人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

日本の伝統工芸×テクノロジー。 ReKOGEI(りこうげい)が示す新たな可能性!

 

 

富山県高岡市の伝統工芸技術を活用し、その伝統技術・歴史・美学をテクノロジーの視点から見つめ直すことを目的に、漆の魅力を再解釈した作品「between #4 Black Aura」が、『第23回文化庁メディア芸術祭』アート部門「優秀賞」を受賞した。

 

 

作品「between #4 Black Aura」

漆の質感をシミュレートしながら造形データを作成し、3Dシミュレーションの衝突実験によって、四角い布に造形物を突き刺さしたような、手わざで再現するのは困難な造形を導き出した。

データは3Dプリンターで出力され、漆職人の手によって何層にもおよぶ漆塗りと研磨を施し、漆彫刻に仕上げられている。

さらに、漆彫刻を3DCGのレンダリング画像の構図やライティングと同条件で撮影した。

こうして撮影された写真とレンダリング画像の差異は、これまで言葉に置き換えられなかった漆の本来的な魅力を可視化した。

本作は伝統工芸の技術・歴史・美学をテクノロジーの視点から見つめ直すことを目的とし、漆の魅力を再解釈する「between」シリーズのひとつである。

 

 

この作品が生まれた背景は、2017年に「国際北陸工芸サミット」の一環として開催された「工芸ハッカソン」。

このイベントでは、富山県高岡市の伝統工芸の職人、先端テクノロジーのエンジニア、研究者、アーティストなどがチームを組んで、工芸の未来の多様な可能性を提案した。

チームの一つ「ReKOGEI(りこうげい)」は、「伝統工芸の技術・歴史・美学をテクノロジーの視点から見つめ直す」ことを目的にその後も作品制作を継続する中で、作品の1つ「between #4 Black Aura」が、受賞。

「漆黒」という表現を生むほどの、漆の持つ美的質感に着目し、3DCG/3Dプリンティング技術を導入して、その魅力をテクノロジーの視点から解き明かすと共に、漆工芸の造形と制作プロセスを拡張する本作。

今回「メディアアート」として評価されたことは、日本の伝統工芸と先端テクノロジーの協働が、新しい造形表現を生み出す可能性があることを示したと言える。

 

 

 

『第23回文化庁メディア芸術祭』アート部門の「優秀賞」

(公式サイト>>  )

 

『2019アジアデジタルアートアワード』エンターテイメント部門の優秀賞受賞。

(公式サイト>>  )

 

 

◎製作者情報:「ReKOGEI」

石橋友也(ディレクター)/京田充弘(漆芸職人)/嶋光太郎(原型師)/松本祐典(3Dデザイナー)/堀川淳一郎(アルゴリズミック・デザイナー)/平田正和(フォトグラファー)/西尾美智子(レタッチャー)/沼俊之(プロジェクトマネージャー)/引地悠太(プロジェクトマネージャー)/橋本孝久(デザイナー)/水落大(エンジニア)新宅加奈子(コピーライター)

作品サイト

 

第2回工芸ハッカソン、『GO FOR KOGEI~北陸で出会う、工芸の可能性~』の一環として開催!

「ハッカソン」とはハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた言葉。

異業種からの参加者がチームを組み、短期間で課題解決提案を行う手法のこと。

2017年に富山県高岡市で開催された第1回では、142名の応募者から選ばれた、高岡銅器・漆器の職人、先端テクノロジーのエンジニアやアーティストらが、「工芸の未来」をテーマに多様な提案を行い、話題となりました。

第2回となる今年は、“ものづくり”の一大拠点「北陸」からその魅力を発信するプラットフォーム形成を目指す『GO FOR KOGEI~北陸で出会う、工芸の可能性~』のプログラムとして開催予定(8月~11月)。 北陸の工房を舞台に、工芸の新たな価値を生み出すことを目指す。

 

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

室町時代から現代までの美術品を展示販売会。「美祭 撰」は 2020年4月25日…

株式会社 加島美術は、2020年4月25日(土)から5月6日(水・祝)まで、美術品の展示販売会「美祭 撰」を開催する。…

新型コロナウィルス感染防止のため、開催延期となった「2019年度ヤング・ポート…

清里フォトアートミュージアムは、新型コロナウィルスの感染防止のため、「2019年度ヤング・ポートフォリオ」展の開催を当…

英国王朝の貴重な肖像画を一挙に公開する、KING & QUEEN展。2020年…

2020年10月。 上野の森美術館にて、 ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーが所蔵する、 肖像画を紹介する「…

コロナウィルス感染拡大防止で休館中の横浜美術館が、自宅で楽しめるコンテンツを公…

東京スカイツリー(R)のデザイン監修でも知られる、 戦後日本の抽象彫刻のパイオニア・澄川喜一の、 首都圏公立美術館で開…

京焼の真髄に迫る企画展が横山美術館にて開催。雅な陶磁器の歴史と世界を紹介する。

横山美術館は、 明治・大正期の輸出陶磁器を中心に展示する横山美術館において、2020年3月14日より企画展「京焼・その…

横浜美術館による若手作家をご紹介する企画「New Artist Picks」。…

横浜美術館では、 将来活躍が期待される若手作家を紹介する小企画「New Artist Picks」を年に1度開催してい…