人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

滋賀・大津宿の歴史が息づく古民家カフェ。地域起こしの目玉として再スタート!

 

 

東海道五十三次の53番目の宿場「大津宿」は昔、 東海道五十三次の宿場町として栄えた面影が多く残る地域。

この古民家カフェの建物は、 古くは『木賃宿』(きちんやど)といって、 旅人が素泊まりするための簡素な宿でした。

40年間続いた和菓子屋さんが閉店することになり、 2016年に地元の工務店が支店「大津百町スタジオ」として改修。

料理教室やセミナーなど、 地域のコミュニティスペースとしても使われていましたが、 「ここがカフェだったら」「もっと気軽に入りたい」という地元の方の声に応え、 カフェにリニューアルされることになりました。

 

 

カフェの近くには琵琶湖をはじめ、 世界文化遺産の延暦寺や石山寺など、 映画の舞台にもなった寺社仏閣があります。

昨年は67年ぶりに琵琶湖疏水(びわこそすい)が開通したり、 古民家ホテルがオープンするなど、 最近話題のスポットとして注目が集まっています。

 

 

 

 

席はカウンター席が6席。 室内は、 懐かしさを感じるガラス戸や土壁が。 心地よい空間でくつろげるよう、 木をふんだんに使った店内となっています。

一番のオススメは、 何と言ってもハンドドリップで淹れる本格コーヒー。 コーヒーは、 あっさりマイルドな「琵琶湖ブレンド」、 バランスがよく飲みやすい「百町ブレンド」がオススメ。 値段は一杯500円(税別)。

豆は、 プロのコーヒーサービスマンの上級資格「アドバンスド・コーヒーマイスター」の手で、 選別から焙煎、 味作り、 抽出されたもののみ使用されています。

焙煎前後に計4回、 手作業で選別された豆を使用。 産地や生産者、 栽培方法、 精製、 輸送管理が明確な、 世界の全生産量の5%と言われる高品質なコーヒーを提供。

 

 

 

 

こちらのカフェは、 北欧家具などのインテリアで設えられており、 古民家と北欧テイストが融合した空間。

知る人ぞ知る、 北欧デザイナー ハンス・J・ウェグナーや、 フィン・ユールなど、 世界中で愛されている上質な家具でコーディネートされています。

 

 

 

 

店内には、 大津の歴史が分かる書籍が多数置いてあり、 誰でも自由に読むことができます。 歴史を辿ってみるのも面白そうです。

ゆったりとした時間が流れる店内で、 歴史と文化の香りを感じながら、 くつろぎのひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

『MOV’S(town&coffee)』/ 大津百町スタジオ

【お問い合わせ  077-526-8881】

営業時間 10:00~18:00 定休日 水曜・毎月第3火曜

住所 滋賀県大津市御幸町1-56

 

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

お酒愛を世界に発信! アラフィフ以降の人生はお酒と一緒に熟成される。

酒ジャーナリストが酒好きの医師に取材をした本『酒好き医師が教える最高の飲み方』は、酒飲み必読の一冊。MOC編集部は著者…

二日酔い対策や未病のセオリーを覆す!葉石かおり氏がオススメする、アラフィフ流お…

40歳、50歳という節目を迎えた途端、「なんだか体の調子が悪い」「回復が遅い」とショックを受けてはいませんか?特にアラ…

体験型アートイベント「飲む植物園@東京茶寮」が、8月1日より4日間限定で開催!

2019年8月1日(木)~4日(日)の4日間、 ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」にて、 インタラクティブアートイ…

飲みたい食べたい酔いしれたい! 酔っぱライター太鼓判! 岡山、高知、札幌のオス…

家飲みやご近所飲みもいいけれど、お酒に誘われてちょっと遠くに足を延ばすのもオツなもの。酔っぱらい旅で全国をまわるライタ…

仏ソムリエら100名が選んだ最高の日本酒「Kura Master 2019プレ…

2019年7月9日17時、パリOECD日本政府代表部大使公邸で行われたKura Master2019授賞式において、 …

今、居酒屋が危ない? アラフィフ流 居酒屋の愛し方、愛され方。

ちょっとここらで一杯、というときに重宝するのが居酒屋。お酒とつまみに囲まれるあの空間こそ至福のひとときだと思うアラフィ…