人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

先鋭的なアート作品を通して、「祈り」を伝え、未来へ繋ぐ試み。京都・清水寺にて開催。

 

 

あらゆる垣根を越えた前衛的な表現を元に、 人が一心に尽くし、 無心へと近づいていくその瞬間を祈りの風景と重ね合わせ、 100年先、 1000年先の仏教寺院のあり方を模索していく「FEEL KIYOMIZUDERA」プロジェクト。

清水寺を舞台に2012年からスタートしたこの取り組みは、 写真展、 音楽イベントと回を重ね、 今回は世界的に注目を集めるアーティスト桑田卓郎氏の作品展「日々(にちにち)」を開催する。

 

 

桑田卓郎氏は、 陶芸の伝統と向き合いながらも、 目の前にある素材や時代、 その時代の中に生きる自分自身と徹底的に対話することによって、 常に革新的な作品を制作、 発表してきた。

ビビッド、 またメタリックな配色、 そして一度見ると忘れられない、 梅花皮(かいらぎ)や石爆(いしはぜ)といった陶芸の技術に基づきながらも、 極めて独特の表現がつくりだす桑田氏の視覚言語は、 世界各国で高く評価されている。

 

 

 

 

「制作するということは、 今を生きているこの現実の中で、 出会いや別れ、 時に何もわからず衝動に駆られ無心になること、 様々なことを感じた過程が形に現れて行く行為」。
桑田氏のこの言葉は、 「FEEL KIYOMIZUDERA」プロジェクトが模索する、 表現活動を通した「祈りのかたち」と共鳴する。

それは、 手を合わせる行為だけではなく、 表現でも、 仕事でも、 遊びであっても、 なにかに一心に尽くし、 次第に無心へと研ぎ澄まされていくその過程こそが、 仏教が理想とする「祈り」であるという考え。

そして変化の激しいこの現代に何を表現し、 どう生きるのか、 ということに向かい合うことでもある。

 

 

 

桑田氏は「グローバルに多くの情報が飛び交う世の中だからこそ、 実際に何かに触れ、 何かを感じるものでありたい」と語っている。

長い歴史の中でその時代時代に寄り添い、 芸術創造の場であった清水寺で、 新しい瞬間、 可能性と出会うことができる貴重な機会。 是非ご高覧を!

 

 

 

 

 

PROFILE

桑田卓郎 / Takuro Kuwata

1981年広島県生まれ。

2001年に京都嵯峨芸術大学短期大学部を卒業後、 2002年に陶芸家の財満進氏に師事、 2007年に多治見市陶磁器意匠研究所を修了し、 現在は岐阜県土岐市に工房を構えて制作。

日本国内のほか、 ニューヨーク、 ブリュッセル、 ロンドンなど世界各地で展覧会を開催、 また主なグループ展に「バブルラップ」(熊本市現代美術館、 2018)、 「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」(十和田市現代美術館、 青森、 2017)、 「Japanese Kōgei | Future Forward」(the Museum of Arts and Design、 ニューヨーク、 2015)、 「工芸未来派」(金沢21世紀美術館、 2012)がある。

作品はルベル・コレクション、 パームスプリングス美術館、 金沢21世紀美術館、 ミシガン大学美術館などに収蔵。 2018年にはLOEWE Craft Prize2018の特別賞を受賞。

 

 

 

 

開催概要

展覧会名:桑田卓郎展「日々(にちにち)」

会期:2019年8月3日(土)- 8 月25日(日)

開場時間:10:00 – 17:00(会期中無休)

会場:音羽山清水寺(経堂と成就院の2会場)

京都市東山区清水1丁目294/TEL : 075-551-1234

観覧料:無料 ※成就院は特別拝観料が別途必要(大人 600円/小・中学生 300円)

※成就院は通常非公開。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

人生100年時代のパワーを感じる美術展「篠田桃紅展 墨と百年、いまを生きる」が…

「篠田桃紅展 墨と百年、いまを生きる」世界も認める日本の美」をテーマにした展覧会をシリーズで開催。 シリーズ第1弾とし…

日本をカラフルにとらえた作品を、その目で! 山本まりこ写真集 & 写真展「AI…

「エアリーフォトの撮り方レシピ(玄光社)」「熊野古道を歩いています。 (日本カメラ社)」など多数の書籍を販売し、 女子…

世界が注目するテキスタイルデザイナー 須藤玲子、過去最大の個展を香港のアートセ…

かつての紡績工場をリノベーションした建物の中にオープンした香港のアートセンターCHATにて、日本のテキスタイルデザイン…

強い色彩表現と若さを感じさせる筆のストローク!佐藤翠「Diaphanous p…

ポーラ美術館「アトリウム ギャラリー」にて、 佐藤翠「Diaphanous petals(ダイアファナス・ペタルス)」…

京のいろとかたちを追い求め、写真で日本の美を捉え直した、岩宮武二の作品展が開催。

2020年1月4日(土)から3月31日(火)まで、2020年1月4日に生誕100年を迎える写真家・岩宮武二の作品展を開…

蘇る国宝「聖徳太子絵伝」。8Kの精密な描写に刮目せよ!! 東京国立博物館にて1…

いよいよ、国宝「聖徳太子絵伝」が高精細画像で大型の8Kモニターに映しされる!肉眼では見ることのできないレベルまで絵画を…