人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

チームラボ、人々の存在によって変化する「呼応する森」を展示。シンガポール・チャンギ国際空港にて開催中!

 

 

チームラボは、 シンガポールのチャンギ国際空港の新しい大型複合施設 ジュエル・チャンギ・エアポートにて、 人々の存在によって変化する作品を展示する。

「呼応する森 – Shiseido Forest Valley at Jewel Changi Airport」は、 屋内庭園 SHISEIDO FOREST VALLEY内のアートインスタレーション SENSEの一環として、 夜間に展示中。

また、 「呼応する木々 – Topiary Walk at Jewel Changi Airport」は、 ジュエルの最上階にオープンするCanopy Parkにて、 2019年6月10日より展示を開始予定だ。

 

 

チームラボは、 アートによって自分と世界との新しい関係を模索したいと考えています。

本作品は人々の存在の影響を受けながらインタラクティブに変容し、 同じ空間にいる人々が作品の一部となります。

それにより、 作品と作品、 人々と作品、 自分と他者との境界など、 皆が当たり前のように考えているような境界が曖昧になることを目指しています。

ジュエルは、 世界的に有名な建築家モシェ・サフディ氏によって設計された、 シンガポール・チャンギ国際空港に隣接する大型複合施設です。

庭園やアトラクションに加え、 280以上のショップやレストラン、 ホテルなどを備えています。

 

 

 

【展示作品】

呼応する森 / Resonating Forest – Shiseido Forest Valley at Jewel Changi Airport

teamLab, 2019, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi, Shiseido

 

 

Jewel Changi Airport(ジュエル・チャンギ・エアポート)のShiseido Forest Valleyの森が光り輝く。

木々の光は、 それぞれ自律しており、 ゆっくりと呼吸するかのように明滅している。

木々の光は、 人々が近くを通ると、 光の色を変化させ色特有の音色を響かせる。

そして、 その木の光は、 放射状に近隣の木々に伝播していく。

伝播した木の光は、 同じように音色を響かせながら、 次々に隣の木に伝播させ、 連続して広がっていく。

色特有の音色は、 Shiseido Forest Valleyの物理的な高低差に応じて、 音階の高さも変化する。

森の奥から光が押し寄せてくれば、 向こうの方に人がいることを意味する。

人々はきっと、 同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

 

 

 

呼応する木々 / Resonating Trees – Topiary Walk at Jewel Changi Airport

teamLab, 2019, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

※2019年6月10日から展示開始

 

 

Jewel Changi Airport(ジュエル・チャンギ・エアポート)のTopiary Walkの木々が光り輝く。

木々の光は、 それぞれ自律しており、 ゆっくりと呼吸するかのように明滅している。

木々の光は、 人々が近くを通ると、 光の色を変化させ色特有の音色を響かせる。

そして、 その木の光は、 放射状に近隣の木々に伝播していく。

伝播した木の光は、 同じように音色を響かせながら、 次々に隣の木に伝播し、 連続して広がっていく。

奥から光が押し寄せてくれば、 向こうの方に人がいることを意味する。

人々はきっと、 同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

 

 

 

【展示概要】
Jewel Changi Airport

#teamLab
会期: 2019年4月 – 2020年4月
時間: チームラボの作品は毎日18:00 – 翌03:00までご覧いただけます。
会場: ジュエル・チャンギ・エアポート(78 Airport Blvd, シンガポール)

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

チーム ラボ

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱…

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアート…

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的としてスタートした「巣ごもりシアター」。5…

世界のオペラの功績を表彰する「International Opera Awards 2020」新作部門ノミネートの世界…

新型コロナウイルスの影響により休止しているイギリスの現代アート展「ファブリック…

須藤玲子の大型インスタレーションが、 イギリスにて開催中の展覧会「ファブリック:タッチ&アイデンティティ」のフィナーレ…

SDGs思考のアート作品リサイクルガラスの枯山水。ドイツ国際映像祭で金賞受賞!

アーティスト西中千人が創設したガラス枯山水「つながる」のコンセプトムービーが、 ドイツ ハンブルグで開催の World…

全世界が直面する、環境問題を正面から問い直す写真展が開催!!

KOTARO NUKAGAは6月2日(火)から7月4日(土)まで、リーラ・ショーブル「Subsequence Land…

新型コロナウイルス の影響で主催公演を全て中止にした、新国立劇場が展開する「巣…

新国立劇場は、 4月10日より「巣ごもりシアター」ページを開設し、 新国立劇場主催公演の記録映像を劇場サイト上で無料配…