人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

北斎特別展「北斎アニマルズ」が開催!2月5日より、北斎美術館にて。

 

 

すみだ北斎美術館は、2月5日(火)から4月7日(日)まで、「北斎アニマルズ」展を開催。

本企画展では、思わずギュッと抱き締めたくなるような動物から、写実的な画法による思いもよらない個性的な表現の生き物まで、表情豊かな北斎アニマルズをご紹介。

 

 

1章 生けるがごときアニマル

北斎は生涯にわたって動物や虫などの絵を描いていますが、中には、動物の動きまで感じられる作品も描いています。

この章では、鳥、動物、動物(猫)、動物(干支)、魚介、虫・爬虫類・両生類と多様な、生けるがごときアニマルが登場します。じっくり観察し、描かれた中でも、どこかユーモアや愛嬌のある姿になる眼の描写は北斎ならでは、とも言えます。

 

 

 

2章 かわいらしいアニマル

本章では北斎や門人が描いた、特にかわいらしい動物の絵を集めました。なかには憎らしいけれども、よく見るとかわいいアニマルもひそんでいます。

定規とコンパスで描いた猿、門人による精到な犬など、愛嬌のある動物の姿をご覧いただけます。ほのぼのとした北斎のアニマルたちに、癒されてみてください。

 

 

 

 

 

3章 絵ならではのアニマル

北斎が描く動物は、実際の動物の姿だけではありません。おもちゃとなった動物や、服の柄などにデザインとして動物が描かれたりもしています。

また、当時の小説には、動物の化け物たちも登場しますし、定番化された昔話などのなかで描かれる動物もいます。

他にも、北斎が生きた当時には、河童やかまいたちなどが実在すると信じられていたため、他の動物と変わりなく描かれているものもあります。

ここでは、動物園ではみることができない、絵画ならではのアニマルたちをご堪能ください。デザイン化されたアニマル、物語・伝説のなかのアニマル、こわいアニマル、未確認アニマルが皆様をお迎えします。

 

 

 

開催概要

○展覧会名:「北斎アニマルズ」

○会期:2019年2月5日(火)~4月7日(日)

◎前期:2月5日(火)~3月3日(日)

◎後期:3月5日(火)~4月7日(日)

※前後期で一部展示替えを実施

※休館日:毎週月曜日

2月11日(月・祝)開館、2月12日(火)休館

○主催:墨田区・すみだ北斎美術館

○お問い合わせ:すみだ北斎美術館

○観覧料:

一般1,000円<800円>

高校生・大学生 700円<560円>

中学生300円<240円>

65歳以上700円<560円>

障がい者300円<240円>

※< >は団体料金

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

現代アートとしての書道 ART SHODO TOKYO の最優秀5名が決定! …

ART SHODO AWARDは、 昨年行われたART SHODO TOKYO(以下、 AST)に出品したアーティスト…

FENDI「フェンディ クラフ」展を開催中! 伝統の職人芸とモダンアートが融合…

イタリアのブランド FENDI は、  2019年4月17日(水)まで、 東京・表参道にある「バツアートギャラリー(B…

新たな時代、令和へ 。移り行く平成の東京をスナップした写真展が開催!!

31年間続いた平成が終わり、2019年5月、令和が幕を開けます。21世紀へと世紀の転換期を経験した平成は、写真にとって…

幾兆億年の果てより今日も夜はまた訪れてくるのだ―永遠の無限。草間彌生美術館にて…

草間彌生美術館では4月4日(木)より、 展覧会「幾兆億年の果てより今日も夜はまた訪れてくるのだ―永遠の無限」を開催。1…

ベルリンを代表する若手アーティストの日本初個展を開催!!ニューヨーク・パリなど…

 2019年4月13日〜5月19日の会期にて、 画家ピウス・フォックスの個展「Der Trommler」( 太鼓たたき…

3000点もの応募作品から選ばれた「ねこのひょっこり展大賞」決定! 

3月20~26日まで開催中の、猫の写真展「ねこのひょっこり展の応募作品から、大賞など22の受賞作品が決定した。「みんニ…