人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

小笠原にザトウクジラが帰ってきた!大迫力のジャンプを間近で楽しめるホエールウォッチングを!!

 

 

2019年11月27日に母島で、28日には父島で今年初のザトウクジラが観察された!

12月から5月のゴールデンウィーク頃まで、小笠原諸島ではホエールウォッチングを楽しめる旅が待っている!!

 

 

今年もホエールウォッチングのシーズンが到来!

2019年11月27日に母島で、28日には父島で今年初のザトウクジラが観察された。

小笠原ではザトウクジラが出産、子育てのために北の海から、毎年この季節に戻ってくる。

もう、何年も連続で観察されているクジラも。

12月から5月初旬までがホエールウォッチングの季節となる。

実は、小笠原は、1989年に日本で初めてホエールウォッチングツアーが行われた場所。

 

 

 

 

陸からもホエールウォッチングが!!

小笠原でのホエールウォッチングは、もちろん船からも行うが、小高い丘の上からも観察できるほど、多くのクジラがやってくる。

父島ではウェザーステーション展望台、母島では御幸之浜や鮫ケ崎展望台が有名。

ウェザーステーション展望台では、2月から4月のおがさわら丸入港後に、小笠原ホエールウォッチング協会の職員がクジラの陸上観察会を行っている。

 

 

 

 

ホエールウォッチングツアー

船での観察はより近くでクジラを観ることが出来る。

ブローと呼ばれる噴気を見つけ、船でそっとクジラに近づく。

小笠原では自主ルールが決められていて、クジラから100m以内には近づけない。

しかし、クジラの方から船に興味をもって寄ってくる場合もある。

小笠原生まれのクジラは、子供のころからウォッチングのボートを見慣れているのかも?

運が良ければ船の下をくぐっていくクジラやブリーチング(ジャンプ)を近くで観られる。

 

 

 

 

2月~4月がベストシーズン

12月初めから5月初めまでが、例年ホエールウォッチングのシーズンですが、ベストシーズンは2月から4月となる。

この時期はクジラの数も多く、船のウォッチングツアーに参加すれば、何頭ものクジラを観ることが出来る。

(野生動物なので100%ではありません)親子クジラが泳ぐ姿を観るにはオススメの時期。

また、この時期はトレッキングにも適していて、固有植物が多く観られる森を歩きながら、小高い丘から「トレッキング&ホエールウォッチングツアー」を楽しみに、多くの観光客が訪れる。

 

この冬の旅行先は、暖かい小笠原で大自然を感じる旅を是非!!

 

 

 

 

小笠原ホエールウォッチング協会

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

千年の時を今に伝える荘園遺跡を後世に残すために。田染荘(たしぶのしょう)の荘園…

大分県豊後高田市の田染小崎地区で組織されている「荘園の里推進委員会」は、国の重要文化的景観にも選定された美しい中世の荘…

写真コンテストによる地域おこし。徳島県三好市が、フォトコンテストで地域の魅力を…

四国のほぼ真ん中に位置する徳島県三好市は、 四季折々の表情を見せる山並みや変化に富んだ渓谷美などの美しい自然に恵まれ、…

歴史が息づく「中世日根荘の風景」。日本遺産に認定された泉佐野市の魅力を是非。

令和元年に「旅引付と二枚の絵図が伝えるまち ―中世日根荘の風景―」が日本遺産に認定された。約800年前の荘園風景がその…

ちょっと買い物にドバイへ!2020年はショッピングフェスティバルと空前絶後の旅…

昨今ドバイは、 様々な世代に幅広く認知されている。今回、 定番のドバイの景色はもちろんのこと、 まだ広く知られていない…

四国の「へそ」であり、日本三大秘境である徳島県・三好市の魅力をお届け。

徳島県三好市は同県の最西端に位置し、 香川県、 愛媛県、 高知県と接する四国の「へそ」にあたる地域。そして日本三大秘境…

麒麟がくる!“明智光秀ゆかりの地”丹波・丹後をめぐる、大人の京都旅。

2020年の大河ドラマは、 織田信長に仕えたことで有名な戦国武将・明智光秀が主人公の「麒麟がくる」が放送される。 光秀…