人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

アルツハイマー病原因タンパク質異常化の謎を解明

 

 

アルツハイマー病をはじめとする認知症では、神経細胞内にタウとよばれるタンパク質が異常に蓄積する。

このタウの蓄積こそが、神経細胞がはたらかなくなる直接の原因と考えられている。

同志社大学宮坂知宏准教授、御園生裕明教授、重井医学研究所松山誠室長を中心としたグループは、この”タウの異常局在”が認知症につながる重要なステップと考えた。

 

 

 

 

 

 

実はタウは健康な人の脳にも豊富に存在しておりますが、なぜ高齢者の脳で異常な振る舞いをするのか不明だった。

タウは神経細胞の軸索とよばれる部分に存在しておりますが、異常なタウの蓄積は細胞体や樹状突起といった、タウが本来いるはずのない部分でおこる。

同志社大学宮坂知宏准教授、御園生裕明教授、重井医学研究所松山誠室長を中心としたグループは、この”タウの異常局在”が認知症につながる重要なステップと考えた。

はじめに組織中のタウを高感度に検出できる抗体を作成し、様々なモデルマウス脳におけるタウの産生や局在を調べた。

その結果、タウは本来周産期にさかんにつくられ、脳の発達とともに産生にブレーキがかかること、このルールに反して成熟後の神経細胞で無駄に作られたタウが細胞体に異常局在し、これがアルツハイマー病特有の病変を形成することを突き止めた。

タウの正常な機能には作られるタイミングが重要であり、その破綻が認知症発症の鍵となる可能性が考えられる。

この成果は米国の専門誌、ジャーナルオブニューロサインス誌に掲載された。

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

アラフィフ必見!目がかすみ始めたら、呼吸と姿勢に気をつけて! 白内障・緑内障改…

アラフィフともなれば目の疲れが日に日に増しているのでは?目に関するトラブルは気づいたときにはもうすでに深刻な事態に陥っ…

白血病細胞においてKrasが、がん抑制因子として働くことを発見

順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所の岩渕和久准教授、 横山紀子特任助教らの研究グループは、 がん遺伝子として知ら…

薬を使わない対人恐怖症へのケア。対話による治療が、長期にわたり確かな効果をもた…

宮崎大学 吉永尚紀 講師と千葉大学 清水栄司 教授らの研究グループは、 抗うつ薬で改善しない社交不安症(対人恐怖症)に…

熱中症対策は夏が来てからでは遅い!? 医師が教える暑さに負けない体づくり。

夏を健康に過ごす上で気をつけなければいけないのが「熱中症」。ここ数年、地球温暖化の影響もあり、夏の平均気温は年々上昇し…

ダイエットで絶好調ボディを手に入れ、理想の婚活を成功させた秘訣とは?

食事制限とツラい運動はダイエットの代名詞。ところが「痩せたいのに痩せない!体重が減らない!」と嘆いている人は多いはず。…

ダイエットは、体重よりも体型。我慢や無理のない楽痩せで、人生激変!

みなさんがダイエットを始める理由はなんですか? プロポーションドクターの異名を持つ蓮水カノンさんはかつてポッコリお腹を…