人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

歴史が息づく「中世日根荘の風景」。日本遺産に認定された泉佐野市の魅力を是非。

 

 

令和元年に「旅引付と二枚の絵図が伝えるまち ―中世日根荘の風景―」が日本遺産に認定された。

約800年前の荘園風景がそのまま残る泉佐野市は大阪府初の「地域型」での認定となった。

そんな日根荘の魅力を発信中だ!

 

 

中世の荘園風景が残る街「日根荘」

日本の玄関口、 関西国際空港のある泉佐野市には、 約800年前、 摂政や関白になった上級貴族である五摂家(近衛家・九条家・鷹司家・二条家・一条家)の1つ、 九条家の治める「日根荘」とよばれる荘園があり、 その範囲は現在の市域すべてに及んでいた。
また、 16世紀初めに記された九条政基の日記、 「政基公旅引付」に描かれる世界は、 大木地区の荘園時代以来の農村景観として今も息づき、 訪れる人を魅了している。

現地に生きる人びとの営みが絶えることなく進化し、 維持されてきたこの魅力ある懐かしい風景は、 どのようにして作られてきたのだろうか。

その答えの1つが、 日根野地区を開発するために描かれた鎌倉時代の二枚の絵図に隠されている。

 

 

計24の構成文化財を紹介

WEBサイトでは日本遺産ストーリーに紐付く、 国宝・重要文化財を含む「日根荘遺跡・国宝 慈眼院」「七宝瀧寺」「日根神社まくらまつり」「大木火走神社秋祭りの担いダンジリ行事」「日根荘大木の農村景観」「湊遺跡出土烏帽子」など計24の構成文化財。

中世から現在まで守り伝えられてきた数々の文化財を紹介する。

 

 

美しい日根荘の風景を紹介

WEBサイト、 映像では大木地区を中心に日根荘の魅力、 見どころを紹介している。

かつて九条政基が歩いた道をめぐりながら今なお残る荘園風景を伝える。

また、 泉佐野市ではパンフレットの配布も予定している。

 

 

 

アクセス

【電車】

大阪方面から 地下鉄御堂筋線梅田駅~なんば駅~南海電車難波駅~泉佐野駅(特急利用で40分)
もしくはJR大阪駅(天王寺駅経由)~日根野駅(60分)
和歌山方面から 南海電車和歌山市駅~泉佐野駅(35分)、
もしくはJR和歌山駅~日根野駅(35分)
関西空港から 南海電鉄関西空港駅~泉佐野駅(10分)、
もしくはJR関西空港駅~JR日根野駅(15分)

 

【車】

大阪方面から 吹田IC(中国自動車道)~泉佐野北(阪神高速湾岸線 約60分)~泉佐野市役所(約10分)
和歌山方面から 和歌山IC(阪和自動車道)~上之郷IC(20分)~泉佐野市役所(10分)

 

 

 

 

日本遺産 日根荘

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

石井宏子さんが語る、温泉ビューティ研究家になった理由とは?

温泉の魅力を伝え続けている温泉ビューティー研究家・石井宏子さん。多くの媒体で連載を持ち、全国を飛び回る石井さんですが、…

GO TO 滋賀!冬の風物詩 氷魚(ひうお)の今年の漁獲好調! 琵琶湖固有の冬…

新春しか味わえない味覚!高級料亭で珍重される「ホンモロコ」や鮒ずしの素材となる「ニゴロブナ」も旬を迎える!琵琶湖の冬の…

GO TO 松本!年明け1月20日より、トップレベルの氷彫刻師が氷像の技術と芸…

長野県松本市では、 今年で35回目を迎える伝統ある冬の恒例イベント「国宝松本城氷彫フェスティバル2021」が2021年…

GO TO 長野!世界で唯一の天空を彩るオーロラ・イルミネーション!ゲレンデを…

広大なゲレンデで、三密を避けながら、大切な人と共に素敵な夜を過ごそう!長野県須坂市に今月オープンしたスキー場「REWI…

GO TO 冬の加賀!雪が生み出す絶景スポットとあったか温泉!

加賀の國は紅葉が終わったシーズンでも雪景色が絶景。大自然でマイナスイオンを感じ、 雪が降り積もったお寺や街並みを散策し…

GO TO黒川温泉! 幻想的な鞠灯篭のライトアップ「湯あかり」が、12月19日…

黒川温泉では、 2020年12月19日から2021年5月30日の期間、 日暮れから22時まで孟宗竹の間伐材で作成した鞠…