人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

人口2万6千人。小さな町から世界へチャレンジ! 世界に誇る吉野川で地方創生に挑む「徳島県三好市」の物語。

 

 

いま、 徳島県三好市(人口2万6千人余り)という山間部にある小さな町が、 ラフティングとウェイクボードの世界大会が2年連続開催されたことで注目!!

 

 

「山と川以外なんちゃない!(何もない)」地元の人の口癖だった吉野川。

2つの世界大会で吉野川を訪れたトップアスリート達が「世界トップクラスの川」と絶賛!!

今、吉野川上流域の大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)と下流のイケダ湖が世界に誇れるブランドとなっている。

三好市は日本三大秘境として有名で、 数億年前からの地殻変動で出来上がった地形は、 豊富な水量と大小数々の瀬が変化に富んだ流れを作っている。

ラフティング、 カヌー、 ディンギーなどの漕艇選手たちからは『奇跡の川』と呼ばれ、 日本中からアスリートが集まるスポットになっている。

 

 

 

2020年8月 中国(桂林市)で開催されるラフティング世界選手権への日本代表権をかけ、 本年10月26~27日に『第5回ラフティング全日本選手権(主催:一般社団法人 日本レースラフティング協会)』が開催された。

三好市からの参加チーム“トラクト”は、 テレビ番組の“情熱大陸”で紹介された元世界チャンピオン阿部雅代が監督を務めており、 大会では見事3チームがクラス別優勝を果たした。

地元中高生女子チーム“トラクト”が19才以下の「ユース女子」に選出。

同じく地元 三好市のラフティングガイドチーム“シリウス”が「オープン女子」に選出。

“R6マスターズ”が「マスターズ男子」に、 各チームが世界選手権への出場権を獲得し、 三好市の『奇跡の川』吉野川の大歩危・小歩危で練習を重ねて世界へ挑戦する。

 

 

本年11月28日に、 世界へのキップを掴んだ地元チームが三好市の黒川征一市長を表敬訪問し、 世界大会への抱負を報告した。

選手たちから黒川市長に日本代表選手に選ばれた喜びや、 世界大会への意気込みを述べ、 それを受けた市長からは激励の言葉が贈られた。

小さな地方都市からラフティングという競技に青春をかけるアスリートたちのチャレンジにご注目を!

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

千年の時を今に伝える荘園遺跡を後世に残すために。田染荘(たしぶのしょう)の荘園…

大分県豊後高田市の田染小崎地区で組織されている「荘園の里推進委員会」は、国の重要文化的景観にも選定された美しい中世の荘…

写真コンテストによる地域おこし。徳島県三好市が、フォトコンテストで地域の魅力を…

四国のほぼ真ん中に位置する徳島県三好市は、 四季折々の表情を見せる山並みや変化に富んだ渓谷美などの美しい自然に恵まれ、…

歴史が息づく「中世日根荘の風景」。日本遺産に認定された泉佐野市の魅力を是非。

令和元年に「旅引付と二枚の絵図が伝えるまち ―中世日根荘の風景―」が日本遺産に認定された。約800年前の荘園風景がその…

ちょっと買い物にドバイへ!2020年はショッピングフェスティバルと空前絶後の旅…

昨今ドバイは、 様々な世代に幅広く認知されている。今回、 定番のドバイの景色はもちろんのこと、 まだ広く知られていない…

四国の「へそ」であり、日本三大秘境である徳島県・三好市の魅力をお届け。

徳島県三好市は同県の最西端に位置し、 香川県、 愛媛県、 高知県と接する四国の「へそ」にあたる地域。そして日本三大秘境…

麒麟がくる!“明智光秀ゆかりの地”丹波・丹後をめぐる、大人の京都旅。

2020年の大河ドラマは、 織田信長に仕えたことで有名な戦国武将・明智光秀が主人公の「麒麟がくる」が放送される。 光秀…