人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

御船山楽園にて、連続する生命の意味をアート!チームラボが2019年7月佐賀県武雄市にて開催決定!

 

チームラボが毎年行うアート展「チームラボ かみさまがすまう森」を、 今年も御船山楽園(九州・武雄温泉)で開催することが決定した。

チームラボにとってライフワークである御船山楽園での展覧会は、 今年で5年目となる。

毎年夏から秋にかけて行われる本展は、 2019年7月から10月31日まで開催予定。

 

 

圧倒的に長い時間の中で形作られた巨石や洞窟、 森。 そして、 そこにそれぞれの時代ごとに人々が意味を見出しては、 千年以上ものあいだ、 自然と人の営みが延々と続き、 積み重ねられてきた場所こそが、 ヘリテイジ(遺産)と考えるチームラボ。

本展においてチームラボは、 御船山楽園の巨石や洞窟、 森、 もしくは古くから続く庭そのものの形をそのまま使い、 そして、 自分を超越した長い時を持つその存在に「連続する生命」の意味を見出し、 現代においてもまた、 この場所に意味を積み重ねて行きたいと考えている。

御船山楽園は、 九州・武雄温泉に1845年に開園した、 国登録記念物の名勝地。

今年もその50万平米の大庭園が、 「自然が自然のままアートになる」プロジェクトの作品群と人々の存在によって、 変容し続ける空間となる。

 

 

 

《連続する生命の形》

1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園。

敷地の境界線上には、 日本有数の巨木である樹齢3000年以上の武雄神社神木の大楠があり、 庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。

そのことからわかるように、 古来より大事にされてきた森の一部を、 森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。

庭園と自然の森との境界は曖昧で、 回遊していく中でいつのまにか森に入り込んだり、 けもの道に出くわしたりする。 森の中には、 超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら)であろう祠が今では稲荷大明神としてまつられている。

また、 後に奈良の大仏をつくる名僧行基が約1300年前に御船山に入山し五百羅漢を彫ったとされており、 森の中の洞窟の岩壁には、 行基が直接彫ったと伝えられる磨崖仏が今も残る。

そう、 長い長い時間の中で形作られた巨石や洞窟、 森、 それぞれの時代ごとに人々がそこに意味を見出し、 それが千年以上積み重ねられて御船山楽園はあるのだろう。

今なお続く自然と人との営みが、 庭園と森の境界が曖昧な、 この居心地の良く美しい文化的遺産を生んでいるのだ。

庭園と森との境界の曖昧な場で道を失いさまよっている時に、 自然と人との営みの、 長く続いてきた境界のない連続性の上に自分の存在があることを感じることができた。

だからこの広大な庭園と森の中を迷い込んで行くような展覧会をやりたいと思ったのだ。

 

 

 

自分という存在は、 何十億年という圧倒的な時間の長さの、 永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。

しかし、 日常では、 なかなかそれを知覚することが難しい。 人間は自分の人生より長い時間を認知できないのだろう。

森を探索していた時、 圧倒的に長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、 そして森そのものの造形こそが、 長い時間を知覚できる形そのものであると知ったのだ。

チームラボは、 「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っている。 非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトだ。

巨石や洞窟、 森、 もしくは古くから続く庭そのものの形をそのまま使い、 そして自分を超越した長い時を持つその存在に「連続する生命」の意味を見出し、 現代においてもまた、 この場所に意味を積み重ねて行きたいと思う。

 

 

 

【展示作品】

 

小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats – Mifuneyama Rakuen Pond
teamLab, 2015, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahash

 

 

 

 

生命は連続する光 – ツツジ谷 / Life is Continuous Light – Azalea Valley
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

 

 

 

 

増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

 

 

 

 

かみさまの御前なる岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Sacred Rock
teamLab, 2017, Digitized Nature

 

 

 

 

岩壁の空書 連続する生命 – 五百羅漢 / Rock Wall Spatial Calligraphy, Continuous Life – Five Hundred Arhats
teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

 

 

 

 

夏桜と夏もみじの呼応する森 / Resonating Forest – Cherry Blossoms and Maple
teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

 

 

 

 

抽象と具象 – 森の入口 / Abstract and Concrete – Forest Entrance
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

 

 

 

 

グラフィティネイチャー – 廃墟の湯屋に住む生き物たち / Graffiti Nature – Living in the Ruins of a Bathhouse
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

 

 

 

 

小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

「EN TEA HOUSE – 幻花亭」にて体験いただけます。

 

 

 

 

森の中の、 呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest – One Stroke
teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

*御船山楽園ホテル内にて体験いただけます。

 

 

 

【開催概要】
チームラボ かみさまがすまう森 – earth music&ecology

mifuneyamarakuen.teamlab.art
#かみさまがすまう森 #teamLab #earthmusicandecology

会期: 2019年7月~10月31日(予定)

会場: 御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)

協賛: earth music&ecology

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

チーム ラボ

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

小説家・原田マハが仕掛ける初の展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世…

2019年9月1日(日)~8日(日)までの8日間、 日本と世界のアートにおける両者の接点をテーマに、 「CONTACT…

先鋭的なアート作品を通して、「祈り」を伝え、未来へ繋ぐ試み。京都・清水寺にて開…

あらゆる垣根を越えた前衛的な表現を元に、 人が一心に尽くし、 無心へと近づいていくその瞬間を祈りの風景と重ね合わせ、 …

下絵と素描から知る上村松園。 絵師としての気概を知る企画展が開催

近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、令和元年7月13日(土)から10月6日(日)まで、「下絵と素描から知る上村…

青木野枝「霧と山」展 を7月26日より鹿児島県アートの森にて開催。鉄を素材にし…

鹿児島県霧島アートの森では、2019年7月26日(金)から2019年9月23日(月)の期間に、特別企画展『青木野枝「霧…

生誕110年 浜口陽三 銅版画展が、 東京都・中央区にて7/15(月祝)まで開…

お醤油の倉庫として使用していた空間をリノベーションした美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」。浜口陽三の生誕11…

「覚醒する写真たち」 今道子 + 佐藤時啓。 二人のアーティストの企画展。

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)写真歴史博物館では、2019年9月1日(日)から12月27日(…