人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

古墳によって地域経済を活性化。日本遺産を活用した地域創生のあり方。

 

 

2018年5月に日本遺産に認定された、宮崎県児湯郡新富町の新田原(にゅうたばる)古墳群のブランドサイトが公開。

これは、 自然環境や歴史文化といった地域資源を地域ぐるみで観光客に伝える「エコツーリズム」の取り組みのひとつ。

新田原古墳群を「稼ぐ古墳」と再定義し、 訪日客を中心に地域体験を提供することで、 地域経済の活性化につなげたい考えだ。

 

 

古墳を地域体験の場として再定義

「日本遺産 新田原 ウェブサイト」は、 新富町の地域資源である新田原古墳群について、 地域体験の場として活用するためのベースとなるメディア。

全国には約16万基(古墳・横穴を含む)の古墳があるとされていますが、 日本最大級の古墳とされる仁徳天皇陵古墳(大阪府)や、 石室の壁画で知られる高松塚古墳(奈良県)においても、 情報発信は自治体または観光協会などのメディアの一部としてであり、 独立したメディアでの積極的なは行われていない。

「日本遺産 新田原 ウェブサイト」は、 文化財としての古墳を積極的に活用することを前提に設計。

歴史的価値はもちろんのこと、 地形、 景観といった要素も活用し、 訪日客を含めた多様なゲストに地域体験を提供していく。

 

 

 

 

保存主眼から積極的な活用へ

文化庁によると、 古墳は全国各地に約16万基(古墳・横穴を含む)あるとされている。

これだけの数の古墳が現存しているのは、 これまで守り受け継がれていく対象であったと考えられる。

新田原古墳群が日本遺産に認定されたのも、 古代の風景が守られていることが評価の対象となった。

しかしながら、 今後の人口減少社会にあって、 文化財の保全費用を確保するのは困難が伴う。

幸いなことに、 古墳は2013年あたりから観光資源として注目が集まり、 出土品の勾玉や埴輪などを模したグッズが話題となるケースも生まれており、 市場が見える化されつつある。

新田原古墳群は、 地域体験を通じた「稼ぐ古墳」として自走。

文化財保全と地域経済への貢献を両立できるモデルを目指す。

 

 

今後の展開

新田原古墳群では、 周辺に点在する古民家ゲストハウス(2019年4月オープン予定)や、 日本茶専門店、 茶畑といった多様なコンテンツと組み合わせ、 プログラムを提供していく。

具体的には、 企業研修(実施中)、 野点(2019年初夏開催予定)、 ヨガ・マインドフルネス(同)、 サイクリング(同)といったコンテンツを展開。

地域経済の活性化につなげて行く。

 

 

 

 

◎日本遺産 新田原古墳群 ウェブサイト
https://koyu.site
※コンテンツは今後随時公開していきます。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

小笠原にザトウクジラが帰ってきた!大迫力のジャンプを間近で楽しめるホエールウォ…

2019年11月27日に母島で、28日には父島で今年初のザトウクジラが観察された!12月から5月のゴールデンウィーク頃…

身体と心が研ぎ澄まされる、出羽富士をめぐるフォトジェニックな旅。

東北の名峰、出羽富士こと鳥海山。秋田・山形の県境にそびえ、四季折々に豊かな表情を見せてくれる。この冬、東北の雄大な自然…

火の粉を散らして鬼が舞う!!日本の美を国内外に発信した「日本博」が、昭和の町 …

11月30日(金) 大分県豊後高田市では、「日本博」の一環として、修正鬼会×日本の伝統芸能の特別公演が開催される。「日…

絶景温泉と明智光秀、かに味噌フォンデュなどなど、大人が楽しむ冬の京都を紹介!!

「古都」と呼ばれる京都府は、 「日本文化発祥の地」とも言われており、 その1,200年の歴史とともに培ってきた様々な魅…

食の世界遺産は加賀にあり!!神秘の発酵食がそろそろ解禁です。文化・自然の魅力溢…

今の季節にしか味わうことのできない北国の食。令和の時代まで受けつがれてきた加賀の文化そして、冬にしか見ることのできない…

国宝の講堂に色付く紅葉。閑谷の奇跡と言われる絶景は今だけ!!

現存する世界最古の庶民のための公立学校、 旧閑谷学校。国宝の講堂の漆塗りの床に、楷の木の赤色・黄色、そして樹木の緑色の…