人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

農薬や肥料を極力使わない自然な農産物「BIO」を理解するパネルディスカッションを公開!

 

 

フランスでは、 農薬や肥料を極力使わない自然な農産物「ビオ」が長い歴史の中で発展を見せている。

今日、ビオは農産物全体の14%に達している。

一方、 日本では、 1970年代より地元生産者と消費者が連携しながら徐々にビオが根付き、 2001年には有機JAS認定が開始。

現在、 有機農産物は日本の食品市場全体の1.5%を占めるに至っています。
先日、 日仏両国の専門家が、 日仏両国のビオの現状を総括、 その将来について分析し、 三つのテーマに沿ってパネルディスカッションが開催された。

 

 

討論1:BIOを理解する

パネリスト1:ファビエン・ジロー氏(ピレネー州羊協議会取締役。ピレネー子羊生産者)

パネリスト2:須賀利治氏(有限会社豆太郎代表取締役。自然農法による野菜生産者)

・ビオは益々世界で拡大傾向にあるが、 ビオは時代の逆行になるのか?
ビオは今後人々を養っていけるのか?
・ビオ製品と従来型の慣行農産物食品(健康食品)との違いとは?
・農薬、 または除草剤を使わない栽培方法とは?

 

 

 

討論2:健康と栄養

パネリスト1:パスカル・ジェルベール=ガイヤール氏(ビオセボン・ジャポン株式会社 マネージャー)
パネリスト2:黒岩典子氏(和のかし巡 代表/菓子職人)
・ビオ食品は消費者にとってより安全かどうか?
・栄養価と味について

 

 

 

討論3:農業と環境 地球規模のチャレンジ

パネリスト1:ピエール・プジョス氏(シリアル・ビオ食品生産者、 農業従事者団体「AGRIVALEUR」メンバー、 「アルブル&バイザージュ」協会会長)
パネリスト2:徳江倫明氏(一般社団法人フードトラストプロジェクト代表)
・ビオ農業の収穫量は十分か?
・なぜビオ製品は従来品よりも高いのか?
・日本におけるビオ農業の現状、 そして未来は?
・地球の未来におけるビオ農業の役割とは?
課題:地球温暖化、 温室効果ガスなど環境に果たす役割

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

あの、明石ダコ が、深刻な不漁に!!保護し応援するふるさと納税プロジェクトが始…

年間1千トン、日本一のマダコの漁獲量を誇る明石市は本年、深刻な不漁を受け、明石氏は12月からふるさと納税の施策応援プラ…

滋賀・大津宿の歴史が息づく古民家カフェ。地域起こしの目玉として再スタート!

東海道五十三次の53番目の宿場「大津宿」は昔、 東海道五十三次の宿場町として栄えた面影が多く残る地域。この古民家カフェ…

飲 む 植 物 園 × THE SCREEN 12月22日京都にて、1日限定…

話題のフードインスタレーションユニット『 飲む植物園 』が京都のホテル ザ・スクリーンにて1日間限定クリスマスコースを…

クリスマス料理の参考に。 モテ♡盛りレシピ サイトから、ちょっと豪華なレシピを…

株式会社明治産業が運営する、プロのアイディアをプラスした手軽でおしゃれなレシピを紹介する動画サイト「モテ♡盛りレシピ」…

食は新潟にあり? 関西の食いしん坊ライターが、独自の視点で新潟のとっておきグル…

北陸新幹線の開業によって、 身近になった新潟へ、 関西からの観光客は増えています。 新潟県観光協会大阪観光センターでは…

越前がにシーズン突入に弾みをつけるカニの祭典!“越前かにまつり2018”が、1…

越前がにシーズン突入に弾みをつけるカニの祭典「越前かにまつり」11月6日の越前がに漁解禁後に、今シーズン越前がにに弾み…