人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

北斎特別展「北斎アニマルズ」が開催!2月5日より、北斎美術館にて。

 

 

すみだ北斎美術館は、2月5日(火)から4月7日(日)まで、「北斎アニマルズ」展を開催。

本企画展では、思わずギュッと抱き締めたくなるような動物から、写実的な画法による思いもよらない個性的な表現の生き物まで、表情豊かな北斎アニマルズをご紹介。

 

 

1章 生けるがごときアニマル

北斎は生涯にわたって動物や虫などの絵を描いていますが、中には、動物の動きまで感じられる作品も描いています。

この章では、鳥、動物、動物(猫)、動物(干支)、魚介、虫・爬虫類・両生類と多様な、生けるがごときアニマルが登場します。じっくり観察し、描かれた中でも、どこかユーモアや愛嬌のある姿になる眼の描写は北斎ならでは、とも言えます。

 

 

 

2章 かわいらしいアニマル

本章では北斎や門人が描いた、特にかわいらしい動物の絵を集めました。なかには憎らしいけれども、よく見るとかわいいアニマルもひそんでいます。

定規とコンパスで描いた猿、門人による精到な犬など、愛嬌のある動物の姿をご覧いただけます。ほのぼのとした北斎のアニマルたちに、癒されてみてください。

 

 

 

 

 

3章 絵ならではのアニマル

北斎が描く動物は、実際の動物の姿だけではありません。おもちゃとなった動物や、服の柄などにデザインとして動物が描かれたりもしています。

また、当時の小説には、動物の化け物たちも登場しますし、定番化された昔話などのなかで描かれる動物もいます。

他にも、北斎が生きた当時には、河童やかまいたちなどが実在すると信じられていたため、他の動物と変わりなく描かれているものもあります。

ここでは、動物園ではみることができない、絵画ならではのアニマルたちをご堪能ください。デザイン化されたアニマル、物語・伝説のなかのアニマル、こわいアニマル、未確認アニマルが皆様をお迎えします。

 

 

 

開催概要

○展覧会名:「北斎アニマルズ」

○会期:2019年2月5日(火)~4月7日(日)

◎前期:2月5日(火)~3月3日(日)

◎後期:3月5日(火)~4月7日(日)

※前後期で一部展示替えを実施

※休館日:毎週月曜日

2月11日(月・祝)開館、2月12日(火)休館

○主催:墨田区・すみだ北斎美術館

○お問い合わせ:すみだ北斎美術館

○観覧料:

一般1,000円<800円>

高校生・大学生 700円<560円>

中学生300円<240円>

65歳以上700円<560円>

障がい者300円<240円>

※< >は団体料金

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

沖縄芝居の粋を知る!沖縄芝居鑑賞教室の映像をYouTubeにて期間限定で配信中!

国立劇場おきなわ公式YouTubeチャンネルにて、 沖縄芝居の映像を期間限定で配信中!コロナの影響により、 残念ながら…

スパークする写真展!人肌と山肌がギャラリーを埋め尽くす 藤代冥砂「山と肌」。1…

果てなきイマジネーションの広がりか?カオスか?人肌と山肌をテーマにした写真展が開催。12月1日(火)~12月13日(日…

何気ない日常の切実さを切り取った、川内倫子写真展「as it is」。11月1…

 写真家川内倫子の写真展が開催。『as it is』は、 川内倫子が自身の出産から約3年間、 子育ての中で出会った子ど…

島根県立石見美術館にて、今しか観れない「北斎-永田コレクション名品展」が現在公…

島根県立石見美術館で開催中の企画展「北斎―永田コレクション名品展」では、 展示替えを行い、 後期展示を下記の通り開催し…

ニューノーマル時代を牽引する表現とは何か?渋谷にて、新たな感性が爆発する企画展…

「PUSH UP POP UP」アートエキシビションが開催。 歴史や文化に根ざした工芸的デザインと作家のオリジナリティ…

今も鮮烈な光を放つ、ジャポニズム。日仏の間で華開いた「美の往還」の素晴らしさ実…

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)にて、 2021年にご覧いただける企画展。 日本とフランスの間で華開いた「美の往還」を…