人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

現代のエコロジー思想に通じる宋元画。1000年前の空間表現に挑戦し続ける婁正綱の個展が開催中!

 

 

世界各地にコレクターや熱烈なファンの多い、婁正綱(ろうせいこう)。

「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアートとして華開く宋元画―」が、2020年5月23日(土)よりホワイトストーンギャラリー銀座本館にて開催されている。

 

 

近年、日本国内でも、2016~2017年には、北野武、ダグ・ウェブとともに東日本大震災復興支援 未来絵PROJECT巡回展「絵のちから」(東北地方3県を巡回)への出展。

2019年には、草間彌生、堂本尚郎、今井俊満の作品とともに軽井沢ニューアートミュージアムでの「今、世界で評価され続けているアジア人作家」の開催。

本年は、パリ、ロンドン、チューリッヒ、ニューヨークなど各地での「婁正綱×ラリック(LALIQUE)」のコラボレーションシリーズ「Sun & Moon」展に続く、国内での個展開催となる。

 

 

「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアートとして華開く宋元画―」

天才だけが到達できる高みがある。

考えるまえに身体が動く、頭脳と身体とが本能的に直結している次元のことだ。

およそ表現者たるものすべて、舞い降りる天啓を具現化する技巧なくしては成り立たないが、その技巧の理想的な血肉化は、幼少期の限られた一時期を逃すと難しい。

早期教育と、類まれなる閃きと身体性をもつ個体との出会い。これらの要件が揃って初めて、天才が生まれる。

神童として中国書壇に華々しく登場した婁正綱はしかしながら、名声や富といった世俗の価値に安住しなかった。

「なぜ、自分はこの世に存在するのか」という根源的かつ壮大な問いが、彼女を捉えて離さなかったからだ。この問いは、何事からも妨げられぬ、独立した宇宙である。

 

 

名誉も地位も保証された既存の社会を捨て、1980年代に婁正綱は日本へ移り住む。そして、墨から顔料へと表現手段を変える。ただひたすらに描く。自らの生に答えを求めるように。

飛沫の躍動、とぐろを巻く求心力、想像力を投影する余地をふんだんに残す余白—なるほど婁正綱の世界には、宋元画*に通底する中国のDNAも感じられよう。

伊豆にアトリエを構える婁正綱は、大海原や自然の移ろいに感性を研ぎ澄ます。

速度を内包する流麗な線描、一見偶然のように飛散する自在な筆致は、限界まで自己を見つめ、対話し、濾過された芸術家のパッションが、肉体化された技巧に乗ってほとばしり出た結露である。

抽象は必然の成り行きだ。伝統を「汲む」のではない。現代芸術にこそ古典を活性化する力があるのだ。そして、それができるごく一握りの芸術家だけを、巨匠という。

カンヴァス上に華開く婁正綱の生の軌跡。そこには強靭な意志と、謙虚な姿勢とが絶妙な均衡関係で同居する。豪胆と繊細。偶発性と必然の中庸に浮かぶ宇宙。

若き巨匠の戦いはつづく。

同時に宋元画は、かつてないほどの強度をもって刻々と更新される。

 

 

*宋元画…中国5,000年の絵画史において、北宋・南宋および元代に発展した絵画をいう。

1,000年程前に、西洋絵画が神中心の世界を描いていた時代に、中国の画家は大自然を、独特の空間表現で描いた。

西洋において自然は神の被造物であるのに対し、宋元画において自然は人間がその中で生かされている宇宙であった。

明治時代、岡倉天心はその師フェノロサと共に、宋元画を世界最高水準の絵画と位置づけ、日本ばかりでなく世界に向けてその秀逸さを喧伝した。

現代エコロジー思想のさきがけともいえる。

 

 

 

【Lou Zheng Gang 婁正綱(ろうせいこう)プロフィール】

1986年北京から東京に本拠地を移し精力的に作品製作活動を行い、アジア、中東、ニューヨーク、スイス、パリなどで30回以上の個展やアートツアーを開催。

2016年には、オマーン国王の招待により「婁正綱展」が開催。

 

 

【展覧会概要】

展覧会名:「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアートとして華開く宋元画―」

会期  :2020年5月23日(土)~2020年6月21日(日)

会場  :ホワイトストーンギャラリー銀座本館

所在地 :東京都中央区銀座6-4-16

時間  :11:00~19:00

休館日 :月曜日、日曜日

観覧料 :入場無料

TEL   :03-3574-6161

【Lou Zhenggang 婁正綱(ろうせいこう)公式サイト】

「若き巨匠・婁正綱の世界展 ―コンテンポラリーアートとして華開く宋元画―」

 

ホワイトストーンギャラリー銀座本館|アクセス

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

新型コロナウイルス 感染拡大防止のため、開催を延期されていた「大和文華館開館6…

60年前の「開館記念特別展」を再現します。 国宝4件、重要文化財17件を含む名品を一挙公開。「大和文華館開館60周年記…

工芸性をテーマに、職人の真髄を問う企画展「SHOKUNIN」。京都伝統産業ミュ…

今年3月にリニューアルオープンした京都伝統産業ミュージアムでは、 2020年7月4日から8月2日まで、 開化堂|八木隆…

新型コロナウイルス感染症の影響によりアート活動が制限される中、文化庁初のオンラ…

新型コロナウイルス感染症の影響により、国内外で展覧会や芸術祭、アートフェア、公演の延期や中止が続く今。再び日常への一歩…

フラワーデザイナー木村亜津の作品展が 2020年7月より開催中!!

「CASE: 30 strolls AZU KIMURA」2020年7月1日(水)~7月28日(火)開催国内外のクリエ…

現代アーティストが鎮守の杜に想いを寄せた作品が集結する「神宮の杜芸術祝祭」。7…

明治神宮の杜を舞台とした芸術と文化の祭典「神宮の杜芸術祝祭」。3月から開催中の野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)…

代表作「同級生」のヒットで知られる中村明日美子。デビュー20年を記念する大規模…

2020年秋に池袋PARCO 本館7F・PARCO FACTORYで「中村明日美子20年展」が開催。 本展は、 代表作…