人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

ストリートから生まれたアーティスト DIEGO(ディエゴ)による個展「I’m looking at you.」を1月17日より開催。

 

 

新生・渋谷パルコにオープンしたOIL by 美術手帖ギャラリーでは、 アーティスト・DIEGO(ディエゴ)による個展「I’m looking at you.」を開催。

「OIL by 美術手帖」の実店舗として、 渋谷パルコにオープンした「OIL by 美術手帖」のギャラリースペースにて、 1月17日~2月5日にかけてDIEGO(ディエゴ)個展「I’m looking at you.」を開催する。

 

 

DIEGOは東京を拠点に活動するアーティスト。

街に落ちていたペットボトルや紙くず、 路上で見かけたネズミや、 道を走る車など、 人々が街で普段何気なく目にするモノを、 ユーモラスに擬人化、 文字化させ、 抽象絵画として表現している。

また、 アーティストコレクティブ「SIDE CORE」のメンバーとして、 展覧会の企画や、 壁画制作プロジェクトに参加し活動している。

 

 

近年では、 カイカイキキが手掛けるギャラリー「Hidari Zingaro」(東京)にて初個展を開催したほか、 TENNOZ ART FESTIVAL 2019での壁画制作、 村上隆キュレーションによる「バブルラップ」展(熊本市現代美術館)への参加など、 国内外のアートシーンで大きな注目を集めています。

本展では、 新作の平面作品と写真や立体作品を用いたインスタレーションを発表します。

 

 

 

作家から本展によせて

僕の作品は「グラフィティを描く時の行為や状況」からインスピレーションを得て制作している。

グラフィティを描くことは、 予め描く場所を決めずに、 場所を探しながら街を歩き回り、 面白い場所や人の写真を撮影したり街の隙間や誰も行かないような場所を探検していくこと。

 

 

ペインティングの制作も同じように、 キャンバスを街に見立てて、 キャンバスの中で場所を探しながら描いています。

今回の展覧会では平面作品、 木パネルをベースに写真、 本、 立体などを使ったインスタレーション、 映像を使った展示をします。

自分が街でグラフィティや場所、 人だったり物を探すように、 見に来た人が街の中で何かを見つけ出す視点を楽しめる展覧会にしたいと考えています。

 

 

アーティストプロフィール
DIEGO (ディエゴ)

10代でストリートアートを始めたDIEGOは「東京のストリートを代表するアーティスト」ではないが、 「日本のストリートシーンにおいて、 最も風変わりなアーティスト」だ。

美術教育は勿論のこと、 大学・専門教育は受けていないし、 東京の荒々しいストリートシーンに揉まれて育った訳ではない。

その代わりDIEGOは持ち前のオタク的観点によってgraffitiやストリートアートに精通し、 街の中に独自の視点で表現を仕掛け続け、 いつからか「ジワジワと知られる」ストリートアーティストとなった。

DIEGOの作品に登場する不恰好で可愛らしいキャラクター達は、 彼が街の中を自転車を漕いで探し出したレトロな看板や、 古本屋に足蹴に通って昔の印刷物から探し出した「製作者不明のキャラクター」である。

また、 彼の描く不思議な文字は、 ヨーロッパを中心として新しい世代に広がるToy Grffiti(下手グラフィティー)の影響を受け、 独自の視点で発展させたスタイルだ。

このようなDIEGOのもたらす「脱臼したストリート表現」は、 絵画や壁画というビジュアルアートから、 また街の中のgraffiti、 そしてコンセプチュアルアートまで、 少しづつ活動の幅を広げている。

近年ではSIDE COREの一員として展覧会の企画や作品発表に勤め、 また自身が主催する壁画プログラムにおいても世界各国のアーティスト達の壁画制作のディレクションをおこなっている。

 

 

 

展覧会歴

個展

2018 「IMPORTANT GARBAGE」Hidari Zingaro(東京都)

グループ展

2018   「バブルラップ」熊本市現代美術館(熊本県)

2019   「MURAKAMI VS MURAKAMI」Tai Kwun Contemporary(香港)

2019   「COMIC ABSTRACTION BY WRITERS」PARCEL(東京都)

2019   「CAPITAL MAP」FL田SH(東京都)

2019   「TRAX selection 2019」Gallery Trax(山梨県)

〈展覧会概要〉
タイトル DIEGO 「I’m looking at you.」

会期 2020年1月17日~2月5日

オープニングレセプション 2020年1月17日19:00~21:00

会場 OIL by 美術手帖

住所 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ 2階

電話番号 03-6868-3064

開場時間 10:00~21:00

観覧料 無料

アクセス 渋谷駅ハチ公口徒歩5分

公式HP

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

今も色あせない透明な眼差し。写真家ソール・ライターの粋を集めた写真展が京都で開…

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの作品を、京都で開催が決定!4月11日(土)から美術館「えき」…

写真家 砂守勝巳の大規模個展「黙示する風景」。没後10年を経た今、そのメッセー…

埼玉県東松山市「原爆の図丸木美術館」では、没後10年を経た写真家 砂守勝巳を再発見し光を当てた、「砂守勝巳 黙示する風…

79歳の現代アーティスト MOMO YAMAが、個展を開催中!原宿のレジェンド…

原宿の現代アートギャラリー「JPS Art Gallery HARAJUKU / AREA 36」では、2月16日(日…

マティスの大規模展は10年ぶり!世界の名品約90点が集結する、モネとマティス―…

4月23日(木)― 11月3日(火・祝)まで、 「モネとマティス―もうひとつの楽園」展を開催する。印象派の画家クロード…

ブルースが流れたアメリカ南部の時代を切り取った、写真家 長濱治。約30年の時を…

写真家・長濱治氏がブルーズの聖地・アメリカ南部で撮影し、ピーター・バラカン氏にテキストを書き下ろしたビジュアル&サウン…

アルベール・マルケが描いた、「ルーアンのセーヌ川」を上原美術館にて公開!

個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこには、当館コレクション特有の優しく穏やかな気配…