人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

「サンタクロースは本当にいるの?」世界のすてきなサンタクロースを撮りためた、角田明子写真展『サンタさんが いっぱい』開催!!

 

 

「サンタクロースって本当にいるの?」

写真で見つめる、世界のサンタクロース!!

FUJIFILM SQUAREでは、 2019年12月13日(金)から12月27日(金)まで、 角田明子写真展『 サンタさんが いっぱい 』を開催する。

 

 

「サンタクロースって本当にいるの?」

子どもたちの質問に答えるために、 角田氏は、 2011年夏にデンマークで開催された「世界サンタクロース会議」を訪れた。

 

 

 

 

そこで角田氏が出会ったのは、 みんなが思い浮かべる赤と白の服に三角帽子の姿だけでなく、 セーターを着た妖精、 緑や黒い服を着た姿など、 さまざまな恰好のサンタクロースたち。

呼び方や過ごし方なども多様なサンタクロースたちが、 たくさんの人々に喜んでもらうために、 クリスマスについて話し合う会議を行っていた。

角田氏は、 「子どもたちのために活動する彼らの魅力」を知り、 より多くの方々に伝えたいと思い、 以降8年にわたりサンタクロースたちの写真を撮り続けている。

 

 

 

角田氏がこれまでに撮影してきたデンマーク、 ノルウェー、 スウェーデンの作品を選りすぐった。

また、 今年の夏にデンマークで撮影した「World Santa Claus Congress (世界サンタクロース会議) 2019」の最新の作品を加えて展示する。

「サンタさんの心温まる姿をご覧いただき、 笑顔をお届けしたい」という角田氏の思いを込めた写真展。

クリスマスに限らず、 1年を通して人々に夢と喜びを与え続ける素敵な「サンタファミリー」たちの魅力をぜひお楽しみください。

 

 

 

企画展名 

FUJIFILM SQUARE 企画写真展

角田明子写真展『 サンタさんが いっぱい 』 Merry Many Santa Clauses!

開催期間

2019年12月13日(金)- 12月27日(金)10:00-19:00

(最終日は14:00まで・入場は閉館10分前まで) 会期中無休

会場 

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) スペース2

〒 107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)

TEL 03-6271-3350

URL

入場料 

無料

※ 企業メセナとして実施しており、 より多くの方に楽しんでいただくために入場無料にしております。

 

 

 

 

【写真展併催イベント】ギャラリートーク

日時 :

1.2019年12月13日(金) 16:00~・約30分

角田明子氏のお話「サンタさんを追いかけて」

 

2.2019年12月15日(日) 16:00~・約40分

角田明子氏・パラダイス山元氏のお話「クリスマスの楽しい過ごし方。

 

会場 :

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) スペース2 写真展会場内

※ 参加無料・申込不要。

※ イベントの内容が変更・中止となる場合がございます。 予めご了承ください。

 

 

プロフィール

 

 

角田 明子 (つのだ あきこ)

1976 年東京生まれ。 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。

「穏やかで優しい時間と希望の光」をテーマに広告、 雑誌などさまざまな分野で幅広く活動中。

世界のサンタクロースたちの撮影をライフワークにしている。

HP

Instagram:akiko_tsunoda

 

パラダイス山元 (ぱらだいす やまもと)

 

 

マンボミュージシャンの傍ら、 1998年7月、 アジア地域から初めて選出されたグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース。

国内外の福祉施設、 小児病院の訪問のほか、 日本に正しいクリスマス習慣を根付かせようと啓蒙活動中。

公認サンタクロース歴22年目。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

今も色あせない透明な眼差し。写真家ソール・ライターの粋を集めた写真展が京都で開…

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの作品を、京都で開催が決定!4月11日(土)から美術館「えき」…

写真家 砂守勝巳の大規模個展「黙示する風景」。没後10年を経た今、そのメッセー…

埼玉県東松山市「原爆の図丸木美術館」では、没後10年を経た写真家 砂守勝巳を再発見し光を当てた、「砂守勝巳 黙示する風…

79歳の現代アーティスト MOMO YAMAが、個展を開催中!原宿のレジェンド…

原宿の現代アートギャラリー「JPS Art Gallery HARAJUKU / AREA 36」では、2月16日(日…

マティスの大規模展は10年ぶり!世界の名品約90点が集結する、モネとマティス―…

4月23日(木)― 11月3日(火・祝)まで、 「モネとマティス―もうひとつの楽園」展を開催する。印象派の画家クロード…

ブルースが流れたアメリカ南部の時代を切り取った、写真家 長濱治。約30年の時を…

写真家・長濱治氏がブルーズの聖地・アメリカ南部で撮影し、ピーター・バラカン氏にテキストを書き下ろしたビジュアル&サウン…

アルベール・マルケが描いた、「ルーアンのセーヌ川」を上原美術館にて公開!

個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこには、当館コレクション特有の優しく穏やかな気配…