人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

生誕110年 浜口陽三 銅版画展が、 東京都・中央区にて7/15(月祝)まで開催。

 

 

お醤油の倉庫として使用していた空間をリノベーションした美術館「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」。

浜口陽三の生誕110年にあたる今年、近年発見された伊豆関係の資料や、芸術への憧れに彩られたいくつかのエピソードなどを新たに紹介する展覧会『生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―』を開催中。

2019年7月15日(月祝)まで。

本展は、優しい線や、ほっと心に灯のともるような銅版画の名作、約50点の構成だ。

 

 

 

 

【展覧会について】

1950年代、パリの美術界に彗星のごとく登場し、新しい作風で人々を魅了した銅版画家・浜口陽三の小さな回顧展。

「さくらんぼ」などをモチーフにした作品は、澄んだ色彩やほのかな光に満ち、見ていると心に灯がともるよう。

浜口は無名時代の一時期、伊豆・蓮台寺に滞在し、作風を育んだ。

本展では、数々の名作と共に、作家の原点ともなった伊豆滞在時の作品や交流を、新発見の資料やエピソードをまじえて初めて紹介する。

 

 

 

 

 

【浜口陽三について】

浜口陽三は創業360年、歴史あるヤマサ醤油第10代目社長濱口儀兵衛の三男として生まれた。

戦後、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓、その卓越した技術が創り出す、静謐な世界は多くのファンを魅了している。

1996年にパリ、サンフランシスコでの永い海外生活を終え帰国。本人の賛意もあり、持ち帰った多くの作品を展示する美術館を開設した。

 

 

 

 

【展覧会概要】

タイトル   : 生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―

開催日時   : 2019年4月27日(土)~7月15日(月祝)

会場     : 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

Tel:03-3665-0251 Fax:03-3665-0257

アクセス   : 半蔵門線 水天宮前駅 3番出口 徒歩1分

入館料    : 当日 大人:600円(500円)、大学生・高校生:400円(300円)、

中学生・小学生:無料

( )内は20名以上の団体料金

主催     : ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

 

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

小説家・原田マハが仕掛ける初の展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世…

2019年9月1日(日)~8日(日)までの8日間、 日本と世界のアートにおける両者の接点をテーマに、 「CONTACT…

先鋭的なアート作品を通して、「祈り」を伝え、未来へ繋ぐ試み。京都・清水寺にて開…

あらゆる垣根を越えた前衛的な表現を元に、 人が一心に尽くし、 無心へと近づいていくその瞬間を祈りの風景と重ね合わせ、 …

下絵と素描から知る上村松園。 絵師としての気概を知る企画展が開催

近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、令和元年7月13日(土)から10月6日(日)まで、「下絵と素描から知る上村…

青木野枝「霧と山」展 を7月26日より鹿児島県アートの森にて開催。鉄を素材にし…

鹿児島県霧島アートの森では、2019年7月26日(金)から2019年9月23日(月)の期間に、特別企画展『青木野枝「霧…

「覚醒する写真たち」 今道子 + 佐藤時啓。 二人のアーティストの企画展。

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)写真歴史博物館では、2019年9月1日(日)から12月27日(…

ファッションの新たな可能性を模索する、画家 内田すずめ×Yohji Yamam…

画家 内田すずめ × Yohji Yamamotoのコラボレーション作品が6月20日に発表された。 パリで開催されたY…