人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

SF世界を体験戦闘ロボット『MEGABOTS』日本上陸! 時速120マイルバズーカ! 3,000ポンドの握力!

 

 

5月18(土)、 19日(日)に一般社団法人 CHIMERA Unionが主催する日本生まれのアーバンスポーツフェスティバル「CHIMERA GAMES vol.7」が開催される。

株式会社RDSが運営するメディア「HERO X」がプロデュースする「HERO X ZONE」の目玉企画として、 全長4.5mの戦闘ロボット『MEGABOTS』が登場。

アラフィフ世代の憧れだったロボットの世界!

日本を救う PILOT候補者として限定40名のMEGABOTSの操縦体験を実施する。

 

 

 

 

アラフィフ世代の憧れだったSFの世界が現実の世界に!

限定40名に“MEGABOTS”操縦体験 

MEGABOTSはアメリカのMegaBots社が開発した世界初の人が操縦する巨大戦闘ロボット。

全長4.5mと圧倒的なスケールに加え、 右のアームには時速120マイルのボールを発射するバズーカ。

左のアームには 3,000ポンド以上の握力を持つ爪。

そして、 ロボットの中心には人が搭乗するコクピットと子供の頃に夢見たSFの世界が現実に再現。

巨大ロボットを作ることに命をかけたクリエイティブエンジニアたちのこだわりが見て取れる精密なデザインは見るものを魅了する。

日本に上陸後初のイベントとなる今回、 危機にされた時に日本を救う“PILOT候補者”企画として40名限定のMEGABOTS操縦体験を行う。

巨大戦闘ロボットMEGABOTSを直に体感できる、 運が良ければMEGABOTSを操縦できる「 CHIMERA GAMES vol.7」を是非。

 

 

 

 

殴る!蹴る!ラリアット!

世界中が注目した超巨大ロボット戦争

MEGABOTSが世界中で話題になったのが、 2017年10月に行われた「 MEGABOTS vs 水道橋重工」の超巨大ロボットバトル。

MEGABOTS側が戦闘を申し込むことで実現したリアルロボット対戦は1勝1敗の互角の戦いとなった。

Yutubeで公開されたバトル映像は大きな話題となり、 殴る、 蹴る、 タックル、 ラリアット、 プロレスさながらのバトルをロボットが繰り広げ、 想像をはるかに超えた激しさに全世界が驚いた。

当日まで、 ティザー映像そして過去の映像をご覧になり、 その圧倒的なスケールを!

 

世界中のファンを熱狂させる「MegaBots,Inc.

MegaBots社は2014年にカリフォルニア州ヘイワードで誕生した、 最先端ロボット開発会。

サイエンスフィクション・ビデオゲーム、 映画で使われる巨大パイロット型戦闘ロボットの開発をメインにしており、 これらのロボットは今までに見たことのない戦闘の舞台を形作っている。

また、 MEGABOTSは巨大ロボットバトルという壮大な夢を実現し世界中のSFファンやe-Sports愛好家たちを楽しませることを目標においている。

 

 

CHIMERA GAMES vol.7

【概要】
主催 :一般社団法人CHIMERA Union

CHIMERAプロジェクト実行委員会

フジテレビジョン

日時:2019年5月18日(土)、 19(日)

時間:11:00~(開場 10:00~)
会場 : CHIMERA GAMES お台場特設会場

入場料    ( ※中学生以下無料)

◆CHIMERA 公式アプリ内経由での予約決済
5月18日 /1日券:大人 前売¥2,500・当日¥3,500 / 高校生:前売¥1,000・当日¥2,000
5月19日 /1日券:大人 前売¥2,500・当日¥3,500 / 高校生:前売¥1,000・当日¥2,000
通し券 /大人 前売¥4,500(前売のみ) / 高校生:前売¥1,500(前売のみ)

 

◆一般プレイガイド
1日券:大人 前売¥4,000・当日¥5,000 / 高校生:前売¥2,000・当日¥3,000
通し券:大人 前売¥7,000(前売のみ) / 高校生:前売¥3,500(前売のみ)
※中学生、 高校生の方は、 入場口にて写真付身分証明書の提示必要(アプリ・プレイガイド共通)

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

日本から世界へ!ロボットスタートアップ2社が、フランスのスタートアップ出展支援…

秋葉原に構える総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」。今回、 フランス大使館と連携し、 イル・ド・フラン…

JAXA宇宙探査イノベーションハブのプログラム。細胞培養技術で宇宙開発における…

インテグリカルチャー株式会社は、 学校法人東京女子医科大学と共同で、JAXA、 宇宙探査イノベーションハブが実施する研…

10月20日(土)モノづくり大国ニッポン再生への第一歩 “MONOVATE”を…

革新的、 独創的なモノづくりのアイデアや技術を持った方にプレゼンターとなっていただき、 12分間のプレゼンテーションを…

今年の夏は地表面温度も過去17年間で最高だった!~衛星リモートセンシングが捉え…

千葉大学環境リモートセンシング研究センターの村上和隆技術補佐員と市井和仁教授は、衛星リモートセンシングの手法を使い、日…

人生100年時代のAI戦略! 技術立国日本の存在感を示したい。平井太郎氏インタ…

AIが人類の知能を超える「シンギュラリティ」が、遠くない未来に訪れると言われています。IT・データ解析サービスを展開す…

AIと共に生きる未来、人間は一緒に失敗しながら成長する。平井太郎氏インタビュー…

AIは人間を超えるのか、なんでもできてしまうのか。こんな問いが頭をよぎる人は少なくないでしょう。 インタビュー第二回で…