人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

新型コロナウイルス の感染拡大が広がるアフリカへ向け人道航空を増便。国連の新たな物流拠点稼働開始

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、WFP国連世界食糧計画は、 グローバルな物流拠点の稼働を開始した。

これは支援に携わる機関・団体のコミュニティー全体をサポートし、 民間航空が実質的な停止状態にある中で必要不可欠な医療用品や人道支援物資を開発途上国に確実に届けるためのもの。

 

 

「パンデミックを抑制するための医療用品や人道支援物資をアフリカに増やす機会の窓は急速に閉まってきています」と国連WFPCOVID-19対応担当部長のアメア・ダウディ氏。

「私たちのグローバル物流支援システムは稼働しており、 今回の輸送は、 今後世界中のあらゆる場所に空輸していく多くの貨物の最初のものです」と加えた。

国連WFPが契約したボーイング757型機は木曜遅くにベルギー・リエージュに新設されたグローバル人道支援対応拠点を出発し、 国連児童基金(ユニセフ)と赤十字国際委員会に代わり、 約16トンの医療貨物とマスクや手袋などの個人用防護具をブルキナファソとガーナに向けて輸送しました。

この貨物の一部は、 最終目的地のコンゴ民主共和国に移送される。

 

 

国連WFPはCOVID-19のグローバルな対応のために物流支援網を立ち上げ、 必要不可欠な医療用品や人道支援物資を空輸するとともに、 医療従事者をパンデミック対応の最前線に送るための世界規模の航空網を配備している。

医療用品が生産される場所が近いリエージュ、 ドバイ、 中国にあるグローバル人道対応拠点は、 エチオピア、 ガーナ、 マレーシア、 パナマ、 ドバイ、 南アフリカの地域拠点とつながり、 待機している小型航空機で支援優先国に向けて貨物と支援者を運ぶ。

このネットワークは、 イタリア・ブリンディジを含む、 既存の国連人道支援物資備蓄庫(UNHRD)に基づいて構築されている。

国連WFPは今後6週間で、 ボーイング747型機の37機相当分を中国とマレーシアから130カ国に輸送する予定だ。

この航空網が完全に稼働すると、 毎月最大350の貨物機と、 350の旅客機が飛ぶことができるようになる。

今回の航空便はリエージュに新設された物流拠点からの初めての飛行だが、 国連WFPは1月下旬から89カ国に300トン以上の人道支援物資と医療用品の貨物を輸送し、 各国政府や医療支援にあたる協力団体のCOVID-19対応を支援した。

これらの輸送には、 マスク、 手袋、 換気装置、 検査キット、 温度計が含まれる。

 

 

各支援機関と保健当局は、 脆弱な環境下で物資を得ることに苦労しています。 グローバルなサプライチェーンの崩壊、 国境の閉鎖、 民間の旅客機の停滞、 そして輸送の混乱によって妨げられている。

国連WFPの物流ネットワークは、 必要不可欠なサービスのギャップを埋め、 パンデミックの最前線にいる人道支援者と医療従事者が滞在し、 命を救う支援を提供できるようにする。

国連WFPはまた民間航空の停滞を克服し、 アフリカを東西に往来できるようにするために、 地域の旅客航空サービスを人道支援者と医療従事者に提供する予定だ。

最初のフライトは数日内に飛行する予定。

このサービスは中東、 ラテンアメリカ、 アジアにも拡大される。

国連WFPはまた民間のサービスが途絶えた場合、 ジュネーブやローマを航空でつなぐ準備ができている。

「簡潔にいえば、 私たちの輸送支援がなければ、 世界で最も脆弱な環境におけるCOVID-19への対応は途絶え、 何百万人もの人々が危険にさらされることになります」とダウディ国連WFPCOVID-19対応担当部長。

国連WFPは共益のグローバル物流システムの立ち上げに対し、 最初の3億5000万米ドルの資金要請を4月に行った。

これは世界中の人道支援組織も賛同し、 国連WFPの率いるこれらの対応活動への緊急性を強調した。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

文化財を法人がリノベーションして活用するプロジェクトが、栃木県宇都宮で始動!!

江戸時代。かつて宇都宮を治めていたのは、戸田家8万石。日本に名だたる交通の要衝であったこの地には、 中世フィンランドに…

武力弾圧から3年「ロヒンギャ難民100万人は今」オンラインシンポジウム8/22…

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、 隣国バングラデシュに大量流入して間もな…

新型コロナウイルスの脅威にさらされる弱き子供たち。イラク内避難民130万人に迫…

新型コロナウイルス感染症が流行するイラクでは、 住まいを追われた国内避難民130万人余りが、 今なお過密で不衛生な避難…

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。20…

世界第1位となった「富岳」の恐るべき処理速度!2位の中国との差は?

スーパーコンピューター「富岳」は、ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価!1.「富岳」測定結果共同…

作家 小野正嗣 x 国境なき医師団 コロナ禍における人道危機今問われる医療と…

国境なき医師団(MSF)日本は、 芥川賞作家で早稲田大学教授の小野正嗣氏を迎え、 MSF日本会長で外科医の久留宮隆とと…