人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

新型コロナウイルス感染症の危機が広まる中、サイクロン 「アンファン」 に襲われたインド・バングラディッシュの子供達の今!

 

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の 危機に対処しようと奮闘していた数千世帯の家屋や生活を破壊したサイクロン 「アンファン」。

インドとバングラデシュを襲った過去20年で最強のサイクロンは、子どもたちを ますますぜい弱な状況に追い詰めている。

 

 

20年ぶりに両国を襲った強力サイクロン「アンファン」で、 100人以上が命を失い、 300万人以上が避難を強いられました。 多くの生存者たちは避難所で窮屈なスペースを共有しており、 COVID-19への感染を心配している。

12歳のウルミちゃん は次のように話す。

「毎年、 サイクロンが直撃するたびに私たちは避難所へ行っていました。 しかし、 今回はコロナウイルスへの感染が怖かったので行きませんでした。 避難所は混んでいて、 ほとんどの人はマスクをしていませんでした。 私の家族は学校に避難しましたが、 その方が安全だと分かりました」

ウルミちゃんの村のように、 インドやバングラデシュの多くの沿岸部や低地は、 豪雨の後、 洪水に見舞われる。

サイクロンは何千もの家屋の屋根を吹き飛ばし、 堤防を崩壊させ、 広大な農地を海水で汚染し、 作物を台無しにし、 生計を破壊した。

サイクロン 「アンファン」 による被害が最小限だった地域でも、 COVID-19の脅威が、 農村部の貧困層の脆弱性を高める可能性がある。

バングラデシュ南部(コックス・バザール)にある世界最大の難民キャンプでは、 死者は出なかったものの、 7,000世帯に影響を与え、 およそ1,500軒の仮設住宅の一部を破壊した。

 

ワールド・ビジョンのバングラデシュにおけるロヒンギャ難民支援担当ディレクター、 レイチェル・ウルフは次のように述べる。

「コックス・バザールは、 今回は直接的な被害を免れたが、 90万人近くのロヒンギャ難民が、 ミャンマーを逃れてから3年が経った今も、 竹とタープの仮設住宅で暮らしています。 持続的な解決策を見つけなければ、 次は運に恵まれず、 多くの命を失うことになるかもしれません」。

 

インドでは、 低地のバサンティ地域の貧しい農民が、 最も深刻な被害を受けた。   ワールド・ビジョン・インドの緊急人道支援責任者、 フランクリン・ジョーンズは次のように述べる。

「子どもたちとその家族の幸せは、 私たちにとって最優先事項です。 多くの家や農地と海の間には細い堤防しかなく、 それも今回のサイクロンで崩壊しました。 社会から取り残されたこのぜい弱で貧しい地域は、 すでに COVID-19 と悪化し続ける気候変動の二重の脅威に直面していたのです」

 

 

インドとバングラデシュで新型コロナウイルス感染者が増え続けており、 支援チームは自身や人々をウイルスから守りながら活動しているため、 緊急援助が困難な状況だ。

インドとバングラデシュで活動するワールド・ビジョンは、 食料、 衛生キット、 家屋の修理用品など、 命を救う人道支援物資を子どもたちとその家族に届けている。

また、 復興支援として現金給付(キャッシュ・バウチャー)も行う。

支援活動は、 バングラデシュのサトキラとクルナ、 インドのバサンティとコルカタを中心に行っていく。

ワールド・ビジョンの南アジア・太平洋地域担当責任者であるチェリアン・トーマスは、 次のように述べる。

「COVID-19の影響による移動の禁止、 ソーシャル・ディスタンシングは最も貧しい人々の生活と命をすでに脅かしていました。 多くの家族が1日2回しか食事をとれていない中、 サイクロンが事態を悪化させました。 洪水が水源を汚染し、 死に至る可能性のある下痢などの感染症が蔓延する可能性があります」

サイクロンへの緊急人道支援は、 両国においてワールド・ビジョンが現在実施している新型コロナウイルス緊急支援の一部として実施する。

新型コロナウイルス緊急支援は、 すでに110万人の子どもを含む270万人に届けられている。

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

小川榮太郎氏インタビュー【第1回】 人生100年時代の今、日本の“知的ヒエラル…

現代日本における報道の在り方に、真っ向から挑んでいる人間がいる。舌鋒鋭く朝日新聞を追求する姿が記憶に新しい文芸評論家・…

人生100年時代、定年前後のギアチェンジとは? なってはいけない50代、目指し…

「定年退職」の4文字が頭によぎったとき、不安と楽しみ、どちらが胸をよぎりますか。年金や退職金、定年後の再雇用や転職など…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第5回〜

〜連載第5回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

自立と孤立、依存と共存 中村うさぎ連載コラム 〜第4回〜

〜連載第4回〜自立を目指して生きてきたら、いつの間にか孤立していた。依存症に苦しんでたら、共存という新たな道が見えてき…

3.11から七年。防災ツイッターを通して考えたい私たちの「防災力」。警視庁災害…

あの未曾有の大震災から七年の時が経ちました。私たちに強烈な記憶を植え付けた一方で、少しずつ災害意識が薄まってきているの…

ためになる!試したい!教えたい!防災Tweet ベスト10! 警視庁災害対策課…

ツイッターは、情報の発信者と受信者のコミュニケーションが生まれるツール。ひとつのツイートに対して、リアルタイムの「声」…