人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

5月14日の緊急事態宣言一部解除をどのように受けとったか?その是非と解除後、どこへ行きたいか?

 

 

 

2020年5月14日 新型コロナウイルス特別措置法に基づく「緊急事態宣言」から39県の解除が大きな話題となった。

「ほけんROOM」では、 緊急事態宣言一部地域解除に関する意識調査を実施。

18歳以上の1,013名に緊急事態宣言解除に関する意識調査を行った。

 

 

【緊急事態宣言が一部解除されることについてどう思うか?】

 

「解除すべき」と答えた方が、 13.5%の136人。

「どちらかと言えば解除べき」と答えた方が、 357人。

合計で48.8%の493人の賛成派がいる結果となった。

一方で、 「解除すべきではない」と答えた方が、 8.6%の87人。

「どちらかと言えば解除すべきではない」と答えた方が、 29.8%の301人。

また、 どちらでもないと答えた方は、 12.7%の128人。

 

【上記のように答えた理由について】

30代男性 / 愛媛県/個人事業主/「解除すべき」と回答

新幹線が通っていない四国などアクセス面であまり良くない県や地域に関しては他都道府県からの流入が少ないと考えられるので解除しても万全な対策を講じるという条件付きの元であれば解除するべきだと思います。

 

40代男性 / 埼玉県/会社員/「どちらかと言えば解除すべき」と回答

緊急事態宣言を長期化にすることにより、 経済活動の循環が鈍くなり現在以上に景気が冷え込みリーマンショックや震災以上の不況に陥ってしまうと思うため。

 

20代女性 / 東京都/アルバイト/「解除すべきではない」と回答

緊急宣言が解除されても、 ひとりひとりが外出を控えたり感染症対策をしなければならないということを知らない人が多いと思います。

完全に収束したわけではないのに外出をして、 第二波が来ることになると思うので一部であっても解除すべきではないと思います。

 

50代女性/主婦/「どちらかと言えば解除すべきではない」と回答

ゴールデンウィーク後かなり緩んでしまっており、 あちこちで人の流れがあることを報道などで拝見しています。

繰り返しまた自粛があるのだろうと思い、 今の時点で必要なのか少し考えてもらえればと思います。

 

50代女性 / 東京都/会社員/「どちらでもない」と回答

感染が抑えられている地域に、 他都道府県から流入することが心配です。

防ぐ策をしっかり講じることが肝要だと思います。

 

 

【緊急事態宣言解除後(自粛制限解除後)まず初めにどこへ行きたいか?】

 

結果の通り「外食」と答えた方が、 498人で一番多い結果となった。

次に多かったのが、 「特になし」。

「実家」と答えた方については、 ゴールデンウィーク期間中に帰省することができない地方の方が多いようです。

 

 

【自粛制限解除後に何をしたいか?】

20代女性 / 東京都/会社員

好きなアーティストのライブに行って友達と好きなアーティストのことについて語り合ったり、 彼氏・友達・会社の人たちとお酒を飲みながらワイワイしたい。 旅行に行きたい、

 

30代男性 / 北海道/会社員

海へ魚釣りに行ったり、 家族と一緒に外食や公園へ出掛けたりしたい。

仕事は出張が自粛になっており、 営業活動のための出張ができなかったので、 出張に出て、 お客様にご挨拶したい。

 

50代女性 / 岐阜県/アルバイト

息子夫婦に初赤ちゃんが誕生したので会いに行きたい。

息子家族とは遠方な為、 新幹線にも乗りたい。

しかし交通機関は怖いので自家用車の長旅になりますが、 とにかく孫に会いたい。

 

10代女性 / 埼玉県/学生

入学式も中止になり、 現在はオンライン授業を受けているため、 早く大学に通って授業をしたり、 新しい友達に会いたい。

また、 春休みに行く予定だった海外旅行がキャンセルになってしまったので、 早く旅行に行きたい。

 

 

【今一番誰に会いたいのか?】

「友達」と答えた方が、 一番多い結果となりました。

「家族」と答えた方が、 二番目に多い結果となった。

「特にいない」と答えた方が、 三番目に多い結果に。

 

 

【調査概要:緊急事態宣言解除に関する意識調査】

 

 

調査日程 :2020年5月10日~2020年5月14日

調査方法 :インターネット

調査対象 :18歳以上

調査人数 :1,013名

ほけんROOM

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

文化財を法人がリノベーションして活用するプロジェクトが、栃木県宇都宮で始動!!

江戸時代。かつて宇都宮を治めていたのは、戸田家8万石。日本に名だたる交通の要衝であったこの地には、 中世フィンランドに…

武力弾圧から3年「ロヒンギャ難民100万人は今」オンラインシンポジウム8/22…

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、 隣国バングラデシュに大量流入して間もな…

新型コロナウイルスの脅威にさらされる弱き子供たち。イラク内避難民130万人に迫…

新型コロナウイルス感染症が流行するイラクでは、 住まいを追われた国内避難民130万人余りが、 今なお過密で不衛生な避難…

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。20…

世界第1位となった「富岳」の恐るべき処理速度!2位の中国との差は?

スーパーコンピューター「富岳」は、ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価!1.「富岳」測定結果共同…

作家 小野正嗣 x 国境なき医師団 コロナ禍における人道危機今問われる医療と…

国境なき医師団(MSF)日本は、 芥川賞作家で早稲田大学教授の小野正嗣氏を迎え、 MSF日本会長で外科医の久留宮隆とと…