人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

ブルースが流れたアメリカ南部の時代を切り取った、写真家 長濱治。約30年の時を経て出版される「Cotton Fields」

 

写真家・長濱治氏がブルーズの聖地・アメリカ南部で撮影し、ピーター・バラカン氏にテキストを書き下ろしたビジュアル&サウンドブック「Cotton Fields」を2020年2月22日に発売。

発売を記念し、写真展とスペシャルライブが開催!!

 

1960年代後半から雑誌や広告写真で活躍していた写真家・長濱治氏は、50歳を目前にして、「今、自分 もう撮れなくなる」、という思いに駆られて、ブルーズマンの素顔を撮影するため、ブルーズの聖地・アメリカ南部の「cotton fields(綿花地帯)」に、プライベートな旅に出た。

1年目は、誰一人ブルーズマンに出逢えず、結局4年間に10回、アメリカのディープサウス・エリアに通い、70人余のブルーズマンと出会い、42,000カットのフィルムが残った。

 

 

今回の出版は、「アナログレコードのように味わいのあるフィルム写真を見直そう!」と、編集者とデザイナーの有志が結成した「Dear Film Project」のメンバーによるプロジェクト。

長濱氏のブルーズマンの写真に惚れ込み、アメリカのルーツ・ミュージックに造詣の深いピーター・バラカン氏にテキストを書き下ろしを依頼。

アナログレコードのように、ヴィンテージジーンズのように、深い味わいのある1冊に仕上がり、夢が実現。

 

 

ピーター・バラカン氏は、ロンドンの高校在学中からブルーズに惚れ込み、アメリカのルーツ・ミュージックに深い造詣を持つ。

著書には「魂(ソウル)のゆくえ」などがある。

また、今回はバラカン氏の発案により、文章に登場するミュージシャンたちによる67曲を、巻末のSpotifyのバーコードをかざすことで聴くことができる。

 

 

伝説のブルーズマン、ロバート・ジョンソンから、マディ・ウォーターズ、エリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリクス、さらに現代のスライド・ギターの名人デレク・トラックスまで網羅したプレイリストは、まさに、源流から現在までのブルーズのアーカイヴとなっている。

本書は、編集に関しても、長濱氏のフィルム写真の魅力をより伝えるために、一工夫を凝らした。

 

 

長濱氏のフィルムの味をより際立たせるために、タカハシアキラ氏がフィルムトランスレーションを行い、プリンティング・ディレクターとして、モノクロ写真印刷の名手、野口啓一氏(凸版印刷)に、印刷を依頼。

アート・ディレクターは白谷敏夫氏、クリエイティブ・ディレクターに粕谷誠一郎氏、エディトリアル・ディレクターに尾崎靖氏という、斯界のプロフェッショナルを揃えて制作。

 

 

 

【プロフィール】

長濱治

1941年名古屋市生まれ。

多摩美術大学彫刻科 卒業。

写真家・立木義浩氏のアシスタントを経て、1966年よりフリーランスの写真家として活動。

1960年代末から、主に海外のロックフェスティバルやカウンター・カルチャー周辺を撮影。

他にファッション、広告、ポートレイトなどの分野でも活躍。

 

ピーター・バラカン

1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科 卒業。

1974年、音楽出版社で著作権関係の仕事に就くため来日。

1980年より執筆活動、ラジオ番組へ出演。現在は、フリーランスのブロードキャスターとして活躍中。

2014年から毎年、音楽フェスティヴァル「Live Magic」を監修。

 

 

【出版記念イベント】

出版記念イベント&長濱治氏とピーター・バラカン氏のサイン会

日時:2020年2月21日(金)19:00~

会場:表参道「BOOKMARC」

 

長濱治写真展:「Cotton fields」

日時:2020年2月22(土)~3月1日(日)

会場:BOOKMARC ギャラリー

 

長濱治氏とピーター・バラカン氏による 対談とサイン会&スペシャルライブ

日時 :2020年3月6日(金)19:30~

会場 :代官山蔦屋書店3号館2Fの音楽フロア

入場料:1,500円(ワイルドターキー付)

書籍購入の方は書籍代+500円(ワイルドターキー付)

演奏 :長濱治氏(Sax)×伝説のブルーズギタリスト 濱口祐自氏

協賛 :ワイルドターキー

 

【NEIGHBORHOOD × Cotton Fields コラボ限定Tシャツ】

スペシャルコラボTシャツ(8,000円)を数量限定で発売。

BOOKMARC(3/1まで)、代官山蔦屋書店、銀座蔦屋書店、warp Store.jp(3/3から)

 

【本書の仕様について】

書名 :Cotton fields(コットン・フィールズ)

発売日:2020年2月22日(土)

定価 :4,500円(税込4,950円)

判型 :B4版変形 2色刷り 80P

発行 :トランスワールドジャパン株式会社

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

写真家 砂守勝巳の大規模個展「黙示する風景」。没後10年を経た今、そのメッセー…

埼玉県東松山市「原爆の図丸木美術館」では、没後10年を経た写真家 砂守勝巳を再発見し光を当てた、「砂守勝巳 黙示する風…

79歳の現代アーティスト MOMO YAMAが、個展を開催中!原宿のレジェンド…

原宿の現代アートギャラリー「JPS Art Gallery HARAJUKU / AREA 36」では、2月16日(日…

マティスの大規模展は10年ぶり!世界の名品約90点が集結する、モネとマティス―…

4月23日(木)― 11月3日(火・祝)まで、 「モネとマティス―もうひとつの楽園」展を開催する。印象派の画家クロード…

アルベール・マルケが描いた、「ルーアンのセーヌ川」を上原美術館にて公開!

個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこには、当館コレクション特有の優しく穏やかな気配…

青年期に強い意志と情熱が現れた写真を展示する、ヤング・ポートフォリオ。 201…

清里フォトアートミュージアムでは、2020年3月20日(金・祝)から6月14日(日)まで、「2019年度ヤング・ポート…

退廃的な美を追求した廃墟写真が、新たな感性を開く! 「変わる廃墟展 2020」…

ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO.」において、廃墟をアート作品へと昇華した写真展「変わる廃墟展 …