人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

東山魁夷の創作における出発点に迫る企画展。9月25日(金)より現代日本美術の歴史が紐解かれる。

 

 

現代を代表する日本画家 ・東山魁夷の画業30周年を記念して、そのはじまりに迫る企画展が開催。

東山魁夷館本人からの作品寄贈により、 1990年4月26年に開館し、 今年開館30周年を迎えた、東山魁夷館にて。

 

 

 

◆展覧会の見どころ

本展では、 東山魁夷が画家として活動をはじめた初期の時代に焦点をあて、 東山“新吉”が、 いかにして現代を代表する日本画家・東山“魁夷”に成長していったのか、 その背景にせまる。

戦後、 風景画家として開眼し、 画壇の中央に迎えられた東山にとって、 終戦までの軌跡は、 日本画家として己を貫き、 地歩を固める時代だったのであり、 国民的画家・東山魁夷を誕生させる上で欠くべからざる道であった。

本展では、 こうして世に注目される以前の初期時代に光をあて、 新吉少年から東山魁夷となって辿ってきた歩みを紹介する。

 

 

東山魁夷本人から寄贈された作品に加え、 後に収集、 寄贈された作品を含めると所蔵点数は970余点。

当館はスケッチや習作を多数所蔵し、 作品の完成までをたどることができる数少ない美術館。

開館30周年を記念して特別展を開催し、 東山魁夷の画業のはじまりに迫る。

※作品の一部を会期中入れ替えます。

※東山魁夷館は、 新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じた上で開館しております。 ご来館のお客

さまにおかれましては、 感染防止の取組にご理解、 ご協力をいただきますようお願い申し上げます

 

 

◆開催概要

東山魁夷館 開館30周年記念特別展「東山魁夷 日本画への出発」

会期:2020年9月25日(金)~11月23日(月・祝) ※作品の一部を会期中入れ替えます。

開館時間:9時00分~17時00分 ※入場は16時30分まで

休館日:毎週水曜日

観覧料:大人 500(400)円、 大学生 300(200)円、 高校生以下無料

※(   )内は20名以上の団体料金

※身体障害者手帳、 療育手帳、 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、 付き添い1名は無料

会場:長野県信濃美術館 東山魁夷館

(長野市箱清水1−4−4 ※善光寺東隣城山公園内 TEL:026-232-0052)

主催:長野県、 長野県信濃美術館 東山魁夷館

 

 

◆展示構成

  1. 横浜、 神戸時代
  2. 東京美術学校時代
  3. ドイツ留学
  4. 帰国から終戦 模索の時代
  5. 中国風景スケッチ
  6. 特別コーナー東山芸術の確立
  7. 東北・信州の旅スケッチ

 

◆お問い合わせ

長野県信濃美術館 東山魁夷館

TEL:026-232-0052

【公式HP】

【YouTube】

【Twitter】

【Facebook】

【Instagram】

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

ニューノーマル時代を牽引する表現とは何か?渋谷にて、新たな感性が爆発する企画展…

「PUSH UP POP UP」アートエキシビションが開催。 歴史や文化に根ざした工芸的デザインと作家のオリジナリティ…

今も鮮烈な光を放つ、ジャポニズム。日仏の間で華開いた「美の往還」の素晴らしさ実…

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)にて、 2021年にご覧いただける企画展。 日本とフランスの間で華開いた「美の往還」を…

今のアメリカ社会を、アートで読み解く。MR.BRAINWASHによる、日本初の…

アートの世界を揺るがした、 革新的で大胆不敵なそのスタイルを是非。  LA在住のストリートアーティスト・MR.BRAI…

融合する日本の美!継承×創造のによる、ニュー能マルなステージを開催!

観世清和×コシノジュンコ 能+ファッション “継承される伝統と現代の融合”能とファッションという異なる要素を高次元に融…

新次元の竹工芸が顕現!アート界の風雲児、四代田辺竹雲斎が未知の時空をつくり出す!

堺市では、令和2年10月24日(土)から11月23日(月・祝)まで、展覧会「四代田辺竹雲斎展 -伝統とは挑戦なり-」を…

写真表現の到達点「植田調」今なお新しい、上田正治の世界を100作品で辿る企画展

島根県立美術館では、コレクション展 没後20周年記念「植田正治とその時代」を開催。「写真する」ことを生涯愛した植田正治…