」と題し、修身教育をテ…

高野山 伽藍ナイトツアー! 空海が描いた仏と神々の祈りの舞台へ誘う没入感ある旅…

午後7時。 聖山、 静寂の入り口。 壇上伽藍、 絢爛豪壮の景色が一切の音と共に闇に閉じ込められる瞬間。伽藍ナイトツアー…

ミスマッチでアンバランスなものにこそ色気は宿る CKB横山剣が「興奮」する曲…

デビュー20周年を迎えたクレイジーケンバンドが、前作『もうすっかりあれなんだよね』から3年ぶりとなるブランニュー・アル…

VRコンテンツを募るグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2018…

誰もが3次元空間の表現を手にする近未来を見据え、 VRの新たな表現とカルチャー/ライフスタイルを牽引し得る次世代クリエ…

人生はプラスとマイナスの帳尻合わせ。悪いことがあればイイことも必ずある。假屋崎…

「花は心のビタミンです」を座右の銘に掲げ、花にも負けない生命力をみなぎらせている華道家・假屋崎省吾氏。今回の取材ではご…

銭湯が美術館に大変身!? 「ケロリン桶」をアートにした、謎イベントが、10月2…

『富山×銭湯PROJECT~ケロリンミュージアム~』10/27(土)より北千住・タカラ湯にて開催!株式会社 北日本新聞…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第34回〜

〜連載第34回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

世界最先端のデジタルアートと電子音楽の祭典「MUTEK.JP 2018」が11…

https://www.youtube.com/watch?v=whCxlV_q8LgMUTEK.JP 2018幕開け…

大人のための修身入門 第六回「公益とは何か?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」と題し、修身教育をテ…

華道家としての生きる道。お花のように美しい心根で成長していきたい。假屋崎省吾 …

日本の伝統的芸術文化のひとつである華道。室町時代にまで遡るお花の文化を現代で牽引しているのが假屋崎省吾氏です。繊細かつ…

越前がにシーズン突入に弾みをつけるカニの祭典!“越前かにまつり2018”が、1…

越前がにシーズン突入に弾みをつけるカニの祭典「越前かにまつり」11月6日の越前がに漁解禁後に、今シーズン越前がにに弾み…

日本の霊性と可能性。意識を上げて自らが変われば、世界が変わる!矢作直樹 氏イン…

「日本に生まれながら自分の国のことがよくわからない」という気持ちを抱いたことはありませんか? 救急医療の現場で生と死の…

10月20日(土)モノづくり大国ニッポン再生への第一歩 “MONOVATE”を…

革新的、 独創的なモノづくりのアイデアや技術を持った方にプレゼンターとなっていただき、 12分間のプレゼンテーションを…

安全神話健在か? 東京は「窃盗と強盗」の被害者数が調査対象22都市中最下位。「…

国際NGOプラン・インターナショナル(以下、 プラン)は、 「思春期の女の子や若い女性たちが都市部で直面する危険性」に…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第33回〜

〜連載第33回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えて…

大人のための修身入門 第五回「博愛とは何か?」 講師:小名木善行氏

大人の生き方Magazine MOC(モック)では、小名木善行氏を講師に、「大人のための修身入門」と題し、修身教育をテ…

“水引飾り”がブームの兆し? クリエイティブワークを楽しむ、水引ムック本が発売

雑貨店などで目を引くおしゃれな“水引飾り”。昔ながらの紅白の水引よりも、 最近は、もっとカラフルでポップ。 ブームにな…

記事一覧

記事一覧