人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

国宝指定10周年を迎える、合掌土偶をご存知ですか? 青森県八戸市にて縄文文化を考える催し。

 

 

縄文文化は、人が自然に関わりながら、気候変動や自然環境の変化にも巧みに適応し、1万年以上もの長期にわたり持続可能な社会を築いた世界史上稀な先史文化。

今も豊かな自然が残る北海道・北東北には、日本列島の中でも縄文遺跡がたくさん分布し、価値の高い遺跡が数多く残されている。

八戸市では「是川石器時代遺跡」が北海道・北東北の縄文遺跡群の構成資産となっている。

縄文文化や縄文遺跡の価値を伝える講演会や展覧会の開催、情報発信などを行い、北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録を目指している。

 

 

八戸市内にある縄文遺跡は当時の食生活、環境、文化を知るうえで貴重な遺跡となっている。

「是川石器時代遺跡」は中居・一王寺・堀田の3遺跡の総称で、出土品の963点が国重要文化財の指定を受けている。

平成元年に風張1遺跡での発掘調査で竪穴建物跡から1体の土偶が発見された。

その土偶は、てのひらを合わせた姿から「合掌土偶」と名づけられ、平成21年7月10日付で縄文土偶として3例目の国宝に指定された。

現在、国宝に指定されている土偶は5体あるが、合掌形として唯一の完形品で、発掘調査で発見されたという学術的な情報がある。

また、当時の風俗を考える上で極めて高い価値を有している。

合掌土偶は、顔や体の部分には赤色の顔料が残っており、当時は全身が赤く塗られていたと考えられている。

また、合掌土偶の両足の付け根や腕の部分の割れ目にはアスファルトが付着しており、当時の縄文人がこの土偶を修復して大事に使っていた様子がうかがえる。

これらの是川石器時代遺跡、風張1遺跡からの出土品や合掌土偶は、八戸市是川縄文館で展示されており、直感的に縄文人の芸術性に触れることができる。

また、合掌土偶は、国内の展覧会での展示のみならず、アメリカの美術館、フランスの日本文化会館、イギリスの大英博物館でも展示され、海外からも高い評価を得ている。

 

 

 

 

 

是川縄文館

国宝指定10周年記念講演会「縄文土偶の魅力」

現在、日本に5体しかない国宝土偶のうち、八戸市の「合掌土偶」は、てのひらを合わせた完全な姿の坐像として、唯一無二のもの。

合掌土偶の国宝指定10周年を記念して、有職者から郷土の歴史・魅力を代表する国宝土偶の素晴らしさや重要性についての講演を予定している。

・日時:7月15日(月・祝)海の日 14時00分~16時00分

・会場:是川縄文館1階 体験交流室

・講師:原田 昌幸氏(文化庁 文化財第一課 主任文化財調査官)

※聴講無料、要申込(定員に達し次第、受付を終了します。)

 

 

 

 

 

施設概要

常設展示室、企画展示室で構成されている。

常設展示室は是川遺跡・風張1遺跡の国重要文化財となっている出土品を中心に発掘成果を展示し、企画展示室は、是川遺跡や縄文に関わる多様なテーマ、埋蔵文化財に関わるテーマの特別展や企画展を実施。

是川縄文館では、是川遺跡や風張1遺跡などを通して東北地方の優れた縄文文化を発信し、市民や来館者が八戸の魅力を再発見し、誇りや愛着が感じられるように努め、埋蔵文化財の重要性を伝えている。

 

開館時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

・休館日

月曜日(第一月曜日、祝日・振替休日の場合は開館)

祝日・振替休日の翌日(土・日曜日、祝日の場合は開館)

年末年始(12/27~1/4)

 

利用料金

個人:一般250円 高校・大学生150円 小・中学生50円

団体:一般130円 高校・大学生 80円 小・中学生30円

※特別展期間中は特別展料金となります。

※20人以上の場合、団体料金となります。

※市内の小・中学生は無料となります。

 

ガイド

ボランティアによる展示解説(日本語・英語)を無料で行っています。

早め(1週間前)の予約をお願いします。

八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

古代日本から令和へつなぐメッセージ。大嘗祭を機に、阿波忌部氏の軌跡から平和と共…

古代日本はどこで生まれたのか。どのようにして島国の地方に大和朝廷の影響力が及んでいったのか、謎の一族・阿波忌部氏の働き…

チームラボが提供するインタラクティブな歴史体験。天正遣欧少年使節をテーマにした…

長崎県大村市に開館する「ミライon」内の大村市歴史資料館に、 インタラクティブな体験で天正遣欧少年使節について学べる作…

大嘗祭から紐解く古代日本成立の謎! 忌部氏を追った先に繋がった、邪馬台国への扉…

新時代令和が始まった2019年。来たる11月には大嘗祭が開催されるということで、日本列島各地で準備が行われています。日…

横浜開港160 周年を記念し、横浜美術館では、9月21日より開港をテーマにした…

本年開館30 周年を迎える横浜美術館では、 9 月21 日(土)より、 横浜開港160 周年をテーマに据えた二つの展覧…

国宝久能山東照宮を3Dスキャナーで計測撮影!400年を超える歴史の中で、初めて…

久能山東照宮御社殿(国宝)の外観を計測撮影。久能山東照宮創建400年を超える歴史の中で、初めての試み。御社殿は漆塗特有…

忌部氏の謎が解けた時、日本の未来が見えてくる!原点回帰で未来を創造!

2019年は令和元年。新たな一歩を踏み出す記念すべき一年です。新時代の幕開けだからこそ、日本の歴史の原点を振り返る意義…