人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

重力の法則を壊し、 現実と錯覚の世界を表現したレアンドロ・エルリッヒの最新作、「INFINITE STAIRCASE」が2020年7月23日より金沢にて公開。

 

 

私設現代アート美術館「KAMU kanazawa」に、 レアンドロ・エルリッヒの最新作「INFINITE STAIRCASE」が7月23日(木曜)から公開される。

それに先立ち21日には美術手帖とKAMU kanazawaのInstagramアカウトからライブ配信で先行公開を行う。

 

 

 

2020年6月21日オープンしたKAMU kanazawa。

レアンドロ・エルリッヒのスペースではこれまで実寸台の作品図面の展示、 公開制作といったプログラムを行い、 いよいよ7月23日より世界で一番新しい最新作が公開となる。

本作品は螺旋階段を横倒しにしたような造形の作品で、 鑑賞者が作品の中に入って楽しんでもらう体験型のインスタレーション作品となっている。

幅約3.5m奥行き約7m高さ約3mの作品の中に入ると、 螺旋階段の吹き抜けを上から覗き込んでいるような錯覚と空間が拡張される仕掛けに驚きを感じずにはいられない。

 

 

エルリッヒが得意とする、  を違和感なく繋げ成立させる表現が効果的に使われている作品となった。

作品完成後は本美術館のパーマネントコレクションとして常設展示され、 金沢のアートシーンの中心である21世紀美術館のスイミングプールと共に、 金沢を盛り上げていければと考えている。

 

レアンドロエルリッヒ

1973年、 アルゼンチン、 ブエノスアイレス生まれ。 主な個展に、 ローマ現代美術館(イタリア、 2006年)、 MoMA PS1(ニューヨーク、 2008年)、 エスパシオ・フンダシオン・テレフォニカ(マドリッド、 2017年)、 ニューバーガー美術館(ニューヨーク、 2017年)などがある。

国内では、 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(新潟、 2006年、 2012年)、 瀬戸内国際芸術祭2010(香川、 2010年)などに参加し、 2014年金沢21世紀美術館、 2017年森美術館で個展を開催。

KAMU kanazawa

金沢21世紀美術館から徒歩3分、 金沢市の中心部に、 setchu株式会社が運営を行う私設の現代アート美術館「kanazawa(カム カナザワ)」が2020年6月21日に開館。

現代アートによる日本の文化資源の向上のための作品収集、 同時代的に生まれるアートの発信を行い、 さらには“拠点となる金沢市”が現代アートの街として発展していくことに貢献することを目的に活動を行う。

 

レアンド・ロエルリッヒ「 INFINITE STAIRCASE」公開開始

日時::2020年7月23日(木)11:00~

美術手帖× KAMU kanazawa インスタライブ

日時:2020年7月21日(火)19:00~20:00(開始時間、 終了時間は予告なく変更される可能性があります。 )

Instagramアカウント:KAMU kanazawa

 

美術手帖

 

KAMU kanazawa  

レアンド・ロエルリッヒ「INFINITE STAIRCASE」公開開始:2020年7月23日(木)

入館料:800円、 小学生以下 無料

開館時間:11:00~18:00(金土~20:00)

休館日:月曜日

住所:石川県金沢市広坂1-1-52

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日よ…

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。江戸末…