人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

現在アメリカ・LAにて、性別や人種差別をテーマにした個展を開催している、バロン吉元『Baron Yoshimoto GEKIGACORE』。その刺激的内容とは?

 

 

LAのアートスペース「GR2 Gallery」において、 漫画家・バロン吉元にとって西海岸地域では初となる個展『Baron Yoshimoto GEKIGACORE』が開催中。

会期は2020年8月6日(木)まで。

 

 

2019年に画業60周年を迎え、 今年1月にはフランス・アングレーム国際漫画祭での巨大劇画の公開制作が話題となったバロン吉元。

その後コロナウイルスの流行が広まる中、 自身がステイホームを始めた4月を起点とし、 延べ3ヶ月もの間に描きおろされた新作絵画40点はアメリカへ。 ロックダウンの最中、 ロサンゼルスのアートスペース「GR2 Gallery」の壁を埋め尽くしている。

 

 

ゲストアーティストには、 共に公開制作を行うなど近年におけるバロン吉元の創作活動を一番身近で実見し、 時には並走してきた漫画家・寺田克也氏が参加。

バロン吉元の作品からインスピレーションを得て生み出されたオマージュ作品を展示。

 

 

またバロン吉元の娘でありアートプロデューサーのエ☆ミリー吉元がキュレーション及び作品の共同制作を担当。

作品の閲覧および販売は、 GR2 Galleryのウェブサイトを通して実施される。

 

 

 

アメリカで出版された、 バロン吉元の初期短編集『The Troublemakers』にフォーカス

『The Troublemakers』Retrofit社刊

漫画史家のライアン・ホームバーグ氏により編集および翻訳されアメリカで出版された『The Troublemakers』(Retrofit社刊)。

 

 

バロン吉元が60年代後半から70年代にかけて発表した6つの物語でアンソロジーが構成されており、 当時の漫画界における同氏の特筆した観察力や創造力の高さを示し出している。

題材となっているのは、 性別や人種、 民族差別、 その他の差し迫った、 依然として関連のある社会問題の数々。

バロン吉元は1965年にアメリカで起こった「ワッツ暴動」の際にも単身渡米、 現地で取材を試みており、 その影響は収録作品の1つ『少女と黒人兵』(1966)にも色濃く反映されています。

 

今回の展覧会では『少女と黒人兵』へのセルフオマージュとしての屏風絵も展示。

1000×2608mm、 2020年制作 (C)️Baron Yoshimoto

 

 

展覧会タイトルにもなった「CORE」という言葉が持つ2つの意味

名詞では「芯、 中心」、 動詞になると「(芯を)抜き出す」意味となる。

 

 

CORE: 1 「芯、 中心」

当初は挿絵画家を目指していたが、 美大中退を機に漫画家としてデビューし劇画を執筆、 その後は画家の道へ。

ジャンルやアイデンティティに囚われることなく、 いちアーティストとして縦横無尽に表現の幅を広げてきたその貪欲さ故に、 制作に対する取り組みや手段は常に変化し続けている。

 

しかし一方でテクニックには執着することなく、 自身の中に芽生える新たな表現の探求と柔軟に向き合いながら、 筆を振り立て続けてきた。 そのような中、 バロン吉元は今一度、 自身の初期作品である劇画「The Troublemakers」と向き合うことで、 作者の根底に在り続ける変化することのない創作的核心を、 セルフオマージュのプロセスから自身に問う。

 

 

 

CORE: 2 「抜き出す」

本展キュレーターのエ☆ミリー吉元は、 「The Troublemakers」に収録された劇画作品のコマを抽出し、 キャンバスに一枚絵として描き起こす「抜き出し」の「CORE」を試みる。

 

現在のバロン吉元が取り組む絵画制作とフラットな関係性を当時の劇画に見出し、 また1つのコマをページの一部分としてではなく、 1つの絵画として抜き出した際に、 そのコマは前後の時間から切り離され、 枠線を越境し、 視点の変化と共に独立したストーリー性を帯びる。

それは過去から現在まで続く、 バロン吉元の一貫した創作的核心との共鳴を示す。

 

 

 

【バロン吉元】

旧満州生まれ、 鹿児島県指宿市育ち。

1959年、 漫画家デビュー。

その後劇画ブームの全盛期を築いた一人となり、 代表作である『柔俠伝』シリーズ、 『どん亀野郎』、 『黒い鷲』他、 多数の作品を発表。

しかし1980年、 全ての連載を終わらせ単身渡米。

スタン・リーとの出会いを経て、 翌年にはマーベル・コミックで執筆。

帰国後は漫画執筆と並行し、 以降30年にわたりバロン吉元の名を伏せ絵画制作に没頭。

2015年、 雅号を「バロン吉元」に統一。 漫画作品をまとめた初の画集となる『バロン吉元 画俠伝』(山田参助・編/リイド社)リリース。

画業60年を迎えた2019年には日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞し、 弥生美術館にて「バロン吉元☆元年」開催、 あわせて『バロン吉元画集 男爵』(パイインターナショナル)が国内外で出版された。

 

GR2 Gallery ウェブサイト

 

【概要】

Baron Yoshimoto GEKIGACORE

#baronyoshimoto #gekigacore

会期: 2020年7月18日(土)~8月6日(木)

会場: GR2 Gallery

2062 Sawtelle Blvd Los Angeles, CA, 90025 USA

※会場への来場不可。 作品の閲覧および販売はGR2 Galleryのウェブサイトを通して実施される予定です。

バロン吉元

Instagram

Twitter

YouTube

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日よ…

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。江戸末…