人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

滋賀・大津宿の歴史が息づく古民家カフェ。地域起こしの目玉として再スタート!

 

 

東海道五十三次の53番目の宿場「大津宿」は昔、 東海道五十三次の宿場町として栄えた面影が多く残る地域。

この古民家カフェの建物は、 古くは『木賃宿』(きちんやど)といって、 旅人が素泊まりするための簡素な宿でした。

40年間続いた和菓子屋さんが閉店することになり、 2016年に地元の工務店が支店「大津百町スタジオ」として改修。

料理教室やセミナーなど、 地域のコミュニティスペースとしても使われていましたが、 「ここがカフェだったら」「もっと気軽に入りたい」という地元の方の声に応え、 カフェにリニューアルされることになりました。

 

 

カフェの近くには琵琶湖をはじめ、 世界文化遺産の延暦寺や石山寺など、 映画の舞台にもなった寺社仏閣があります。

昨年は67年ぶりに琵琶湖疏水(びわこそすい)が開通したり、 古民家ホテルがオープンするなど、 最近話題のスポットとして注目が集まっています。

 

 

 

 

席はカウンター席が6席。 室内は、 懐かしさを感じるガラス戸や土壁が。 心地よい空間でくつろげるよう、 木をふんだんに使った店内となっています。

一番のオススメは、 何と言ってもハンドドリップで淹れる本格コーヒー。 コーヒーは、 あっさりマイルドな「琵琶湖ブレンド」、 バランスがよく飲みやすい「百町ブレンド」がオススメ。 値段は一杯500円(税別)。

豆は、 プロのコーヒーサービスマンの上級資格「アドバンスド・コーヒーマイスター」の手で、 選別から焙煎、 味作り、 抽出されたもののみ使用されています。

焙煎前後に計4回、 手作業で選別された豆を使用。 産地や生産者、 栽培方法、 精製、 輸送管理が明確な、 世界の全生産量の5%と言われる高品質なコーヒーを提供。

 

 

 

 

こちらのカフェは、 北欧家具などのインテリアで設えられており、 古民家と北欧テイストが融合した空間。

知る人ぞ知る、 北欧デザイナー ハンス・J・ウェグナーや、 フィン・ユールなど、 世界中で愛されている上質な家具でコーディネートされています。

 

 

 

 

店内には、 大津の歴史が分かる書籍が多数置いてあり、 誰でも自由に読むことができます。 歴史を辿ってみるのも面白そうです。

ゆったりとした時間が流れる店内で、 歴史と文化の香りを感じながら、 くつろぎのひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

『MOV’S(town&coffee)』/ 大津百町スタジオ

【お問い合わせ  077-526-8881】

営業時間 10:00~18:00 定休日 水曜・毎月第3火曜

住所 滋賀県大津市御幸町1-56

 

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

飲 む 植 物 園 × THE SCREEN 12月22日京都にて、1日限定…

話題のフードインスタレーションユニット『 飲む植物園 』が京都のホテル ザ・スクリーンにて1日間限定クリスマスコースを…

クリスマス料理の参考に。 モテ♡盛りレシピ サイトから、ちょっと豪華なレシピを…

株式会社明治産業が運営する、プロのアイディアをプラスした手軽でおしゃれなレシピを紹介する動画サイト「モテ♡盛りレシピ」…

食は新潟にあり? 関西の食いしん坊ライターが、独自の視点で新潟のとっておきグル…

北陸新幹線の開業によって、 身近になった新潟へ、 関西からの観光客は増えています。 新潟県観光協会大阪観光センターでは…

越前がにシーズン突入に弾みをつけるカニの祭典!“越前かにまつり2018”が、1…

越前がにシーズン突入に弾みをつけるカニの祭典「越前かにまつり」11月6日の越前がに漁解禁後に、今シーズン越前がにに弾み…

アラブ料理を食レポする! フィフィのアラビックStudio【第8回】

大人のWEB Magazine MOC(モック)では、タレントのフィフィさんをメインキャスターに、日本人の知らないアラ…

素晴らしきアラブ料理の世界! フィフィのアラビックStudio【第7回】

大人のWEB Magazine MOC(モック)では、タレントのフィフィさんをメインキャスターに、日本人の知らないアラ…