人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

アフガニスタン緊急救援。長期の紛争後、新型コロナウイルスによって人道的危機にある今、衛生用品および食糧配布事業を開始

 

 

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会は、 2020年4月27日より、 緊急人道支援事業として、 アフガニスタン・ナンガハル県にて新型コロナウイルス感染予防のための啓発と衛生用品および緊急に必要な食糧を配布する事業を開始した。

本事業の物資は、 国内避難民・帰還民を含む生活困窮者の感染予防と、 当面の生活維持に役立てられる。

 

 

アフガニスタンでは、 4月23日現在、 新型コロナウイルス(COVID-19)感染者1,221名(42名が死亡)がほぼ全土で確認されており、 1日の感染者が 200 名を上回るなど急激な感染拡大が懸念されている。

3月中旬には複数の地域でのロックダウン、 外出禁止と一部の業種を除く経済活動の停止が政府より発表された。

同国は長年の紛争や相次ぐ自然災害などで既に人道危機に直面している。

また医療機関が整っておらず、 栄養不良の国民が多いだけでなく、 衛生に関する意識も低いため、 世界保健機関(WHO)は同国で感染が拡大すれば、 大規模な死者数を伴う甚大な被害が生じると予測している。

 

 

 

 

アフガニスタン新型コロナウイルス対応緊急救援事業 

本事業では、 経済的困窮が著しい500世帯に衛生用品および食糧、 感染予防の啓発パンフレットを配布。

食糧は WFP が推奨する国内避難民・帰還民用のパッケージに沿い、 小麦粉・米・油・茶葉・砂糖・豆など1世帯当たり10人分とし、 少なくとも1カ月間生活できる量を配布する。

啓発パンフレットは支援対象の500世帯だけでなく、 ダマン地区全体およびその周辺住民にも配布し、 モスクや広場など、 人が集まりやすい場所には、 ポスターや横断幕、 看板の掲示を行う。

啓発内容は、 WHOのガイドラインに基づいて策定され、 本事業の現地スタッフはWHOによる感染予防トレーニングを受講しました。 徹底した感染防止のため、 屋外でのスペースを使用し、 スタッフおよび住民たちがそれぞれ接触しないよう最大限の配慮をして実施する。

 

 

事業対象地のアフガニスタン東部ナンガハル県、 ダマン地区 

事業対象地のアフガニスタン東部、 ナンガハル県ダマン地区は国内避難民やパキスタンからの帰還民が密集して居住しています。

ほとんどの人が日雇いの仕事で生計を立てていましたが、 3月中旬から始まったロックダウン、 経済活動の停止により日々の収入を失い、 貯蓄を有していなかったため、 日々の食糧の確保もままならないほど生活状況が悪化している。

特に、 もともと栄養不良だった子どもの健康状態の悪化が懸念されている。

この地域は子どもや寡婦の割合が高く、 多くの住民は十分な教育機会がなかったため、 読み書きができず、 新型コロナウイルスの危険性や感染予防法について十分に理解していない。

同地区は、 パキスタンとの国境や他県と接し、 交通の要衝であるジャララバード市に近いため、 感染が急速に拡大する危険性がある。

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE
PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

文化財を法人がリノベーションして活用するプロジェクトが、栃木県宇都宮で始動!!

江戸時代。かつて宇都宮を治めていたのは、戸田家8万石。日本に名だたる交通の要衝であったこの地には、 中世フィンランドに…

武力弾圧から3年「ロヒンギャ難民100万人は今」オンラインシンポジウム8/22…

ミャンマー西部で暮らしていたイスラム少数民族ロヒンギャが激しい武力弾圧を逃れ、 隣国バングラデシュに大量流入して間もな…

新型コロナウイルスの脅威にさらされる弱き子供たち。イラク内避難民130万人に迫…

新型コロナウイルス感染症が流行するイラクでは、 住まいを追われた国内避難民130万人余りが、 今なお過密で不衛生な避難…

GA-ASI、海上保安庁向けに遠隔操縦無人機の飛行実証を日本にて実施。

捜索救助や災害対応活動など、 広域の海洋監視が伴う海上保安庁の業務において、無人機の実用性の検証を9月中旬に開始。20…

世界第1位となった「富岳」の恐るべき処理速度!2位の中国との差は?

スーパーコンピューター「富岳」は、ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価!1.「富岳」測定結果共同…

作家 小野正嗣 x 国境なき医師団 コロナ禍における人道危機今問われる医療と…

国境なき医師団(MSF)日本は、 芥川賞作家で早稲田大学教授の小野正嗣氏を迎え、 MSF日本会長で外科医の久留宮隆とと…