人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

「患者の立場で考えるリビングウイルとは?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第4回】

 

 

大人のWEBマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。

生きとし生けるものにとって、逃れることのできない定め、それが「死」。

人生の幕引きをどうすべきかについて考え、実践すること。

それがリビングウイル。

長年地域医療に携わった経験と知識をもとに、具体的で実現性のある本当に正しい認知症治療について、詳しくお話を伺います。

なかでも、日本であたりまえのように語られる尊厳死=安楽死という誤解。

この点についても、長尾先生から解説があります。

大手メディアや大病院からは入手できない、認知症に関する本当の話を是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第1回】

「大手メディアが流す認知症治療の嘘」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第2回】

「日本インド化計画!?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第3回】

「医療の現場から、常に価値ある情報を発信したい」長尾和宏氏インタビュー【第1回】

「勝ち逃げできるがん治療を目指して」長尾和宏氏インタビュー【第2回】

勝ち逃げできるがん治療を目指して。長尾和宏氏インタビュー【第3回】

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

長尾 和宏

医学博士。医療法人社団裕和会理事長。長尾クリニック院長。一般社団法人 日本尊厳死協会副理事長・関西支部長。日本慢性期医療協会理事。日本ホスピス在宅ケア研究会理事。全国在宅療養支援診療所連絡会理事。一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会理事。一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会代表理事。関西国際大学客員教授。『痛くない死に方』『抗がん剤10の「やめどき」』『ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!』『家族よ、ボケと闘うな!』『長尾和宏の死の授業』『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』『痛い在宅医』『看護の現場ですぐに役立つ 緩和ケアのキホン』など著書多数。

パーキンソン病や認知症が改善する治療薬の開発につながるか? ライソゾーム病とパ…

順天堂大学大学院医学研究科神経学の服部信孝教授、 金井数明客員准教授、 韓国のソウル大学校医科大学のSeung-Jae…

本物の武術を体験できる機会! 第2回古武術演武祭 東京・上野にて8月に開催決定!

「本物の武術」のすばらしさを広める・一般に体験してもらう場を創出する目的のもと、 以下の日程で『第2回上野の杜 古武術…

アラフィフ必見!目がかすみ始めたら、呼吸と姿勢に気をつけて! 白内障・緑内障改…

アラフィフともなれば目の疲れが日に日に増しているのでは?目に関するトラブルは気づいたときにはもうすでに深刻な事態に陥っ…

アルツハイマー病原因タンパク質異常化の謎を解明

アルツハイマー病をはじめとする認知症では、神経細胞内にタウとよばれるタンパク質が異常に蓄積する。このタウの蓄積こそが、…

白血病細胞においてKrasが、がん抑制因子として働くことを発見

順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所の岩渕和久准教授、 横山紀子特任助教らの研究グループは、 がん遺伝子として知ら…

薬を使わない対人恐怖症へのケア。対話による治療が、長期にわたり確かな効果をもた…

宮崎大学 吉永尚紀 講師と千葉大学 清水栄司 教授らの研究グループは、 抗うつ薬で改善しない社交不安症(対人恐怖症)に…