人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

時空と実存をテーマに光とテクノロジーで表現する、アーティスト 松尾 高弘の企画展が本日7月20日より開催!!

 

 

美とテクノロジーで「光」「空間」「人」「インタラクション」が融合した光のアートやデザインワークを手がける、。

ポーラ ミュージアム アネックスにて、 2020年7月20日(月)から9月6日(日)までTakahiro Matsuo「INTENSITY」が 開催。

 

 

松尾高弘は映像、 照明、 オブジェクト、 テクノロジー、 インタラクションによる光のインスタレーションを制作している。

その作品は映像やライティングを主として、 プログラミングやシステムをも自ら手がけるなど、 アナログからデジタルを横断する独自のクリエイションが特徴であり、 身体や感覚に訴えかけるエモーショナルな空間インスタレーションを得意としている。

2009 年ミラノサローネでのCANON『NEOREAL』では国際的に話題となり、 2018 年にもミラノサローネにてKAWAI(河合楽器製作所)「Crystal Rain」を手がけるなど、 近年は数多くのラグジュアリーブランドとのタイアップによる光のアートワークを手掛け続けている。

ポーラ ミュージアム アネックスでは2011年の「LIGHT EMOTION」以来、 9年ぶりの展覧会となる。

本展では、 光や現象による「INTENSITY(=強度)」をコンセプトに、 光のエネルギーやコントラストを力強く知覚体験できる作品 3 点を展示。

新作の「SPECTRA」は世界初の技術を使った光と水のインスタレーションで、 太陽光の放射角を持つ特殊な光が水を透過して反射することにより、 閃光のような眩い光を放ちます。 暗い空間に現れる光の群は、 キラキラと輝きながらも、 儚く静かで、 しかし確実にその輝きのエネルギーは鑑賞者の心に響き、 内に秘めた自らの強さを目覚めさせてくれるような作品だ。

 

 

【展示作品】

Phenomenon(C)LUCENT

1. Phenomenon / フェノメノン

気流や炎などの流体を、 無数の点群のふるまいによって「現象美」 として視覚化した映像インスタレーション。

実際の物理法則に基づき、 デジタルテクノロジーによって緻密にシミュレーションされた数百万 個の粒子群が、 無重力の3D キャンバス空間で刻々とフォルムを変え、 流れながら漂い、 消えていく。

(2017 年制作 12 分20 秒)

 

 

FLARE(C)LUCENT

2. FLARE / フレア

太陽や星の恒星、 結晶のような眩い光と透明なプリズム多面体によるライティングオブジェクト。

輝く光の集合体として、 光そのものが力強く放射される現象と光のエネルギーを物質化している。

プリズムの透明と輝き、 そこから放たれる光線によって、 唯一無二の輝きを生み出す。

 

 

SPECTRA(C)LUCENT

3. SPECTRA / スぺクトラ

世界初の技術によって作り出す、 太陽光の放射角を持つ特殊な LEDの光が、 リアルな水に透過し反射することで、 閃光や流星のように、 まばゆいほどの輝きを放つ水と光のインスタレーション。

無数の光の線や雫が、 空間で重力の影響を受けながら、 時間とともに形やコントラストを変え、 鑑賞者の見る角度と水の反射によって、 スペクトルの色彩が変化し続ける。

 

 

【アーティスト 松尾高弘のご紹介】

 

1979 年生まれ、 福岡県出身。

株式会社ルーセントデザイン(LUCENT)代表。 九州芸術工科大学大学院修了。

映像、 照明、 オブジェクト、 インタラクションと、 美的表現による光のインスタレーションを中心に、 自ら制作する映像やライティング、 プログラミングなど、 多彩な表現やテクノロジーによるアートワークを一貫して手がける。 自然界の現象と法則性、 イマジネーションによる繊細な光の表現とエモーショナルな作品群によって、 都市や商空間のパブリックアート、 各国のエキシビション、 ラグジュアリーブランドのためのアートやデザインなど、 国際的に幅広く展開している。

主な受賞に、 主な受賞に、 DSA日本空間デザイン賞2016銀賞・2018銀賞・2018入選・2019BEST100(日本)。

iF DESIGN AWARD 2020 入賞(ドイツ)。

Frame Awards 2020 Longlist(オランダ)。

DFA Awards 2019 MERIT(香港)。

Laval Virtual Awards 2008 先端技術賞 (フランス)など。

公式サイト

 

 

 

【展覧会概要】

展覧会名:Takahiro Matsuo 「INTENSITY」

会 期 :2020 年 7 月 20 日(月)- 9 月 6 日(日)[ 49 日間]

休館日 :2020 年 7 月 27 日(月)、 8 月 11 日(火)、 8 月 24 日(月)

開館時間:11:00~18:40

入 場 :入場無料 / web による事前予約制

会 場 :ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3 階)

アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7 番出口すぐ / 東京メトロ 銀座駅 A9 番出口から徒歩 6 分

主 催 :株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

URL      : http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

お問い合わせ先:ポーラミュージアムアネックス TEL : 050-5541-8600(ハローダイヤル)

※状況により変更になる場合がございます。 ギャラリーHP で最新の情報をご確認の上、 ご来館いただきますようお願い申し上げます。

 

【ご入場方法】
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止のため、 本展覧会はウェブサイトでの事前予約制となります。

ご予約はギャラリーHPからお願い致します。

来館時間枠:

(1) 11:00 – 11:40 (2) 12:00 – 12:40 (3) 13:00 – 13:40 (4) 14:00 – 14:40

(5) 15:00 – 15:40 (6) 16:00 – 16:40 (7) 17:00 – 17:40 (8) 18:00 – 18:40

(各回、 定員入替制)

※事前予約をされていない方はご入場できません。

※ご予約の時間枠を過ぎてのご入場はご遠慮ください。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための館内での取り組みやお客さまへのお願いについて、

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を生きる、
大人のためのマガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日よ…

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。江戸末…