人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

むしろ今、フィルムが新しい!写真復興プロジェクトで、人気インフルエンサーが集結!フィルム復興の新たな起爆剤となるか?

 

 

コダック アラリス ジャパン×CURBONが全ての写真愛好家におくるフォルム写真振興プロジェクト、新たに始動!

スペシャルプロジェクトチーム「TEAM KODAK」が発足し、 コダック アラリス ジャパン公式SNSを共同運営することが決定した。

同チームはSNSで総計フォロワー数130万人を誇る人気アーティスト10名で構成され、 新しく運営されるアカウントではアーティスト自身が撮影した写真の更新を行う。

また、フィルムユーザーが応募可能なフォトコンテスト等、 参加型の企画も通してフィルム写真の魅力を発信していく!!

 

 

 

今回のプロジェクトの目的は、 日本の写真マーケットに再びフィルム写真の息吹を吹き込むこと。

デジタルカメラを使用する写真愛好家やこれから写真を始める初心者にも、 フィルムで写真を撮影する文化を身近に体験してもらうことにある。

 

カメラのデジタル化やスマホカメラの性能向上等、 様々な技術革新や社会的状況の変化により、 2000年をピークとしたカラーフィルムに対する総需要は激減していたが、 ここ数年その復興が顕著となりつつある。

誰もがデバイスで簡単に写真撮影を行うことが出来るようになった今、 再び多くの人に「敢えてフィルムで写真を撮る」ことの楽しさや美しさを知ってもらい、 日本のフィルム需要を拡大させることが企画の狙いになっている。

プロジェクトの実施にあたって、 コダック アラリス ジャパンの新設SNS上でKODAKフィルムの魅力をマルチに発信するTEAM KODAKが結成。

TEAM KODAKのメンバーに選抜されたのは、 現在日本のSNS界で絶大な支持を得ており、 総計130万人ものフォロワーを有する、 フィルム写真好きの10名の人気アーティスト。

 

 

 

人物写真家、 風景写真家、 モデル···など、 多様な層が揃ったメンバーの共通点は、 「日本のさりげない日常」を感じさせる世界観にある。

フィルム写真と聞くと、 重厚なアンティーク感や海外のファッション誌のような非日常的な雰囲気を思い浮かべる方も少なくはないかもしれない。

しかし、 フィルム写真は、 実は生活に密着した存在だ。

修学旅行の思い出、 夏の暑い日に室内でアイスコーヒーを飲んでいる恋人、 仕事帰りの居酒屋街の賑わいと哀愁···。

このように、 「二度と繰り返されることのないふとした日常」は、 撮り直しの効かないアナログなフィルム写真と高い親和性を有するとCURBONは考えている。

TEAM KODAKメンバーは、 身近な日常のワンシーンをフィルムで切り取る先駆的存在として、 アカウントのコンテンツを創っていきく。

また、 TEAM KODAKのメンバーが、 特に印象に残った写真をフィーチャーするフォトコンテストなど、 SNSを通して一般人も参加できる様々なキャンペーンも実施する予定だ。

数量限定で配布予定の非売品のステッカーも現在制作中なので、 どうぞお楽しみに!

プロジェクト詳細については、 近日中にCURBON公式SNS上にて公開される予定だ。

既にフィルムを愛用している方も、 今までは少しハードルの高さを感じていてフィルムを使わなかったという方も、 是非このキャンペーンを機に、 フィルム写真の魅力に着目してみては?

 

 

【お知らせ】

初回フォトコンテストは1月13日付けで募集を開始する。

テーマは「#KODAKで写す冬」です。 応募はインスタグラムとツイッターを通して2月9日までに行って下さい。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

写真家 砂守勝巳の大規模個展「黙示する風景」。没後10年を経た今、そのメッセー…

埼玉県東松山市「原爆の図丸木美術館」では、没後10年を経た写真家 砂守勝巳を再発見し光を当てた、「砂守勝巳 黙示する風…

79歳の現代アーティスト MOMO YAMAが、個展を開催中!原宿のレジェンド…

原宿の現代アートギャラリー「JPS Art Gallery HARAJUKU / AREA 36」では、2月16日(日…

マティスの大規模展は10年ぶり!世界の名品約90点が集結する、モネとマティス―…

4月23日(木)― 11月3日(火・祝)まで、 「モネとマティス―もうひとつの楽園」展を開催する。印象派の画家クロード…

ブルースが流れたアメリカ南部の時代を切り取った、写真家 長濱治。約30年の時を…

写真家・長濱治氏がブルーズの聖地・アメリカ南部で撮影し、ピーター・バラカン氏にテキストを書き下ろしたビジュアル&サウン…

アルベール・マルケが描いた、「ルーアンのセーヌ川」を上原美術館にて公開!

個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこには、当館コレクション特有の優しく穏やかな気配…

青年期に強い意志と情熱が現れた写真を展示する、ヤング・ポートフォリオ。 201…

清里フォトアートミュージアムでは、2020年3月20日(金・祝)から6月14日(日)まで、「2019年度ヤング・ポート…