人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

浜田 浄の大規模個展「記憶の地層 -光と影-」2020年9月19日から開催!

 

2020年9月19日(土)~10月24日(土)にかけて、国内で3度目となる浜田 浄の大規模個展「記憶の地層 -光と影-」を開催する。

 

 

2015年の練馬区立美術館での個展以降、2016年に東京、京橋の加島美術にて「0の祈り」を開催。

その後海外のアートフェアなどでも作品を展開し活躍の場を広げている浜田 浄。

今回の個展は大型作品から小作品まで、そして80年代から現代までの作品を取りそろえた約30点を展示する。

 

 

浜田は70年代に版画作家として数々の賞を受賞、国内外の美術館にも作品が所蔵されるなど注目を集めた。

その中で、版画とは異なる新しい表現方法を模索しはじめ、80年代に鉛筆で一本一本線を引き、白い紙の上に黒い鉛面を創り出すDrawingシリーズを発表した。

しかしながら、80年代以降、浜田はDrawingシリーズの作品を発表する事はなく、「削る、引掻く、重ねる」といった様々な手法を用いて作品を生み出してきた。

今回の個展では、浜田は自身の軌跡をたどるように、このDrawingシリーズに再度挑戦し、3mを超える作品を制作、出展する。

40年を経て挑んだシリーズ最新作は必見だ。

 

 

また、本展で新たに発表する新シリーズは、浜田のこれまでの平面作品とは異なり、半立体の作品となっている。

合板に木片を重ね、モノクロームの作品の中に光と影を創り出している。

見る角度によって異なる陰と陽が、浜田の作品に共通するある種の人間性を映し出しているかのような不思議な温かみを感じる作品だ。

浜田はこれまで、その歩みを止める事なく、自身と向き合い、新たな手法にチャレンジし続けながら時を刻むかのように自身の行為を作品へと昇華させてきた。

今だからこそ、新しい表現、システム、そして価値観を創造する。

80歳を越えた浜田の姿勢を本展で感じていただきたい。

 

 

 

【本展の見どころ】

(1)Drawingへの再挑戦

版画作家として知られていた浜田が、80年代に新たな表現を模索し、切り開いた作品制作の始点ともいうべきDrawingシリーズ。

鉛筆の細かな線を重ね、面となった鉛が黒い光を放つ作品です。このシリーズは鉛筆の線を一本一本引き、「面」となるまで繰り返している。

浜田の代表的シリーズとして知られているものの一つですが、80年代以降は大型の作品の制作は行わず、その他の表現方法での作品を生み出してきました。

今回の大規模個展に際して、浜田は再度Drawingに挑み、3mを超える新作を制作。80年代以降初めてとなるDrawingの大作を発表する。

80年代に発表した大型作品と合わせて是非。

 

 

 

(2)光と影。新たなモノクロームの世界

本展で初公開となる新シリーズは合板と木片で制作した半立体の作品。

これまで平面作品をメインにしてきた浜田が一所にとどまる事なく、探求を続ける「今」の表現。

この中に自身が通ってきた光と影を映し出しているような作品だ。

今回のメイン作品の一つとなっている「2-2-17」(2020)は、6枚のパネルからなる幅3mの作品。

重ねられた黒い木片が見る角度によって異なる印象を与えている。

光と影が生み出す表情に80歳を越えた今だからこそ表現できる浜田の人間性を感じる作品となっています。

 

 

 

【浜田 浄のコメント】

“一所不在 過ぎた記憶を目の前にして今感じること。

今こそ、自在に力(動き)が加えられる位置に在ることを実証できればと思います。”

 

 

【アーティスト:浜田 浄】

1937年 高知県出身。

1961年 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。

大学卒業後、戦後の現代美術界に大きな影響を与えた斎藤 義重との出会いなどを経て、独自の抽象表現を追求。

1977年の現代版画コンクール展における佳作賞受賞で一躍注目を集め、国内外を問わず多くの展覧会で精力的な活動を重ねる。

2015年には、練馬区立美術館で初の個展「浜田 浄の軌跡-重ねる、削る、絵画-」が開催されるなど、近年国内外でその評価が高まる作家の1人である。

パブリックコレクション:東京国立近代美術館、東京都現代美術館、クラコフ国立美術館、アーティゾン美術館、練馬区立美術館、東京オペラシティアートギャラリー他

 

 

【浜田 浄「記憶の地層 -光と影-」展 開催概要】

企画展名     : 浜田 浄「記憶の地層 -光と影-」展

英題       : Hamada Kiyoshi“Strata of Memory -Light and Shadow-”

アーティスト   : 浜田 浄

会期       : 9月19日(土)~10月24日(土)

会場       : √K Contemporary(ルートKコンテンポラリー)

Address      : 東京都新宿区6

Tel        : 03-6280-8808

出品作品     : 80年代のDrawingから最新作まで約30点

企画展ウェブサイト

*新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催内容が変更となる可能性がございます。何卒ご了承ください。

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

西洋の木版画500年の歴史を辿る企画展。町田市立国際版画美術館で開催中!

長い歴史をもつ西洋の木版画。 初期の素朴な作品、 驚くほど緻密なデューラーの作品、 木口木版による可愛らしい絵本、 現…

日本庭園✖️抽象絵画の織りなす異空間!京都建仁寺にて 現代アーティスト山田 晋…

臨済宗大本山建仁寺塔頭 両足院では、現代アーティスト山田 晋也の展覧会「胎内衆会 ーぼくらは何処にかえるのだろう」を1…

東山魁夷の創作における出発点に迫る企画展。9月25日(金)より現代日本美術の歴…

現代を代表する日本画家 ・東山魁夷の画業30周年を記念して、そのはじまりに迫る企画展が開催。東山魁夷館本人からの作品寄…

芸術銭湯+Cafeの宮の湯が、2020年10月17日に閉店。最後の日に向け、特…

上野から歩いて行ける場所にこんな異空間が…と老若男女を驚嘆させてきた 芸術銭湯を堪能する最後のチャンス東京都文京区根津…

江戸狩野と京狩野が共演する金碧障壁画100余面! 光格天皇仮御所であった聖護院…

華やかな装飾と修験道独特の厳しさを兼ね備えた寺院「聖護院門跡」。仮御所ともなった皇室ゆかりの室内を特別に公開。9月26…

新国立劇場オペラが再開公演!世界から選りすぐりのスタッフとキャストでおくる『夏…

新国立劇場(東京都渋谷区)では、 約8カ月間の公演中止を経て、 いよいよ10月にオペラ公演再開の日を迎える。 再開公演…