人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

伝説となった渋谷の踊り子を7年にわたって追った「原色の熱情」。写真展を7月28日より開催!

 

 

突然の引退から4 年。

伝説となった渋谷の踊り子「匠悠那」が藤里一郎の手によって蘇る。

ストリップの世界を牽引してきた彼女を延べ7年間にわたり撮影。 24,000 枚という膨大な作品群から湿度と熱を帯びた36 点を展示。

 

 

2020年7月28日~8月2日まで外苑前のNine Gallery にて開催渋谷道頓堀劇場で突然ステージを去った踊り子「匠悠那」。

藤里一郎渾身の作品「原色の熱情」により今、 ここに匠悠那がよみがえる。

原色の情熱を是非体感してください。

匠悠那という踊り子がいた。

あの日も僕は胸が熱くなった。

あのフトモモに触れてみたかった。

あの光り輝く汗が美しかった。

そして10年ほど温めた想いが今、 原色の熱情としてよみがえる。

匠悠那という踊り子は、 僕の中で生き続けている。

 

 

【 作家プロフィール】

藤里一郎

1969 年生まれ。

男っぷりのよい写真、 色香あふれる写真を撮る当世一“Hip” な写真家。

東京工芸大学短期大学部卒業後、 大倉舜二氏に師事、 96 年独立。 以降フリー。

アーティスト“May J.” のコンサートツアー・オフィシャルフォトグラファーとして活動するほか、 人気作家・“伊坂幸太郎” の「死神」シリーズのカバー写真をてがける。

2018 年度、 カメラ雑誌「月刊カメラマン」40 周年記念年の表紙を1 年間担当し、 また、 2017 ~ 2018 にかけてラジオパーソナリティとしての経験も持つ。

書籍として日本写真企画刊「ポートレイトノススメ」も出版している。 また女優・鎌滝えり、 アートディレクター・三村漢との10 年間毎年写真展を開催するプロジェクトも進行中。

年間10 本もの個展を開催しリピーターの多い写真展として認知される。 2019 年写真展「おんな」をシリーズとして始動、 新たに「おんな」というジャンルにも挑戦をはじめる。

 

 

【写真展開催概要】

タイトル:原色の熱情

作家名:藤里一郎

日程:2020 年7 月28 日(火)~8 月2 日(日)

時間:10 時~ 19 時(最終日は17 時まで)

入場料:1,000 円

会場:Nine Gallery 東京都港区北青山 2-10-22( 谷・荒井ビル 1F)

(銀座線 外苑前駅より徒歩3分) https://ninegallery.com

アートディレクション:三村漢

 

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

明治から昭和にかけて、めぐるましく変わる「大東京」の足跡をライフスタイルから捉…

明治から昭和にかけて憧れの都であった「大東京」。当時に生きた人々の東京へのイメージを、ファッションやデザインで綴る企画…

『第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が開催!世界107の国と地域、3,5…

第23回は、 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、 アート、 エンターテインメント、 アニメーシ…

中田英寿氏が名誉館長に就任した、国立工芸館の開館日が決定!!

東京国立近代美術館工芸館はこの度、 石川県金沢市に移転し、 通称「国立工芸館」として開館する。 2020年10月24日…

今、地球規模で問われている自然と人との関係性。北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然…

北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動…

「モネとマティス」展では、ニューヨークから届いたマティスの4作品を新たに展示!!

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティスーもうひとつの楽園」展に、 7月29日(水)からマティスの作品4点が新たに加わっ…

落語中興の祖・三遊亭圓朝ゆかりの「幽霊画展」 。東京・谷中の全生庵で8月1日よ…

東京・谷中にある全生庵(ぜんしょうあん)にて、2020年8月1日(土)より31日(月)まで、「幽霊画展」を開催。江戸末…