人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

「覚醒する写真たち」 今道子 + 佐藤時啓。 二人のアーティストの企画展。

 

 

 

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)写真歴史博物館では、2019年9月1日(日)から12月27日(金)まで、異色の写真家と呼ばれた二人のアーティスト、今 道子と佐藤時啓の作品展を開催する。

 

 

フランスで発明された写真術が日本に渡来したのは1848年のこと。

以来、日本では独自の写真文化が形成されてきました。日本の写真表現が熟成するのは1960年から70年代。

そして、80年代には写真専門の美術館やギャラリーが設立され、80年代後半になると、現代美術でも写真を使った作品が注目を集めるようになった。

この頃に異色の写真家として登場したのが、今 道子と佐藤時啓。

二人は現在も国内外で広く活躍し、美術と写真の両方面から高く評価されている。

 

 

今 道子(こん・みちこ/1955– )

1955年、神奈川県鎌倉市に生まれる。

創形美術学校版画科卒業後、東京写真専門学校にて写真を学ぶ。

1985年の個展「静物」より本格的な作家活動を開始。

1987年、第3回東川賞新人作家賞受賞。

1991年、個展「EAT Recent Works」(フォト・ギャラリー・インターナショナル[現PGI]、東京、1990年)にて、第16回木村伊兵衛写真賞を受賞。

国内外で個展を多数開催、グループ展にも多数参加。

東京国立近代美術館、東京都写真美術館、シカゴ美術館、ヒューストン美術館、ヴァン・ゴッホ美術館などに作品が収蔵されている。

 

今 道子は、創形美術学校で版画を学んだのち写真に転じ、1985年から本格的な作家活動に入った。

野菜や魚、果物といった食物、帽子やハイヒールなどの素材を緻密に組み合わせたオブジェを制作し、自ら撮影して印画紙に焼き付ける独自のスタイルは他に類を見ない。

作家のイマジネーションを具現化した特異なオブジェは見る者を刺激し、代表作〈EAT〉に象徴される奇妙で魅惑的な作品は、現在さらなる進化を遂げている。

 

 

 

 

 

 

佐藤時啓(さとう・ときひろ/1957– )

1957年、山形県酒田市に生まれる。

1981年、東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。

1983年、同大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。

1990年、第6回東川賞新人作家賞受賞。1993年、メルセデス・ベンツ・アート・スコープ賞受賞によりフランス滞在。

1994年、文化庁在外研修員としてイギリス滞在。

2015年、第65回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。国内外で個展を多数開催、グループ展にも多数参加。

東京都写真美術館、埼玉県立近代美術館、シカゴ美術館、ヒューストン美術館などに作品が収蔵されている。

現在、東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授。

 

佐藤時啓(1957– )は、東京芸術大学美術学部および同大学大学院で彫刻を学んだのち、1986年に彫刻の制作から写真に転じた。

作家自身がペンライトや鏡を持ってカメラの前で動き回り、長時間露光でその光の痕跡や空間をとらえた代表作〈光-呼吸〉のシリーズをはじめ、その創作活動は一貫して写真の原理を追究している。

佐藤の好奇心と実験精神に満ちた作品は、現在も新たな技術を取り入れながら進化し続け、とどまるところを知らない。

 

 

 

二人に共通しているのは、写真以外の美術から写真表現に行き着いたこと、三次元のオブジェや身体的運動を印画紙という二次元に完結させていること、写真芸術として認められるプリント作品を最終形態としていること。

両者の表現は、ともに限りなくアートに近い写真作品でありながら、反比例するように写真の原理や本質に近づいていく。

独自の方法で写真の真髄を精製していく創作行為は、まさに「写真の錬金術」というべきもの。

本展は、第1部では今 道子、第2部では佐藤時啓を特集し、それぞれ初期から現在までの作品を集約して展示する。

唯一無二の方法で写真を追究し続ける“写真の錬金術師” 、今 道子と佐藤時啓。

デジタル写真が圧倒的な位置を占め、写真表現がますます複雑化、多様化している今日、二人の写真作品から「写真とは何か」を再考する試みだ。

 

 

 

 

企画展名:FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画写真展

「覚醒する写真たち」 今 道子+佐藤時啓

Part 1 今 道子「蘇生するものたち」

Part 2 佐藤時啓「呼吸する光たち」

開催期間:Part 1 今 道子「蘇生するものたち」  2019年9月 1日(日)-10月29日(火)

Part 2 佐藤時啓「呼吸する光たち」 2019年10月30日(水)-12月27日(金)

10:00–19:00(入場は閉館10分前まで) 会期中無休

会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館

〒 107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)

TEL 03-6271-3350

作品点数:各回 約20点(予定)

入場料:無料

 

 

 

【写真展併催イベント】ギャラリートーク

写真家・今 道子氏と佐藤時啓氏が、自身の作品と制作過程、現在の活動について語る。

 

Part 1 今 道子「蘇生するものたち」

今 道子 氏によるギャラリートーク

日時

2019年9月28日(土)14:00–/16:00–

2019年10月19日(土)14:00–/16:00–

各回ともに約30分の予定です。

 

Part 2 佐藤時啓「呼吸する光たち」

佐藤時啓 氏によるギャラリートーク

日時

2019年11月16日(土)14:00–/16:00–

2019年12月14日(土)14:00–/16:00–

各回ともに約30分の予定。

会場:写真展会場内

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

小説家・原田マハが仕掛ける初の展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世…

2019年9月1日(日)~8日(日)までの8日間、 日本と世界のアートにおける両者の接点をテーマに、 「CONTACT…

先鋭的なアート作品を通して、「祈り」を伝え、未来へ繋ぐ試み。京都・清水寺にて開…

あらゆる垣根を越えた前衛的な表現を元に、 人が一心に尽くし、 無心へと近づいていくその瞬間を祈りの風景と重ね合わせ、 …

下絵と素描から知る上村松園。 絵師としての気概を知る企画展が開催

近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、令和元年7月13日(土)から10月6日(日)まで、「下絵と素描から知る上村…

青木野枝「霧と山」展 を7月26日より鹿児島県アートの森にて開催。鉄を素材にし…

鹿児島県霧島アートの森では、2019年7月26日(金)から2019年9月23日(月)の期間に、特別企画展『青木野枝「霧…

生誕110年 浜口陽三 銅版画展が、 東京都・中央区にて7/15(月祝)まで開…

お醤油の倉庫として使用していた空間をリノベーションした美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」。浜口陽三の生誕11…

ファッションの新たな可能性を模索する、画家 内田すずめ×Yohji Yamam…

画家 内田すずめ × Yohji Yamamotoのコラボレーション作品が6月20日に発表された。 パリで開催されたY…