人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

人生100年時代のパワーを感じる美術展「篠田桃紅展 墨と百年、いまを生きる」が名古屋にて開催。

 

 

「篠田桃紅展 墨と百年、いまを生きる」

世界も認める日本の美」をテーマにした展覧会をシリーズで開催。

シリーズ第1弾として、 日本を代表する墨象作家・篠田桃紅の作品を集めた展覧会を開催。

会期は、2019年12月26日(木)~2020年1月6日(月)

 

 

春には107歳を迎える桃紅は、 自然のうつろいを感じ、 はかないものを惜しみ、 過ぎゆく一瞬一瞬を敏感にとらえ、 それらを作品としてかたちあるものに昇華してきた。

 

 

和紙の上を走る筆から生まれる桃紅の墨のかたちは多くの人々を魅了し続けている。

ボストン美術館、 グッゲンハイム美術館、 東京国立近代美術館をはじめ、 世界の主要な美術館で作品が所蔵されている。

 

 

 

また、 1960年頃よりリトグラフの制作を始め、 79年にはエッセイ集『墨いろ』で第27回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞するなど、 領域を超えて創作活動を続けている。

作品にたち現れる「日本の美」。

世界の現代美術の中で稀有な存在である桃紅の歩みと、 時を重ねて一層の深みを増す墨の芸術を紹介する。

 

 

 

 

 

 

篠田桃紅 プロフィール

 

 

 1913 年 中国、 大連生まれ
1919 年 この頃、 はじめて墨と筆にふれる
1935 年 書を教え始める
1940 年 初めての個展(銀座鳩居堂)で独自の書を展示する
1945 年 墨による独自のかたちを求め始める
1953 年 毎日書道展の審査員を務める(2 回)
1956 年 渡米(~ 58 年)
帰国後、 水墨による抽象表現を始め、 国内のみならず世界各地で個展を開催
1960 年 この頃から、 リトグラフ制作を始める
1979 年 第27 回日本エッセイスト・クラブ賞受賞
以後、 いくつかの随筆集を刊行
2005 年 『 Newsweek』の特集「世界が尊敬する日本人 100人」に選出される
2013 年 100 歳記念「SHINODA Toko 100 years 百の譜」展開催(関市立篠田桃紅美術空間、 岐阜現代美術館、 岐阜県美術館、 画廊光芳堂)
2015 年 エッセイ『103 歳になってわかったこと』刊行、 45 万部をこえるベストセラーとなる
2018 年 「篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」(上田市立美術館)
その他、 国内外で個展を多数開催

movie 宮崎香里氏インタビュー「篠田桃紅展の楽しみ方」

宮崎香里氏(岐阜現代美術館学芸員・本展企画監修者)による作品紹介

 

 

「篠田桃紅展 墨と百年、 いまを生きる」概要

期間:2019年12月26日(木)~2020年1月6日(月)
場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階 特設会場
ご入場時間:午前10時~午後7時30分(閉場:午後8時)
公式HP

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

沖縄芝居の粋を知る!沖縄芝居鑑賞教室の映像をYouTubeにて期間限定で配信中!

国立劇場おきなわ公式YouTubeチャンネルにて、 沖縄芝居の映像を期間限定で配信中!コロナの影響により、 残念ながら…

スパークする写真展!人肌と山肌がギャラリーを埋め尽くす 藤代冥砂「山と肌」。1…

果てなきイマジネーションの広がりか?カオスか?人肌と山肌をテーマにした写真展が開催。12月1日(火)~12月13日(日…

何気ない日常の切実さを切り取った、川内倫子写真展「as it is」。11月1…

 写真家川内倫子の写真展が開催。『as it is』は、 川内倫子が自身の出産から約3年間、 子育ての中で出会った子ど…

島根県立石見美術館にて、今しか観れない「北斎-永田コレクション名品展」が現在公…

島根県立石見美術館で開催中の企画展「北斎―永田コレクション名品展」では、 展示替えを行い、 後期展示を下記の通り開催し…

ニューノーマル時代を牽引する表現とは何か?渋谷にて、新たな感性が爆発する企画展…

「PUSH UP POP UP」アートエキシビションが開催。 歴史や文化に根ざした工芸的デザインと作家のオリジナリティ…

今も鮮烈な光を放つ、ジャポニズム。日仏の間で華開いた「美の往還」の素晴らしさ実…

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)にて、 2021年にご覧いただける企画展。 日本とフランスの間で華開いた「美の往還」を…