人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

生誕110年 浜口陽三 銅版画展が、 東京都・中央区にて7/15(月祝)まで開催。

 

 

お醤油の倉庫として使用していた空間をリノベーションした美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」。

浜口陽三の生誕110年にあたる今年、近年発見された伊豆関係の資料や、芸術への憧れに彩られたいくつかのエピソードなどを新たに紹介する展覧会『生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―』を開催中。

2019年7月15日(月祝)まで。

本展は、優しい線や、ほっと心に灯のともるような銅版画の名作、約50点の構成だ。

 

 

 

 

【展覧会について】

1950年代、パリの美術界に彗星のごとく登場し、新しい作風で人々を魅了した銅版画家・浜口陽三の小さな回顧展。

「さくらんぼ」などをモチーフにした作品は、澄んだ色彩やほのかな光に満ち、見ていると心に灯がともるよう。

浜口は無名時代の一時期、伊豆・蓮台寺に滞在し、作風を育んだ。

本展では、数々の名作と共に、作家の原点ともなった伊豆滞在時の作品や交流を、新発見の資料やエピソードをまじえて初めて紹介する。

 

 

 

 

 

【浜口陽三について】

浜口陽三は創業360年、歴史あるヤマサ醤油第10代目社長濱口儀兵衛の三男として生まれた。

戦後、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓、その卓越した技術が創り出す、静謐な世界は多くのファンを魅了している。

1996年にパリ、サンフランシスコでの永い海外生活を終え帰国。本人の賛意もあり、持ち帰った多くの作品を展示する美術館を開設した。

 

 

 

 

【展覧会概要】

タイトル   : 生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―

開催日時   : 2019年4月27日(土)~7月15日(月祝)

会場     : 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

Tel:03-3665-0251 Fax:03-3665-0257

アクセス   : 半蔵門線 水天宮前駅 3番出口 徒歩1分

入館料    : 当日 大人:600円(500円)、大学生・高校生:400円(300円)、

中学生・小学生:無料

( )内は20名以上の団体料金

主催     : ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

 

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

誰も知らない東京の側面を捉える、写真家 中野正貴 初の大規模写真展が開催!!そ…

誰も知らない都市の断面を写した作品集。4M超の巨大プリントなど約100点を展示。イラストレーターのリリー・フランキー氏…

藤田嗣治の描くヌードの本質に迫る展覧会。 東京、大阪2会場で巡回開催!!

NUKAGA GALLERYでは、「藤田嗣治 -   -」を、2019年9月26日(木)から東京、2019年12月12…

伝説のアーティスト尾崎豊。アラフィフ世代を熱くさせる、ライブ映像と貴重な記録映…

シンガーソングライター尾崎豊のデビュー当時から二十代前半の圧巻のライブ映像と貴重な映像記録で構成された『尾崎豊を探して…

神戸にて「千住博展」を開催。障壁画「断崖図」と「瀧図」を奉納に先駆けて特別公開…

日本画の可能性を追究し、 世界的な評価を得ている画家・千住博。 世界遺産・高野山金剛峯寺の依頼を受けて描き上げた新作の…

The 備前―土と炎から生まれる造形美  9月14日(土)より、滋賀県 MIH…

備前焼は、釉薬を一切使わない“焼き締め”のやきもの。窯の中で生じた様々な景色は、古くから人々を魅了してきた。本展では、…

気鋭の美術家 野老朝雄氏が、新たな有田焼の可能性を模索! 特別企画「有田×野老…

来年東京で開催される、 東京 2020 オリンピック・パラリンピックの公式エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」等…