人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

BOROが世界を巡る!! BORO World Tour Exhibition 2019-2021 オーストラリアからスタート!!

 

 

ルイ・ヴィトン、 アルチュザラ、 コム・デ・ギャルソンなどが相次いでコレクションテーマに掲げるなど、 近年アート界のみならずファッション界でも評価が高まっている「BORO」=「日本のボロ」。

オーストラリア、 中国、 アメリカ、 スゥエーデン、 ロシアなど世界各国の美術館・アートフェアから招かれ、 日本の美術作品としては稀な大規模世界巡回展が実現。

 

 

B ORO」コレクション

民俗学者 田中忠三郎氏(1933年~2013年)が収集保存した民俗衣コレクション。

江戸後期~昭和初期に青森を中心とする東北地方で、 農民・漁民が使用していた衣類・布類。

ツギハギだらけのこれらのボロ布類は、 近年「BORO」と呼ばれ、 消費文化の対極のアートとして、 欧米のアート界でも評価が高まっている。

2013年にはルイ・ヴィトン、 2014年アルチュザラ、 2015年コム・デ・ギャルソンが相次いで「日本のボロ」をテーマにしたコレクションを発表するなど、 世界各国ファッションクリエイターに影響を及ぼしている。

 

 

 

 

B ORO」 をテーマに した作品 を発表している ファッション ブランド

ルイ・ヴィトン、 アルチュザラ、 コム・デ・ギャルソン、 visvim 、 リトュンアフターワーズ、 途中でやめる(山下陽光)、 ポータークラシック、 まとふ、 ケイスケカンダ、 KAPITAL 、 FDMTL 、 ハリウッドランチマーケットOkura、 kuon、 and more…

 

 

 

 

海外 巡回展の幕開け の地 オーストラリア

海外初展覧会となるオーストラリアでの開催はクラフト&キルトフェスティバルからの招待により実現。

1都市目のシドニー(6月19日~23日)会場来場者数は5日間で6万人を記録するなど、 大規模なフェスティバルにおいて全136ブース中BOROや刺し子といった日本のテキスタイル専門ギャラリーが6ブースを占め、 現地で日本のテキスタイルがブームになっている様子が伺えた。

またABC(Australian Broadcasting Commission)全国ネット等現地メディアからも高い評価を得ることができた。

そして、 オーストラリア2都市目となるメルボルン(7月25日~28日)も大盛況のうちに閉幕。

3都市目となるキャンベラ(8月15日~18日)での開催をもってオーストラリアでの展覧会はいったん終了となり、 次は中国ファッションウィークにあわせて展覧会が開かれる北京へと向かう。

 

 

 

 

AMUSE MUSEUM BORO World Tour Exhibition 2019-2021

 

★2019年6月19日(水)~23日(日)

シドニー / シドニー国際コンベンションセンター
Craft & Quilt Fair Sydney

 

★2019年7月25日(水)~28日(日)

メルボルン/メルボルン・エキシビジョンセンター
Craft & Quilt Fair Melbourne

 

★2019年8月15日(木)~18日(日)

キャンベラ/エキシビジョンパーク イン キャンベラ
Craft & Quilt Fair Canberra

 

★2019年10月19日(土)~12月03日(火)

北京/北京服装学院民族服飾博物館
千补百衲 被褐出尘—东京Amuse Museum‘BORO’馆藏展(Ragged clothing out of transcendent soul – Boro Textile Exhibition of Amuse Museum in Tokyo)

 

★2019年12月14日(土)~2020年1月03日(金)

深圳/深圳画院美術館
2019 善意设计场·BORO&百纳(The Exhibition of Benevolent Design)

 

★2020年3月~06月  ニューヨーク
会場・タイトル等詳細は近日発表予定

 

★2020年9月~2021年1月 ストックホルム
会場・タイトル等詳細は近日発表予定

 

★2021年2月~3月 モスクワ
会場・タイトル等詳細は近日発表予定

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日よ…

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。江戸末…