人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

震災から8年目、「祭が被災地に希望の光を灯した」ドキュメンタリー映画『MIKOSHI GUY 祭の男』公開!

 

 

2019年3月23日(土)~29日(金)にアップリンク渋谷にて、 ドキュメンタリー映画「MIKOSHI GUY 祭の男」を公開する。

本作は、 被災地から始まり、 祭を通じて、 被災地、 日本、 海外の人たちが繋がっていく様子を追った、 エネルギー溢れるドキュメンタリーです。

 

 

当時筑波大学大学院生だった宮田宣也は、 自転車で単身、 宮城県に入りした。

しばらくボランティア活動を続けた宮田だったが、 地元の人からの「本当は祭をやりたい」という声を受け、新しい神輿をつくることに。

神輿職人を祖父に持つ宮田は、 被災した石巻市の新山神社に残っていた木々を活用し、 製作に取り掛かる。

そして、2011年11月、 震災以来初めて神輿があがった。

地元の人たちは手を合わせて涙を流し、神輿は 地域の人たちの希望の光となった。

コミュニティの結束力を育む「祭」の力を、 被災地での体験を通じて痛感した宮田。

以後、 日本各地の衰退しそうな祭を再興させようと、 都市部の若者たちや海外からの留学生らを巻き込み、 国内外を奔走している。

 

 

 

 

日本の祭の豊かな風景は、 日本人が数百年ずっと守り続けて来た大切な文化。

それが今、 消えてしまいそうな現状にあること、 そしてまだなんとか残っていること。

そしてそこには必死に祭に情熱を傾ける人達がいること。

この映画は、 日本の祭の再興を願って全国の神輿を担ぎ、 海を越えて神輿をあげる一人の男、 宮田宣也と彼の仲間たちを追ったドキュメンタリー映画だ。

祭ならではの熱い空気感。

近代化された都市部では希薄になっている人と人との結びつき。

先人たちが命懸けで守ってきた”宝物”の祭の世界を、 スクリーンでぜひ体感していただきたい。

 

 

 

 

劇場公開時のトークイベントスケジュール

3月23日(土)~29日(金)のアップリンク公開期間中は、 連日トークイベントを開催予定です。

作家・ジャーナリストの佐々木俊尚 氏、 歌手のCHAN-MIKA 氏、 日本民踊鳳蝶流の家元、 鳳蝶美成 氏など、 多ジャンルのゲストとともに、 本作を様々な切り口から楽しめる。

3月23日(土) 佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)×主演・宮田宣也×イノマタトシ監督

3月24日(日) CHAN-MIKA(歌手)×主演・宮田宣也×イノマタトシ監督 ※ほかゲスト調整中

3月25日(月) 鳳蝶美成(日本民踊鳳蝶流家元)×主演・宮田宣也×イノマタトシ監督

3月28日(木) 遠藤夕幻(書道家)×主演・宮田宣也×イノマタトシ監督

 

 

 

アップリンク渋谷での上映に、 法被あるいは半纏で来場した方は 1300円(通常1800円)でご鑑賞できる。

 

 

スタッフ
監督・構成:イノマタトシ[猪股敏郎]
プロデューサー:石井正人
撮影:黒田大介・下山遼佑
音楽:濱田貴司
歌:CHAN-MIKA
編集:宮田耕嗣
題字:遠藤夕幻
宣伝:アーヤ藍
製作:「MIKOSHI GUY」製作委員会
制作:FPI
制作協力:一般社団法人明日襷
2019年/日本/カラー/ 1時間16分 (C)MIKOSHI GUY

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

本日12月19日から開催! 特撮のDNA『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで。

株式会社JTBコミュニケーションデザインは、 2018年12月19日から2019年1月27日にかけて、 特撮のDNA『…

10月9日 被災地域から先駆的なアクティブラーニングの挑戦! 福島の中学生がド…

東日本大震災と原子力災害からの復興に取組む福島県双葉郡広野町では、中学生が地域を取材しドキュメンタリー映画として発信を…

小池一夫氏、映画を語る!「息をもつかせぬ展開と壮絶なビジュアル!ラストは圧巻!…

漫画家にして劇作家などクリエイティブに活躍する小池一夫氏が、おススメの映像作品を紹介するコーナーも第三回目となりました…

小池一夫氏、映画を語る!「謎と美女と悪魔と私」【第2回 ナインスゲート】

漫画『子連れ狼』など国内外に愛読者を持つ漫画家、劇作家の小池一夫氏におススメの映像作品を紹介してもらうコーナー第2回!…

小池一夫氏、映画を語る!「圧倒的世界観を体験したいなら、この映画」【第1回 ブ…

小池一夫氏の大ヒット作『子連れ狼』は、『Lone Wolf and Cub』として海外にも熱狂的ファンをもつ。現在ハリ…

小川榮太郎氏インタビュー第3回 未来のために、一度たりとも許してはいけないこと…

現代日本における報道の在り方に、真っ向から挑んでいる人間がいる。文芸評論家・小川榮太郎氏だ。舌鋒鋭く朝日新聞を追求する…