人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

パリ・オペラ座バレエ団のダンサーたちの奇蹟の舞台裏をとらえた写真展。シャネル・ネクサス・ホールにて開催中!

 

 

パリ・オペラ座バレエ団のダンサーたちと生み出した奇蹟の写真の舞台裏パリ・オペラ座という世界最高の舞台で、 華麗なパフォーマンスによって人々を魅了するバレエダンサーたち。

その神話的とすら言える美しさをあますところなく写真にとらえた、 ピエール=エリィ ド ピブラックの「In Situ」シリーズがシャネル・ネクサス・ホールにて展示される。

 

 

ピエール=エリィ ド ピブラックは、 1983年生まれ。 祖父は写真家のポール デ コードン。

2007年、 最初の写真ルポルタージュをキューバとミャンマーで制作。 2009年より写真家としての活動を本格化させ、 2010年、 ニューヨークに渡りドキュメンタリー・プロジェクト「American Showcase」に着手。

2016年には8か月間キューバに暮らし、 製糖業に生きるアズカレロスと呼ばれる人々を撮影し、 社会学的・人類学的記録である「Desmemoria(忘却)」プロジェクトを実現した。

 

 

そして、2019年10月には写真集がEditions Xavier Barralより出版。

本展「In Situ」は、 2013-2014年の2シーズンにかけてパリ・オペラ座のバレーダンサーたちに密着し、 ステージとバックステージでの生活を共有しながら制作された。

「In Situ」三部作のひとつ「Confidences」シリーズは、 バックステージやリハーサル中に撮影した写真で構成されている。

無音のカメラと特殊レンズを用いることで、 彼はダンサーたちに近づき、 生々しくストレートな情感あふれるイメージを創り上げた。

 

 

また、 三部作のうち、 「Catharsis」と「Analogia」の2シリーズはともにラー作品となっているが、 それぞれ異なる観点とフォーマットで制作されている。

薄暗い照明の中で撮影された「Catharsis」は、 ダンサーたちが放つエネルギッシュな動きが抽象的かつ絵画的に表現されている。

壮観なガルニエ宮にダンサーたちが配置された「Analogia」は、 まるで壮大な絵画のよう。

 

そして、 本出展作でアンジュラン プレルジョカージュ振り付けの『ル・パルク』やピナ バウシュの『オルフェオとエウリディーチェ』、 勅使河原三郎の『闇は黒い馬を隠す』、 ウェイン マクレガーの『感覚の解剖学』、 モーリス ベジャールの『ボレロ』、 ベンジャミン ミルピエによる『ダフニスとクロエ』等の名作を、 パリ・オペラ座ダンサーたちによるパフォーマンス・シーンとしてご覧いただけるのも、 見所の一つと言える。

 

「In Situ」シリーズは、 ピエール=エリィ ド ピブラックの被写体に対する洞察と親密性を示すものであり、 神話的華麗さに彩られたパリ・オペラ座バレエ団をとりまく環境を総合的に探ろうとする、 彼の独創性の証でもある。

 

【開催概要】

In Situ ピエール=エリィ ド ピブラック展

会期:2020年3月11日(水)~ 4月5日(日)会期中無休・入場無料

主催:シャネル合同会社

会場:シャネル・ネクサス・ホール

東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F

開館時間:12:00~19:30

公式HP

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

室町時代から現代までの美術品を展示販売会。「美祭 撰」は 2020年4月25日…

株式会社 加島美術は、2020年4月25日(土)から5月6日(水・祝)まで、美術品の展示販売会「美祭 撰」を開催する。…

新型コロナウィルス感染防止のため、開催延期となった「2019年度ヤング・ポート…

清里フォトアートミュージアムは、新型コロナウィルスの感染防止のため、「2019年度ヤング・ポートフォリオ」展の開催を当…

英国王朝の貴重な肖像画を一挙に公開する、KING & QUEEN展。2020年…

2020年10月。 上野の森美術館にて、 ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーが所蔵する、 肖像画を紹介する「…

コロナウィルス感染拡大防止で休館中の横浜美術館が、自宅で楽しめるコンテンツを公…

東京スカイツリー(R)のデザイン監修でも知られる、 戦後日本の抽象彫刻のパイオニア・澄川喜一の、 首都圏公立美術館で開…

京焼の真髄に迫る企画展が横山美術館にて開催。雅な陶磁器の歴史と世界を紹介する。

横山美術館は、 明治・大正期の輸出陶磁器を中心に展示する横山美術館において、2020年3月14日より企画展「京焼・その…

横浜美術館による若手作家をご紹介する企画「New Artist Picks」。…

横浜美術館では、 将来活躍が期待される若手作家を紹介する小企画「New Artist Picks」を年に1度開催してい…