人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

アルツハイマー病原因タンパク質異常化の謎を解明

 

 

アルツハイマー病をはじめとする認知症では、神経細胞内にタウとよばれるタンパク質が異常に蓄積する。

このタウの蓄積こそが、神経細胞がはたらかなくなる直接の原因と考えられている。

同志社大学宮坂知宏准教授、御園生裕明教授、重井医学研究所松山誠室長を中心としたグループは、この”タウの異常局在”が認知症につながる重要なステップと考えた。

 

 

 

 

 

 

実はタウは健康な人の脳にも豊富に存在しておりますが、なぜ高齢者の脳で異常な振る舞いをするのか不明だった。

タウは神経細胞の軸索とよばれる部分に存在しておりますが、異常なタウの蓄積は細胞体や樹状突起といった、タウが本来いるはずのない部分でおこる。

同志社大学宮坂知宏准教授、御園生裕明教授、重井医学研究所松山誠室長を中心としたグループは、この”タウの異常局在”が認知症につながる重要なステップと考えた。

はじめに組織中のタウを高感度に検出できる抗体を作成し、様々なモデルマウス脳におけるタウの産生や局在を調べた。

その結果、タウは本来周産期にさかんにつくられ、脳の発達とともに産生にブレーキがかかること、このルールに反して成熟後の神経細胞で無駄に作られたタウが細胞体に異常局在し、これがアルツハイマー病特有の病変を形成することを突き止めた。

タウの正常な機能には作られるタイミングが重要であり、その破綻が認知症発症の鍵となる可能性が考えられる。

この成果は米国の専門誌、ジャーナルオブニューロサインス誌に掲載された。

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

「患者の立場で考えるリビングウイルとは?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【…

大人のWEBマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。生きと…

「日本インド化計画!?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第3回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。認知症…

「大手メディアが流す認知症治療の嘘」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第2回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。世の中…

長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第1回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。長年地…

「納得できる生き方のために。医療の現場から価値ある情報を発信したい」長尾和宏氏…

多くのがん患者を診て、“お診取り”もしてきた長尾和宏先生は、社会に溢れる医療情報にやはり敏感です。しかしながら、玉石混…

「勝ち逃げできるがん治療を目指して。患者さんの人生から医者が学ぶべきことがある…

医療技術の発展は目を見張るものがありますが、しかし今なお「がん」による患者数は増加をたどっています。そしてがんによって…