人生100年時代を生きる、大人のための WEB Magazine

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第3回

 

今年の岸田戯曲賞にノミネートされた糸井幸之介さんの演劇公演に、二度出演したことがあるという歌人の枡野浩一さんは、大の運動おんち。「ダンスが下手すぎて、お客さんがみんな枡野さんを見てしまう。ずるい!」と共演者に責められてモヤモヤしたことがあるそうです。そんな枡野さんがスタートした連載は、題して「モヤモヤすっきり短歌」。忙しい日々の中で、悩みと呼ぶほどは深刻ではないモヤモヤを、あなたも抱えていませんか?

 

――この連載「モヤモヤすっきり短歌」は、悩み相談というほど大袈裟ではないものの、なんかモヤモヤするというエピソードをみなさんから寄せていただいて、それに枡野さんが短歌を捧げる、という企画です。

 

「はい。今回も新鮮なモヤモヤが届いております」

 

●テレビ至上主義の人々にモヤモヤします

《私は現在、社会人劇団に所属しています。この劇団は県の事業で行われているもので、私のように民間の会社員だけでなく、県の職員さんもいます。
この前の日曜日、旗揚げ公演があり私の職場の人も来てくれました。週明けて今日、見にきてくれた職場の人(Kさんといたします)と、そのことについて話していた際にもモヤモヤいたしました。
県の事業ということもあり、当日は地元の新聞やテレビ局が来ており、主役の俳優のインタビューを希望していました。が、インタビューができず、メディアが腹を立てていたそうです。実は主演は県の職員。今回の事業とは別の部署に所属しているため、自分の部署に配慮し、インタビューを断ったそうです。
Kさんは仕事上、地元メディアに顔が効くため、会場でたまたま会ったメディアからそのクレームを聞いたそうです。
メディア、そしてKさんが言うには、「県庁職員なら、県の事業にメディアが来るなんて予想できるよね? それなら出演しなければいいのにね」
いったい、何を言っているのでしょうか。私たちはテレビに出るために演劇をしているのではないし、そんなもののために演劇をしたい気持ちを諦めるなど。
ほんとうに、演劇というのはまったく理解されないものなのだと悲しく、悔しい気持ちでいっぱいです。ちょっとモヤモヤ以上かもしれません…》(社会人劇団所属さん)

 

――モヤモヤしてますね。

 

「このかたのご意見に完全同意し、詠みます」

 

 

 

▼歌人より一言
「ちょっと不穏な下の句になりましたが、あの石川啄木だって、このくらい殺意のある短歌は詠んでいます。詳しくは私が現代語訳を担当した『石川くん』(集英社文庫)をご参照ください」

 

 

写真:田形千尋  字と絵: 目黒雅也

 

 

 

 

 

【モヤモヤ募集中!】
「みなさまのモヤモヤを募集しております。モヤモヤ話にペンネームを添えて、枡野浩一のメールアドレス(ii@masuno@de)宛に直接メールください。私から直接メールでご連絡します。とくにお礼もできませんが、モヤモヤするあなたの気持ちをすっきりさせる短歌を捧げます。短歌にすることはできなかったけれど、興味深かったモヤモヤ話の一部は、ご本人の許諾を得て、ポッドキャスト番組《本と雑談ラジオ》(https://youtu.be/IJ1GqYH3qP8で紹介するかもしれません。こちらも、あわせて聴いていてみてください」

 

枡野浩一

YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/masunomasuno?sub_confirmation=1

ツイッター
https://twitter.com/toiimasunomo/status/962192211503820801

名刺
https://masunobooks.com/

新刊
https://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251011039

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

枡野 浩一

枡野浩一(ますの・こういち)1968年東京うまれ。1997年『てのりくじら』(実業之日本社)他で歌人デビュー。短歌代表作が高校国語教科書(明治書院/大修館書店)に掲載中。短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は漫画化され、漫画版がアジア各国で翻訳されている。五反田団などの演劇出演を経て、44歳からの2年間、芸人事務所SMAに所属。【元相方たちは漫才コンビ「すっきりソング」として活躍していたがボケ担当が失踪。】『踊る!さんま御殿‼︎』で「踊る!ヒット賞」に選ばれたことがあるが、賞品はまだ受け取っていない。昨今は絵本を続けて刊行しており、イラストレーター目黒雅也との共著『しらとりくんはてんこうせい』(あかね書房)が発売中。

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第9回

離婚後初めて長く交際した人と別れて号泣し、芸人活動をともにしていた元相方が失踪し、モヤモヤどころではない毎日ですという…

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第8回

虫歯の治療のあと行った、腰痛の治療のための整骨院で風邪のウイルスに感染し、満身創痍にもほどがあるとモヤモヤします、とい…

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第7回

財布をちゃんと持っているのに忘れたと思ってしまい、コンビニのレジで「すみません、出なおします!」と言ってしまったあとで…

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第6回

二人きりでお酒を飲んだりオセロゲームで遊んだりした女性から、「あなたとは友達でもなんでもなかったです」と絶交されてモヤ…

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第5回

「つまらないものですが」という手紙が添えられた、本当に意図不明のプレゼント(小さなスノコ他)をもらってモヤモヤすること…

枡野浩一 モヤモヤすっきり短歌 第4回

作詞の仕事を少しだけしたことがある歌人の枡野浩一さん。通信カラオケに入っている歌詞提供作品が一曲だけあり、年に五円くら…