人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

大滝詠一、初のライブアルバム「NIAGARA CONCERT ’83」が3月に発売!

 

 

大滝詠一、 初となるライブアルバム「NIAGARA CONCERT ’83」が2019年3月21日(木)に発売されることが決定した。

本作は大滝詠一名義で出演した最後のライブで、 “ALL NIGHT NIPPON SUPER FES ’83 / ASAHI BEER LIVE JAM”の模様を初音源化したものである。
 1983年7月24日(日)に西武球場で行われ、 大滝詠一・サザンオールスターズ・ラッツ&スターの3組が夢の競演をした伝説の野外ライブ。

この日、 大滝が演奏した全16曲を完全収録している。

 

 

初回限定盤(3枚組)はこれに加えて、 1970年~80年初頭にかけての数あるライブ音源の中から、
オリジナルではなくオールディーズのカバー曲ばかりを集めた「EACH Sings Oldies From NIAGARA CONCERT」(CD)全17トラック。
(中には、 最初期の録音と思われる高校生時代、 故郷岩手における予餞会での歌唱も初披露している)
さらには、 これまたナイアガラ初の映像作品となる1977年の「THE FIRST NIAGARA TOUR」のライブシーン、
インタビューを収めた映像作品(DVD)も収録。
監督は佐野元春、 YMO等の監督・撮影で知られる井出情児。

 

大滝詠一のライブ活動の全貌が楽しめる超豪華盤3枚組。
ファンならずとも入手必至の盤になること間違いなし。 時空を超えた奇跡の瞬間を堪能あれ!!

 

また、 ラジオ日本開局60周年記念として、
2018年12月23日(日)から2019年3月31日(日)までの25時~26時10分(予定)に
「大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション」が放送される。
この放送プログラムに関連して小林旭やクレージーキャッツなどの大瀧監修&プロデュース作品も再発予定。
「NIAGARA CONCERT ’83」のCD2に収録されているオリジナル楽曲もOA予定。 是非チェックしていただきたい。

※『ゴー・ゴー・ナイアガラ』とは、
ラジオ日本の前身であるラジオ関東で1976年3月から1978年9月にかけて放送され、
和製ポップス史に大きな影響を与えた伝説的番組。
大瀧詠一とその音楽仲間(山下達郎や松本隆)が出演し、
当時の音楽ファンがラジオにかじりついて聞いたといわれる。
ラジオ日本: http://www.jorf.co.jp/?program=niagara

【商品詳細】
「NIAGARA CONCERT ’83」(2CD+DVD 3枚組) 初回生産限定盤
発売日:2019年3月21日(木)
仕様:CD2枚 DVD1枚 三方背入りトールケース
価格:6,000円(税抜) 6,480円(税込)
品番:SRCL-11100~11102
初回生産限定盤予約特典:ナイアガラオリジナルクリアファイル(B5)
予約URL: https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SRCL000011100&cid=os-SRCL11100

「NIAGARA CONCERT ’83」(1CD) 通常盤
発売日:2019年3月21日(木)
価格:2,500円(税抜) 2,700円(税込)
品番:SRCL-11103
予約URL: https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SRCL000011103&cid=os-SRCL11103

収録内容:
【NIAGARA CONCERT ’83】(CD1)
M-1   夢で逢えたら(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-2   Summer Breeze(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-3   Water Color(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-4   青空のように(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-5   カナリア諸島にて(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-6   オリーブの午后
M-7   (ハート)じかけのオレンジ
M-8   白い港
M-9   雨のウエンズデイ
M-10 探偵物語
M-11 すこしだけやさしく
M-12 夏のリヴィエラ
M-13 恋するカレン
M-14 FUN×4
M-15 Cider ’83~君は天然色
M-16 夢で逢えたら、 もう一度(Niagara Fall of Sound Orchestral)

【EACH Sings Oldies from NIAGARA CONCERT】(CD2) ※初回生産限定盤にのみ収録
M-1   Confidential(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)
M-2   Blue Velvet(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)
M-3   Secretly (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-4   I Love How You Love Me (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-5   Fools Rush In (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-6   Sheila~シャックリママさん~Love’s Made A Fool Of You(1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-7   Mr Blue (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-8   Dreamy Eyes (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-9   Come Softly To Me (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-10 Who Put The Bomp(with シャネルズ) (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-11 His Latest Flame “マリーは恋人” (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-12 I Call Your Name (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-13 Runaway “悲しき街角” (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-14 Train Of Love~サマーローション (1977/06/20 THE FIRST NIAGARA TOUR@渋谷公会堂)
M-15 Dream Lover~Travelin’ Man (1976/10/07 GO! GO! NIAGARA@渋谷公会堂)
M-16 Blue Suede Shoes (1976/03/29 NIAGARA TRIANGLE CONCERT@芝・ABC会館ホール)
M-17 Yesterday(1966/11/03@岩手 予餞会)

【THE FIRST NIAGARA TOUR】(DVD) ※初回生産限定盤にのみ収録
収録曲目、 近日発表予定

特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/niagaraconcert83/

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

大人とは、己を知ること。ポップ・マエストロ 沖井礼二(TWEEDEES)が選ぶ…

今年10月に待望のサード・アルバム『DELICIOUS.』をリリースしたTWEEDEES。そのコンポーザーであり、ベー…

大人とは、己を知ること。ポップ・マエストロ 沖井礼二(TWEEDEES)が選ぶ…

今年10月に待望のサード・アルバム『DELICIOUS.』をリリースしたTWEEDEES。そのコンポーザーであり、ベー…

大人とは、己を知ること。ポップ・マエストロ 沖井礼二(TWEEDEES)が選ぶ…

前作『The Second Time Around』から、およそ2 年ぶりとなるサード・アルバム『DELICIOUS.…

大人とは、己を知ること。ポップ・マエストロ 沖井礼二(TWEEDEES)が選ぶ…

清浦夏実さんと沖井礼二さんによるポップ・グループ、 TWEEDEES によるサード・アルバム『DELICIOUS.』が…

ミスマッチでアンバランスなものにこそ色気は宿る CKB横山剣が「興奮」する曲…

今年デビュー20周年を迎えたクレイジーケンバンドのフロントマン、横山剣さんがオススメする「大人が今聴くべき3曲」。今回…

ミスマッチでアンバランスなものにこそ色気は宿る CKB横山剣が「興奮」する曲…

今年デビュー20周年を迎えたクレイジーケンバンドのフロントマン、横山剣さんがオススメする「大人が今聴くべき3曲」。今回…