人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

豪快な火柱が一瞬で夜空を彩る、豊橋発祥の手筒花火!!11月2日(土)横浜赤レンガ倉庫で放揚!

 

 

10メートル以上立ち上る火柱と、突然訪れる「ハネ」が大迫力の「三河伝統手筒花火」。

豊橋発祥の手筒花火13本を、11月2日(土曜日)横浜赤レンガ倉庫にて放揚!!

さらに「全国ふるさとフェア2019」も開催中!

日本一の生産量を誇る次郎柿や特産品のミニトマトなどを販売。

 

 

【450年以上の歴史を持つ、 伝統の手筒花火】

竹筒に火薬を詰めた花火を人が抱えて揚げ、 10m以上の炎を吹き上げる手筒花火。

この手筒花火の発祥は豊橋市の吉田神社であると言われ、 450年以上の歴史がある。

本来祭礼時に神前で奉納されるもので、 豊橋市内では多くの地域で放揚されており、 年間4,000人以上が手筒花火を揚げている。

 

 

 

 

【観る人々の心を魅了する30秒】

火が付いた手筒を揚げ手が抱えると、 筒から吹き上がる火柱が夜空をめがけて舞い上がる。

その高さは10メートル以上にも及び、 豪快な火柱が一瞬で夜空を彩る。

手筒から吹き上がった火柱は、 火の粉となって滝のように流れ落ち、 無数の火の粉が揚げ手に降り注く様には、 他の花火にはない迫力と美しさがある。

【突然訪れるクライマックス】

手筒花火の火薬が強さを増しながら燃焼していき、 筒の中の圧力が最大となったとき、 「はね粉」と呼ばれる火薬に火が付き、 豪快なさく裂音を轟かせながら、 筒の底が抜けて揚げ手の足元で爆発する。

その時の轟音と揚げ手の足元に広がる炎が、 手筒花火の最大の特徴だ。

 

 

【手筒花火 at 横浜赤レンガ倉庫】
日 時 令和元年11月2日(土曜日)17:00~17:30頃
会 場 横浜赤レンガ倉庫 赤レンガパーク(神奈川県横浜市中区新港一丁目1番1号)
観覧料 無料

【全国ふるさとフェア2019】

【物産ブースでは特産品の販売も】
11月2日(土曜日)から4日(祝日)には「全国ふるさとフェア2019」の物産ブースも設置。
豊橋市が日本一の生産量を誇る次郎柿や柿を使った飴やジャム、 甘くてカラフルなブランドミニトマトなどを販売。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明日2019年11月10日開催!オートバイ愛好家による海岸清掃イベント !!事…

オートバイ乗りによる海岸清掃イベント開催!集まるオートバイは500台以上。「Love the Earth(ラブ・ジ・ア…

国立新美術館のミュージアムショップにて、琉球びんがたのデモンストレーションを1…

東京・六本木の国立新美術館内にあるミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」で開催中の催事「芭織-hao 日本…

電子音楽&デジタルアートの祭典MUTEK.JP 2019開催内容が決定!!

カナダ・モントリオール発、 日本で4回目となる電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP」を12月11日(水)~…

埼玉県入間の熱い夜が始まる!!25万人が訪れる2日間「入間万燈まつり」10月2…

令和元年10月26日・27日、 埼玉県入間市の産業文化センター周辺を会場に入間万燈(まんどう)まつりが開催。 入間市の…

パトレイバー、出崎統、なつぞら アラフィフ世代のアニメから、新作「この世界の片…

本イベントは練馬区にとって重要な産業であるアニメーションを、より深く、楽しく、身近に感じていただくことを目的としたイベ…

今注目のラグビーも!!ゲイ雑誌の表紙を数多く手がけた作家「木村べん」の特別原画…

ラグビーW杯開催にあわせて原宿にオープンしている、LGBTとスポーツに関する情報発信施設「プライドハウス東京2019」…