人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

農薬や肥料を極力使わない自然な農産物「BIO」を理解するパネルディスカッションを公開!

 

 

フランスでは、 農薬や肥料を極力使わない自然な農産物「ビオ」が長い歴史の中で発展を見せている。

今日、ビオは農産物全体の14%に達している。

一方、 日本では、 1970年代より地元生産者と消費者が連携しながら徐々にビオが根付き、 2001年には有機JAS認定が開始。

現在、 有機農産物は日本の食品市場全体の1.5%を占めるに至っています。
先日、 日仏両国の専門家が、 日仏両国のビオの現状を総括、 その将来について分析し、 三つのテーマに沿ってパネルディスカッションが開催された。

 

 

討論1:BIOを理解する

パネリスト1:ファビエン・ジロー氏(ピレネー州羊協議会取締役。ピレネー子羊生産者)

パネリスト2:須賀利治氏(有限会社豆太郎代表取締役。自然農法による野菜生産者)

・ビオは益々世界で拡大傾向にあるが、 ビオは時代の逆行になるのか?
ビオは今後人々を養っていけるのか?
・ビオ製品と従来型の慣行農産物食品(健康食品)との違いとは?
・農薬、 または除草剤を使わない栽培方法とは?

 

 

 

討論2:健康と栄養

パネリスト1:パスカル・ジェルベール=ガイヤール氏(ビオセボン・ジャポン株式会社 マネージャー)
パネリスト2:黒岩典子氏(和のかし巡 代表/菓子職人)
・ビオ食品は消費者にとってより安全かどうか?
・栄養価と味について

 

 

 

討論3:農業と環境 地球規模のチャレンジ

パネリスト1:ピエール・プジョス氏(シリアル・ビオ食品生産者、 農業従事者団体「AGRIVALEUR」メンバー、 「アルブル&バイザージュ」協会会長)
パネリスト2:徳江倫明氏(一般社団法人フードトラストプロジェクト代表)
・ビオ農業の収穫量は十分か?
・なぜビオ製品は従来品よりも高いのか?
・日本におけるビオ農業の現状、 そして未来は?
・地球の未来におけるビオ農業の役割とは?
課題:地球温暖化、 温室効果ガスなど環境に果たす役割

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

カラフルなスイーツデコアートで表現し続ける、作家 渡辺おさむの大規模個展が開催…

本物そっくりのカラフルで精巧なクリームやキャンディ、フルーツなどを用いたインスタレーションや現代アート作品を制作する作…

いよいよ2月22日土曜日!! 四国の銘酒80蔵が集う日本酒の祭典が開催!第21…

今回で第21回を数える、 全国の日本酒ファンには心躍るイベント『四国酒まつり』が、 2月22日土曜日に徳島県三好市の中…

令和時代のハイブリッド大根やぐら!!ライトアップ でPRする日本一の干し大根!!

宮崎市では、 たくあん原料用の干し大根の生産量が日本一で、 12月上旬から2月上旬頃には、 竹で組み立てた高さ6mにも…

シャンウェイの暴力的中華の発想!ポジティブな試行錯誤を経て“おいしい魔法”をか…

美食王国・日本で尊敬される職業のひとつといえば料理人。「家庭料理・鉄板中華シャンウェイ」オーナーの佐々木孝昌シェフは、…

幻の巨大高級魚「あら(クエ)」を思う存分喰らう!! 鮮度抜群「平戸天然あら鍋ま…

平戸観光協会は、2019年11月1日から「平戸天然あら鍋まつり」を開催している。高級魚として知られる「あら(クエ)」は…

世界一位に輝いたパスタとは?優勝した 弓削啓太 氏が、審査員に強烈に印象づけた…

日本人シェフがチャンピオンの座に!!パスタ界のワールドカップ「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ2019」に、日本代…