人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

今蘇る、阿波地方の民俗芸能!神と触れ合う瞬間の花火をとらえた圧巻の写真と音!!

 

 

徳島県で阿波の文化を探究し続けた舞踊家、檜瑛司 民俗芸能写真集『阿波の遊行 Awa-no Yugyo』が、2020年7月17日河出書房新社より発売中。

 

 

舞踊家・檜瑛司(1923~1996)は、 1960年代中期から徳島周辺の民謡/伝統芸能の調査に入った。

「徳島に民謡は存在するのだろうか?」 ──そしてそのあまりの豊かさにうたれた彼は、 その後の生涯を阿波地方の民俗芸能研究に捧げることになる。

失われつつある祭礼、 儀式、 舞踊、 そして歌。

檜が遺した驚くべきアーカイヴが、 久保田麻琴のプロデュースによって、 写真と音楽でいま甦る。

 

 

===松本隆(作詞家)推薦!===
祭りの踊りは神と触れ合う瞬間の花火。
舞う人、 伝える人、 残す人、 印画紙に焼き付けた人、
もうリスペクトしかない──松本 隆

 

===総合プロデュース・久保田麻琴===
家元の家系から来た舞踊家、 檜瑛司は
ある時、 徳島に民謡がないのかという素朴な疑問を持つ。
録音機とカメラを携え調査を始めたのが1960年代中期。
徳島、 四国の集落のリサーチを始めると、 そのあまり豊穣さに心奪われ、
生涯を調査研究に費やすことになる。 ここにある驚異的な記録を
皆様と共有する恩恵に与らせていただこうと思う。
感謝。 久保田麻琴(音楽家・本書監修)

 

 

檜 瑛司(ひのき えいじ 1923~1996)

1923年徳島県鳴門市生まれ。

早稲田大学卒。 日本舞踊・蔦元流を三代目蔦元瑛太郎として継承する傍ら、 戦後まもなく檜瑛司創作舞踊研究所を徳島で設立し、 舞台芸術の発展と後進の育成に努める。

また徳島の伝統芸能を調査し、 膨大な資料を遺す。 第1回徳島県芸術祭賞(1967)、 紺綬褒章(1967)、 日本民間放送連盟賞(1982)、 徳島県知事表彰(1983)、 文部大臣賞・地域功労者賞(1984)、 徳島新聞文化賞(1986)、 徳島県文化賞(1989)などを受賞。

 

 

 

檜瑛司 民俗芸能写真集  阿波の遊行 A wa-no Yugyo 

2020年7月17 日(金)、 河出書房新社より 全国書店にて 発売

総合プロデュース 久保田麻琴(貴重音源復刻CD「正調 阿波の民謡」CD  

 松本隆

 

徳島県で阿波の文化を探究し続けた舞踊家、 檜瑛司氏のアーカイヴ写真を久保田麻琴が見事に監修!

阿波踊りの原点とも言える生き生きとした祭りの原風景を、 貴重な復刻音源と共に是非。

 

檜瑛司民俗芸能写真集『阿波の遊行 Awa-no Yugyo』

B5 / 128ページ / 写真85点

価格: 3,000円+消費税(税込3,300円)

発売: 2020年7月17日(金)

発売元: 河出書房新社

発行元: 晴れたら空に豆まいて

 

内容(写真85点)

香川県綾歌郡綾上町 瀧宮神社 / 雨乞踊り 徳島県麻植郡山川町  川田八幡神社 / 暴れ屋台 鳴門市撫養町  / 阿波踊り   徳島県三好市西祖谷山村 / 神代踊り 徳島県海部郡牟岐町 / 辻踊り等

「檜さんの撮影術」皆川学(民俗芸能学会評議員/元NHK徳島放送局ディレクター)

「父のおきみやげ」唐崎千尋

貴重音源復刻CD「正調 阿波の民謡」(解説=大石始)

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日よ…

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。江戸末…