人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第1回】

 

 

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。
長年地域医療に携わった経験から、認知症とどんな付き合い方をしていくべきか。

その発見方法や治療法について詳しくお話をいただきます。

大手メディアや大病院からは入手できない、認知症に関する本当の話を是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

「大手メディアが流す認知症治療の嘘」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第2回】

「日本インド化計画!?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第3回】

「想いと向き合い、人生に寄り添う。そんな町医者であり続けたい」長尾和宏氏インタビュー【第1回】

「勝ち逃げできるがん治療を目指して。患者さんの人生から医者が学ぶべきことがある」長尾和宏氏インタビュー【第2回】

「納得できる生き方のために。医療の現場から価値ある情報を発信したい」長尾和宏氏インタビュー【第3回】

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

長尾 和宏

医学博士。医療法人社団裕和会理事長。長尾クリニック院長。一般社団法人 日本尊厳死協会副理事長・関西支部長。日本慢性期医療協会理事。日本ホスピス在宅ケア研究会理事。全国在宅療養支援診療所連絡会理事。一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会理事。一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会代表理事。関西国際大学客員教授。『痛くない死に方』『抗がん剤10の「やめどき」』『ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!』『家族よ、ボケと闘うな!』『長尾和宏の死の授業』『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』『痛い在宅医』『看護の現場ですぐに役立つ 緩和ケアのキホン』など著書多数。

健康への第一歩は、頭を使うことから。信じるだけでは救われない!大竹真一郎 医師…

腸内環境、エクオール、男性の更年期障害、セックスなど、次々と登場するキーワードに私たちは一喜一憂してしまいます。第四回…

医療の現場から、あえて警鐘を鳴らそう!崩壊するか、持ちこたえるか? 大竹真一郎…

消化器の専門医・大竹真一郎氏は、メディアへの出演やツイッターなどを通して現代医療の問題点について警鐘を鳴らしています。…

大切な方が、目の前で突然の心停止になった時、あなたならどうする? ペットボトル…

一般社団法人ファストエイドは、 心肺蘇生訓練をペットボトルの空き容器で簡単に実施できるキット『CPR TRAINING…

医療に“100%”はあり得ない! ロジカルシンキングで健康と向き合おう。大竹真…

健康をテーマにしたテレビ番組や雑誌の特集に、目が惹かれることがありますよね。「〇△さえすれば長生きする!」という シン…

日本人は医療リテラシーが低い? 健康な人生を手に入れるためには、医療制度に関心…

一度きりの人生を謳歌したいから、体が資本、健康第一。そう考える人は少なくありません。健康診断、人間ドック、サプリメント…

更年期の強い味方!アンチエイジング検査とは? 河村優子医学博士 インタビュー【…

更年期治療を行う際には、女性ホルモンの分泌量だけでなく、栄養素の不足などの体内の状態も確認しておくと、最適な治療を受け…