人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

日本から世界のアート市場へ!!アメリカの日本庭園にて「REFASHIONING BEAUTY」が開催。

 

 

アーティスト舘鼻則孝のアメリカ初となる個展が西海岸のポートランド日本庭園で開幕。

卒業制作として発表されたヒールレスシューズから始まった、 10年間の創作活動から生まれた50点以上もの作品が一挙公開。

 

 

 

舘鼻則孝 個展「Noritaka Tatehana : REFASHIONING BEAUTY」が開幕した。

アメリカ初となる本展は、 日本と密接な交流があり海外における最高の日本庭園と評されるポートランド日本庭園にて開催されている。

 

 

 

 

庭園内の2箇所のギャラリースペースにて展示される作品総数は50点以上にも及び、 舘鼻の代表作である花魁の高下駄から着想を得たレディー・ガガの履く『ヒールレスシューズ』に始まり、 花魁のかんざしをモチーフとしたヘアピンシリーズ、 近年精力的に取り組んでいるペインティングのシリーズなどを出展。

また、 最新作として日本独特の香文化から着想を得た作品『ウッドカッツ』までを網羅した10年間の軌跡を追った展覧会構成となっている。

 

 

PAVILION GALLERY

メイン会場となるパビリオンギャラリーでは、 花魁のかんざしをモチーフとした新作の青い『ヘアピンシリーズ』を中心に構成されている。

高下駄をモチーフとした『フローティングワールド』はアクリルガッシュによって絵付けがされた新作を陳列。

また、 日本独特の死生観を主題とした『カメリアフィールズ』は招待客の方々の注目を集めていた。

 

 

 

 

TANABE GALLERY

建築家の隈研吾氏により新設されたタナベギャラリーでは、 花魁の高下駄から着想を得た『ヒールレスシューズ』を展示。

ベビーサイズのものから、 レディー・ガガのためのコミッションワークとして制作された最も高さのあるトウシューズに至るまで一堂に展示されている。

 

PORTLAND JAPANESE GARDEN

 

 

1967年、 アメリカ西海岸・オレゴン州ポートランドに開園した日本庭園。

市街を展望できるワシントン・パーク内に12エーカーの敷地を有しており、 8つの庭園様式から構成されている。

庭園内には、 ギャラリー・スペース、 図書館、 レクチャー・ルームからカフェまでが併設され、 日本の伝統やアートの魅力を感じることのできる文化交流の拠点となっている。

また、 2017年には世界的に著名な建築家である隈研吾氏によって新設されたカルチュラル・ヴィレッジが大きな話題を呼んでいる。

アーティストプロフィール

 

 

舘鼻 則孝(たてはな のりたか)

1985年、 東京生まれ。

東京藝術大学では染織を専攻し遊女に関する文化研究とともに友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。

卒業制作であるヒールレスシューズは花魁の下駄から着想を得たものである。

近年はアーティストとして展覧会を開催する他、 伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。

2016年3月には、 仏カルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督「TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge」を公演した。

作品はニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など、 世界の著名な美術館に永久収蔵されている。

2019年11月22日(金)から12月22日(日)まで、 銀座のPOLA MUSEUM ANNEXにて最新作を公開する個展「It’s always the others who die」が開催される。

 

 

舘鼻則孝 個展 “Noritaka Tatehana : REFASHIONING BEAUTY”

2019年10月5日(土)~12月1日(日)

PORTLAND JAPANESE GARDEN

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

今も色あせない透明な眼差し。写真家ソール・ライターの粋を集めた写真展が京都で開…

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの作品を、京都で開催が決定!4月11日(土)から美術館「えき」…

写真家 砂守勝巳の大規模個展「黙示する風景」。没後10年を経た今、そのメッセー…

埼玉県東松山市「原爆の図丸木美術館」では、没後10年を経た写真家 砂守勝巳を再発見し光を当てた、「砂守勝巳 黙示する風…

79歳の現代アーティスト MOMO YAMAが、個展を開催中!原宿のレジェンド…

原宿の現代アートギャラリー「JPS Art Gallery HARAJUKU / AREA 36」では、2月16日(日…

マティスの大規模展は10年ぶり!世界の名品約90点が集結する、モネとマティス―…

4月23日(木)― 11月3日(火・祝)まで、 「モネとマティス―もうひとつの楽園」展を開催する。印象派の画家クロード…

ブルースが流れたアメリカ南部の時代を切り取った、写真家 長濱治。約30年の時を…

写真家・長濱治氏がブルーズの聖地・アメリカ南部で撮影し、ピーター・バラカン氏にテキストを書き下ろしたビジュアル&サウン…

アルベール・マルケが描いた、「ルーアンのセーヌ川」を上原美術館にて公開!

個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこには、当館コレクション特有の優しく穏やかな気配…