人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

レバノン・ベイルートでの大規模な爆発から6日。診療チームの派遣に向け、その一歩が動き出す。

Severely damaged building in the historic neighborhood of Gemmaye in Beirut. Thousands of apartments and shops in Beirut were damaged due to the explosion which caused shattering to the glass windows and wooden doors. Beirut’s streets were covered by debris and broken glass.

 

 

レバノンの首都ベイルートの港湾倉庫で8月4日、 大規模な爆発が発生し、 多数の死傷者と甚大な被害を引き起こした。

8月6日時点で、 死者は100人を超え、 負傷者は5000人近くに上っている。

国境なき医師団(MSF)は、 爆発直後から医療物資の提供を開始。 保健当局と連携し、 移動診療チームの派遣や病院での患者の受け入れ、 心のケアなど、 支援の検討を進めている。

 

 

爆発直後から医療物資を提供

レバノン保健省によると、 爆発後の数時間で数千人の負傷者が病院に搬送された。

港付近の医療機関は全壊したため、 機能している病院に患者が殺到し、 すぐに物資が不足する事態となった。

頭部や胸部などに重傷を受けた患者は4日の夜に救急搬送され優先的に治療が行われたが、 いまだに治療を受けられていない負傷者も多い。

「MSFのスタッフは、 爆発直後に医療機関に駆け付け救急対応への協力を申し出て、 包帯交換キットを市民防衛局に寄贈しました」とベイルートでMSFの緊急対応コーディネーターを務めるジョナサン・ホイットールは説明する。

その後もMSFは医療物資の提供を行い、 多数の負傷者の治療に当たる医療機関を支援している。

MSFは、 病院や緊急医療体制のニーズを調査し、 保健省などと連携して移動診療チームの派遣を含む新たな支援を検討している。

ベイルート市内では、 特に弱い立場に置かれた人びとのニーズを調査するほか、 心のケアが必要な人に対応できるよう準備も進めている。

また、 ベッカー高原にあるMSFのバール・エリアス病院では、 必要に応じて術後ケアを必要とする患者を受け入れられるよう対応を進めている。

 

A young volunteer helping in cleaning up debris and shuttered glass from the streets of Achrafieh neighborhood of Beirut. The neighborhood was severely damaged the explosion which happened in Beirut sea port on August 04 2020.

 

新型コロナウイルス禍の中で発生した爆発

爆発以前から、 経済危機と新型コロナウイルスの危機に見舞われていたベイルート。 今回の爆発は、 人びとの生活にさらなる追い打ちをかけた。

「レバノンでは、 ここ数週間で新型コロナウイルス感染症の患者が増えており、 患者対応が困難になった病院も出始めていました。 また、 これまで続いていた経済危機のため、 医療を受けられない人びとも大勢いたのです。 今回の爆発で、 人びとの苦境はたった数秒でさらなる混沌に変わってしまいました」。

MSFのオペレーション・マネジャーを務めるエマニュエル・マサーは話す。

MSFは1976年からレバノンで活動。 現在約600人のスタッフが、 各地で医療援助を提供している。

困難の中にあるレバノンの人びとの命を支えるために、 MSFは引き続き調査と緊急支援の検討を進めていく。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

新型コロナの感染拡大で明らかになった、南アジアにおける衛生作業員の劣悪な労働実態

ウォーターエイドの新しい報告書によると、 南アジアの衛生作業員は、 新型コロナウイルス感染症が広がる中、 防護具が不足…

新型コロナ患者の避難場所はどこに?難民キャンプでの強制隔離による健康悪化を懸念

ギリシャ・レスボス島のモリア難民キャンプで、 初の新型コロナウイルス感染者が1人報告された。 ギリシャ政府はこれまで、…

コロナウイルス×水害 復興に向け人手不足が続く、熊本県人吉・球磨。現在、支援活…

令和2年7月豪雨の被害を受けた熊本県人吉市。その復旧支援を行う一般社団法人 熊本支援チームは、 コロナによる深刻な人手…

アフガニスタン豪雨被災。コロナウイルス 感染拡大防止と緊急支援の実施準備を開始

アフガニスタン北東部で8月下旬、 局地的な豪雨による洪水や鉄砲水が発生し、 少なくとも死者160人以上の惨事となってい…

世界に広がる日系人。現在、アイデンティティーは如何に継承されているか?日系人の…

日本財団は、全米日系人博物館(米国・ロサンゼルス)と協力して、世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象とした世界規模の…

神社は誰のものか? 創建1300年の大御和神社で起こった土地売却問題について、…

徳島県徳島市国府町で起こった、「大御和神社」の土地売却問題。前編では「大御和神社を守る会」メンバーそれぞれの想いを中心…