人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日より開催。

 

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。

 

江戸末期から明治にかけて活躍し、 「牡丹燈籠」「真景累ケ淵」「死神」など、 多くの名作落語を創作した落語中興の祖・三遊亭圓朝は、 怪談創作の参考に数多くの幽霊画を収集していた。

伝・円山応挙というものから、 柴田是真、 伊藤晴雨、 河鍋暁斎など、 著名な画家たちが描いたさまざまな幽霊たち。

現在は、 圓朝の墓所がある全生庵でこれらのユニークな幽霊画を所蔵しており、 毎年8月の1ヶ月間のみ特別公開している。

 

 

三遊亭円朝(一八三九~一九〇〇)は幕末から明治にかけて落語界の大看板であると共に、 「怪談牡丹燈籠」「真景累ヶ淵」「文七元結」などの原作者としても広く知られている。

そして、 今なお落語界はもとより歌舞伎をはじめ、 演芸界全般に多大な影響を与え続けている。

また人格面においても、 全生庵開基・山岡鉄舟の導きにより禅をよく修し、 その淵源を極め、 京都天竜寺の滴水禅師より「無舌居士」の号を付与され「芸禅一如」の境涯に達した人物でもある。

全生庵に所蔵している円朝遺愛の幽霊画コレクションは、 円朝歿後その名跡を守られてきた藤浦家より寄贈された。

伝円山応挙というものから、 柴田是真、 菊池容斎、 松本楓湖、 伊藤 晴雨、 河鍋暁斎など、 幕末から明治の著名な画家達の筆による大変ユニークな幽霊画。

全生庵では、 毎年、 円朝忌の行われる8月の一ヶ月間、 幽霊画約三十幅を公開している。

 

 

【開催概要】

全生庵 幽霊画展

・場所:全生庵(東京都台東区谷中5-4-7)

・期間 :2020年8月1日(土)~2020年8月31日(月) ※土日祝祭日も開催

・開館時間:10:00~17:00(最終入場16:30)

・拝観料 :500円

・アクセス:JR・京成電鉄 日暮里駅 徒歩10分/東京メトロ千代田線 千駄木駅(団子坂下出口)徒歩5分

・尚、 新型コロナウィルス感染症予防策を講じ入場制限を行う事が御座いますので予めご了承下さい

 

【全生庵について】

山岡鉄舟居士が明治維新の際に国事に殉じた人々の菩提を弔うため、 明治十六年に建立。

居士との縁で落語家・初代三遊亭圓朝の墓所があり、 圓朝遣愛の幽霊画五十幅が所蔵されている。

 

【本件に関するお問合せ】

臨済宗国泰寺派 全生庵(ぜんしょうあん)

住所 : 東京都台東区谷中5-4-7

公式HP

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

伝説となった渋谷の踊り子を7年にわたって追った「原色の熱情」。写真展を7月28…

突然の引退から4 年。伝説となった渋谷の踊り子「匠悠那」が藤里一郎の手によって蘇る。ストリップの世界を牽引してきた彼女…