人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

大和力を世界へ! 現代アーティストの小松美羽が、 “神道と現代アートの融合”をライブペイントで体現!

 

 

アメリカ合衆国オハイオ州にある全米有数規模のクリーブランド美術館において、“現代アーティスト小松美羽”は、「神道展=Discovery of the Divine in Japanese Art」を開催。

メインイベントとして、 1時間余りの躍動感あふれる ライブペインティングを行い、1500人の観衆が魅了された。

尚、会期は2019年4月9日~6月30日まで。

 

 

 

 

 

日本古来の伝統と現代アートが融合した同作品。

小松美羽が発信し続けている「 」というメッセージが込められている

 

アメリカ合衆国オハイオ州にある全米有数規模のクリーブランド美術館において、“現代アーティスト小松美羽”は、「神道展=Discovery of the Divine in Japanese Art」を開催。

メインイベントとして、 1時間余りの躍動感あふれる ライブペインティングを行い、1500人の観衆が魅了された。

尚、会期は2019年4月9日~6月30日まで。

神の守護「狛犬」をはじめ、 神獣とされる神聖な生き物たちが大きな金屏風に色彩豊かにそしてエネルギッシュに描かれた。

「大和力を、 世界へ。 =自然の中の聖なる魂を崇め文化・宗教など異なる要素をすべて融合させる」。

作品には、日本古来の伝統と、 現代アートが融合した同作品には、小松美羽が発信し続けているメッセージが込められている。

 

 

 

 

小松美羽の活動について

1984年長野県生まれ。

豊かな自然環境での生き物たちとの触れ合い、 その死を間近で看取るという幼少期からの経験が独自の死生観を形成。

女子美術短期大学在学中に銅版画の制作を開始。

20歳の頃の作品「四十九日」は、 際立つ技巧と作風で賞賛されプロへの道を切り開く。

近年は銅版画のみならずアクリル画、 有田焼などに制作領域を拡大。

パフォーマンス性に秀でた力強い表現力で、 死とそれを司る神々、 神獣、 モノノケなどをテーマとした作品を発表。

2014年には出雲大社へ作品を奉納。

同年、 石原和幸(庭園デザイナー)との共作で「チェルシー・フラワー・ショー」(ロンドン)へ有田焼の狛犬作品を出品、 受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。

2017年、 東京ガーデンテラス紀尾井町での個展では3万人を動員。 ワールド・トレード・センター(ニューヨーク)への作品収蔵。

2018年12月、 日本橋三越の個展では来場者数3万人、 3億を超えてバブル期以降の記録となる。

2019年3月、 香港HQUEEN´Sの個展は初日で完売。

台湾・ヴェネチアでの個展、 映画への作品提供やCM出演など、 多方面で国際的な活躍をみせる。

 

 

 

神道展について

世界中から6100コレクションを常時展示。

権威ある”米オハイオ州クリーブランド美術館”における 「神道・日本美術における神の発見」 というテーマの展覧会

奈良国立博物館の協力を得て、 日本およびアメリカの博物館、 日本各地の神社と寺院からの計125作品が集められた。

10世紀から19世紀にかけての書道、 絵画、 彫刻、 着物(衣装)、 装飾芸術などの作品が展示されており、 海外初公開の貴重な作品や日本政府によって重要文化財に指定されたものも含まれる。

主な作品としては、 「木造天神坐像」や様々な祭礼を描いた豪華な屏風絵がある。

米国クリーブランド美術館にて、6月30日まで開催中。

 

作品は、 現在は在クリーブランド日本国名誉領事 藤田浩之氏の邸宅に展示中

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

今のアメリカ社会を、アートで読み解く。MR.BRAINWASHによる、日本初の…

アートの世界を揺るがした、 革新的で大胆不敵なそのスタイルを是非。  LA在住のストリートアーティスト・MR.BRAI…

融合する日本の美!継承×創造のによる、ニュー能マルなステージを開催!

観世清和×コシノジュンコ 能+ファッション “継承される伝統と現代の融合”能とファッションという異なる要素を高次元に融…

新次元の竹工芸が顕現!アート界の風雲児、四代田辺竹雲斎が未知の時空をつくり出す!

堺市では、令和2年10月24日(土)から11月23日(月・祝)まで、展覧会「四代田辺竹雲斎展 -伝統とは挑戦なり-」を…

写真表現の到達点「植田調」今なお新しい、上田正治の世界を100作品で辿る企画展

島根県立美術館では、コレクション展 没後20周年記念「植田正治とその時代」を開催。「写真する」ことを生涯愛した植田正治…

GO TO 博物館!! 東京国立博物館所蔵の120件が日本各地を廻る!With…

今秋から来年春にかけて「2020年度東京国立博物館収蔵品貸与促進事業」として全国5会場で開催される展覧会に、里帰りを果…

西洋の木版画500年の歴史を辿る企画展。町田市立国際版画美術館で開催中!

長い歴史をもつ西洋の木版画。 初期の素朴な作品、 驚くほど緻密なデューラーの作品、 木口木版による可愛らしい絵本、 現…