人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

魅惑のベリーダンスを踊る! フィフィのアラビックStudio【第6回】

 

大人のライフマガジンMOC(モック)では、タレントのフィフィさんをメインキャスターに、日本人の知らないアラブ世界について解説いただきます。

第6回目のテーマは、前回に引き続き「ベリーダンス」です!!。

全世界的に有名なイスラム文化のひとつである「ベリーダンス」。

近年日本においても、静かなブームです。

今回は、ベリーダンス業界のパイオニアでもある、アーランジュベリーダンススタジオの杉谷先生に華麗な踊りを披露していただくとともに、フィフィさんもベリーダンスに挑戦!!。

ベリーダンスの魅力について深く知ることができる「フィフィのアラビックStudio」、是非ご視聴ください。

 

 

// Amazon.co.jp ウィジェット

 

【今回のゲスト】

杉谷知香(すぎたにちか)/ベリーダンススタジオ『アーランジュ』主宰。

2008年からベリーダンスを日本の女性に広めるために様々な分野で活躍中。

著書『杉谷知香のベリーダンス本』『ベリーダンスダイエットでヤセモテBODY』など多数。

フィットネスクラブ・ティップネスで展開中の大人気プログラム『ベリーダンスフィットネス』を開発&ディレクション中。

TBS「金スマ」、NHK「美スポ!」など番組出演多数。

アラブの民族舞踊であり、日本人にはとっつきにくかったベリーダンスを、日本人に分かりやすい「ダイエット」などのキーワードをまじえ幅広く啓蒙して行く事に成功。

ショーアップされたベリーダンスとともに、日常生活で取り入れられるようなベリーダンスの提案を続けている。

http://www.aalanju.com

 

アーランジュベリーダンススタジオ

http://aalanju.com/index.html

アーランジュは原宿・恵比寿・大森などにスタジオを展開するベリーダンス教室です。

初心者向けの気軽なレッスンから本格的なショーダンサー育成まで多数のクラスを展開しています。

「明るく、楽しいレッスンを!」をモットーに10代から7,80代の方まで幅広く通って頂いています。

ダンス教室のほかにレッスンDVDのリリースやフィットネス/ダイエット商品の開発なども行ない、ベリーダンスの啓蒙活動を続けています。

 

衣装:MiLLANA(ミラーナ)

http://bellydance-dress.com

 

報道されない、シリア問題の裏側。フィフィのアラビックStudio 【第1回 】

 

アラブを理解する上で必ず知っておきたい基本編。フィフィのアラビックStudio【第2回】

 

一度は訪れたい国、エジプトについての入門編。フィフィのアラビックStudio【第3回】

 

「アラブの春とは、何であったか?」をフィフィが解説する、アラビックStudio【第4回】

 

魅惑のベリーダンスに触れる、フィフィのアラビックStudio【第5回】

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

フィ フィ

1976年生まれ。カイロ出身。国籍はエジプト。
中京大学卒業。サンミュージック所属。
著書:おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ(祥伝社)

「患者の立場で考えるリビングウイルとは?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【…

大人のWEBマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。生きと…

「日本インド化計画!?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第3回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。認知症…

「大手メディアが流す認知症治療の嘘」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第2回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。世の中…

長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第1回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。長年地…

「納得できる生き方のために。医療の現場から価値ある情報を発信したい」長尾和宏氏…

多くのがん患者を診て、“お診取り”もしてきた長尾和宏先生は、社会に溢れる医療情報にやはり敏感です。しかしながら、玉石混…

「勝ち逃げできるがん治療を目指して。患者さんの人生から医者が学ぶべきことがある…

医療技術の発展は目を見張るものがありますが、しかし今なお「がん」による患者数は増加をたどっています。そしてがんによって…