人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

BOROが世界を巡る!! BORO World Tour Exhibition 2019-2021 オーストラリアからスタート!!

 

 

ルイ・ヴィトン、 アルチュザラ、 コム・デ・ギャルソンなどが相次いでコレクションテーマに掲げるなど、 近年アート界のみならずファッション界でも評価が高まっている「BORO」=「日本のボロ」。

オーストラリア、 中国、 アメリカ、 スゥエーデン、 ロシアなど世界各国の美術館・アートフェアから招かれ、 日本の美術作品としては稀な大規模世界巡回展が実現。

 

 

B ORO」コレクション

民俗学者 田中忠三郎氏(1933年~2013年)が収集保存した民俗衣コレクション。

江戸後期~昭和初期に青森を中心とする東北地方で、 農民・漁民が使用していた衣類・布類。

ツギハギだらけのこれらのボロ布類は、 近年「BORO」と呼ばれ、 消費文化の対極のアートとして、 欧米のアート界でも評価が高まっている。

2013年にはルイ・ヴィトン、 2014年アルチュザラ、 2015年コム・デ・ギャルソンが相次いで「日本のボロ」をテーマにしたコレクションを発表するなど、 世界各国ファッションクリエイターに影響を及ぼしている。

 

 

 

 

B ORO」 をテーマに した作品 を発表している ファッション ブランド

ルイ・ヴィトン、 アルチュザラ、 コム・デ・ギャルソン、 visvim 、 リトュンアフターワーズ、 途中でやめる(山下陽光)、 ポータークラシック、 まとふ、 ケイスケカンダ、 KAPITAL 、 FDMTL 、 ハリウッドランチマーケットOkura、 kuon、 and more…

 

 

 

 

海外 巡回展の幕開け の地 オーストラリア

海外初展覧会となるオーストラリアでの開催はクラフト&キルトフェスティバルからの招待により実現。

1都市目のシドニー(6月19日~23日)会場来場者数は5日間で6万人を記録するなど、 大規模なフェスティバルにおいて全136ブース中BOROや刺し子といった日本のテキスタイル専門ギャラリーが6ブースを占め、 現地で日本のテキスタイルがブームになっている様子が伺えた。

またABC(Australian Broadcasting Commission)全国ネット等現地メディアからも高い評価を得ることができた。

そして、 オーストラリア2都市目となるメルボルン(7月25日~28日)も大盛況のうちに閉幕。

3都市目となるキャンベラ(8月15日~18日)での開催をもってオーストラリアでの展覧会はいったん終了となり、 次は中国ファッションウィークにあわせて展覧会が開かれる北京へと向かう。

 

 

 

 

AMUSE MUSEUM BORO World Tour Exhibition 2019-2021

 

★2019年6月19日(水)~23日(日)

シドニー / シドニー国際コンベンションセンター
Craft & Quilt Fair Sydney

 

★2019年7月25日(水)~28日(日)

メルボルン/メルボルン・エキシビジョンセンター
Craft & Quilt Fair Melbourne

 

★2019年8月15日(木)~18日(日)

キャンベラ/エキシビジョンパーク イン キャンベラ
Craft & Quilt Fair Canberra

 

★2019年10月19日(土)~12月03日(火)

北京/北京服装学院民族服飾博物館
千补百衲 被褐出尘—东京Amuse Museum‘BORO’馆藏展(Ragged clothing out of transcendent soul – Boro Textile Exhibition of Amuse Museum in Tokyo)

 

★2019年12月14日(土)~2020年1月03日(金)

深圳/深圳画院美術館
2019 善意设计场·BORO&百纳(The Exhibition of Benevolent Design)

 

★2020年3月~06月  ニューヨーク
会場・タイトル等詳細は近日発表予定

 

★2020年9月~2021年1月 ストックホルム
会場・タイトル等詳細は近日発表予定

 

★2021年2月~3月 モスクワ
会場・タイトル等詳細は近日発表予定

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

ニューノーマル時代を牽引する表現とは何か?渋谷にて、新たな感性が爆発する企画展…

「PUSH UP POP UP」アートエキシビションが開催。 歴史や文化に根ざした工芸的デザインと作家のオリジナリティ…

今も鮮烈な光を放つ、ジャポニズム。日仏の間で華開いた「美の往還」の素晴らしさ実…

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)にて、 2021年にご覧いただける企画展。 日本とフランスの間で華開いた「美の往還」を…

今のアメリカ社会を、アートで読み解く。MR.BRAINWASHによる、日本初の…

アートの世界を揺るがした、 革新的で大胆不敵なそのスタイルを是非。  LA在住のストリートアーティスト・MR.BRAI…

融合する日本の美!継承×創造のによる、ニュー能マルなステージを開催!

観世清和×コシノジュンコ 能+ファッション “継承される伝統と現代の融合”能とファッションという異なる要素を高次元に融…

新次元の竹工芸が顕現!アート界の風雲児、四代田辺竹雲斎が未知の時空をつくり出す!

堺市では、令和2年10月24日(土)から11月23日(月・祝)まで、展覧会「四代田辺竹雲斎展 -伝統とは挑戦なり-」を…

写真表現の到達点「植田調」今なお新しい、上田正治の世界を100作品で辿る企画展

島根県立美術館では、コレクション展 没後20周年記念「植田正治とその時代」を開催。「写真する」ことを生涯愛した植田正治…