人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

大切な方が、目の前で突然の心停止になった時、あなたならどうする? ペットボトルの容器で心肺蘇生訓練ができるキットが開発

 

 

一般社団法人ファストエイドは、 心肺蘇生訓練をペットボトルの空き容器で簡単に実施できるキット『CPR TRAINING BOTTLE』を開発。

『CPR TRAINING BOTTLE』は、心肺停止の際に胸を押すのに必要な力が、 空のペットボトルを押す力とほとんど同じであることに着目した世界初の訓練用キット。

 

 

日本では年間7万人以上が突然の心停止で亡くなっています

119番通報をしてから救急車が現場に到着するまで、 全国で平均8.5分かかると言われています。

心停止してから1分経過するごとに救命率は7~10%下がります。

しかし発見から救急車の到着まで絶え間無く心肺蘇生を続けることで、 脳や心臓の壊死を遅らせることができるのです。

心肺蘇生をしない場合に比べて救命率は約2.5倍。

一方で、 現状では突然の心停止現場において、 居合わせた市民による心肺蘇生が43.9%の割合で実施されていません。

また、 一般の方へのアンケート結果では、57.3%の人が応急手当に自信がないと回答しています。

 

 

 

 

CPRの普及が今こそ必要な背景

日本では大規模なスポーツイベントには、 日本人だけではなく訪日外国人を含めた多くの人が密集します。

イベント開催時の訪日外国人の総数は2018年の1~4月の累計人数が約1051万人と前年同期を約140万人上回りました。

そのため、大規模マラソン大会のコース付近では道路封鎖や交通規制が広範囲にわたり、 救急車現場到着時間及び病院搬送時間が通常より遅延します。

そのため、 医師による病院での本格的な治療の開始が遅れ、 急病患者の心停止による死亡率が上昇することが危惧されています。

 

 

『CPR TRAINING BOTTLE』とは

『CPR TRAINING BOTTLE』は、 「ペットボトル」「訓練用簡易シート」「ペットボトルラベル」「レクチャー動画」の4点から構成されるCPR訓練キットです。

 

 

 

 

『CPR TRAINING BOTTLE』の特徴

 

1.ペットボトルを利用したCPR訓練

CPRは、 胸の真ん中にある胸骨を垂直に圧迫し、 圧迫の速さが100~120回/分、 深さが約50~60mm程度、 圧迫の解除を毎回しっかり行うこと、 圧迫と減圧の時間の比率が等間隔であること、 疲れた時は交代を素早く行い胸骨圧迫をなるべく止めないことが、 重要とされています(JRC蘇生ガイドライン2015)。

 

2.短時間で覚えやすい講習

『CPR TRAINING BOTTLE』は、 心肺蘇生訓練を初めて行うきっかけとなることを目指しています。

成人の心停止に対して市民が行う心肺蘇生では、 胸骨圧迫のみの場合と胸骨圧迫と人工呼吸を組み合わせた場合とを比較して、 胸骨圧迫のみでも予後に大きな影響がないことを示す複数の研究があります。
そのため講習でも、 「胸を押すことだけ」でのシンプルな心肺蘇生法をお勧めしています。
重点を胸骨圧迫に絞ることで、 短時間で記憶に残りやすく現場で実践しやすい講習を目指しています。

 

3.訓練キットを持ち帰れる

突然の心停止の発生場所の7割が自宅であり、 自宅での救命率は著しく低い現状があります。 このキットはコンパクトで持ち帰りが容易であり、 「サントリー天然水」のペットボトルは全国どこでも手に入れることができるため、 受講者が帰宅後、 YouTubeのレクチャー動画を使用して、 自宅で家族と一緒に訓練することが可能です。 いつでも訓練ができる環境を作ることで、 復習により受講内容を定着させることができます。 また、 持ち帰りできるキットにより受講者のみでなく、 その家族全員がCPRを覚えることで、 受講者本人が倒れた時にも救命可能性を高めることができます。

 

 

 

『CPR TRAINING BOTTLE』は、 CPRの際に胸を押すのに必要な力が、 空のペットボトルを押す力とほとんど同じであることに着目した世界初のCPR訓練用キットです。
 https://cpr-training-bottle.com/

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

「患者の立場で考えるリビングウイルとは?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【…

大人のWEBマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。生きと…

「日本インド化計画!?」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第3回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。認知症…

「大手メディアが流す認知症治療の嘘」長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第2回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。世の中…

長尾和宏氏に聞く、認知症医療最前線【第1回】

大人のライフマガジンMOC(モック)では、尼崎の医師、長尾和宏先生をゲストに、認知症治療最前線をお送り致します。長年地…

「納得できる生き方のために。医療の現場から価値ある情報を発信したい」長尾和宏氏…

多くのがん患者を診て、“お診取り”もしてきた長尾和宏先生は、社会に溢れる医療情報にやはり敏感です。しかしながら、玉石混…

「勝ち逃げできるがん治療を目指して。患者さんの人生から医者が学ぶべきことがある…

医療技術の発展は目を見張るものがありますが、しかし今なお「がん」による患者数は増加をたどっています。そしてがんによって…