人生100年時代を楽しむ、大人の生き方 Magazine

地方創生ベンチャーサミット2019 ローカルテック(地域×テクノロジー)の可能性。2019年2月3日開催

 

 

一般社団法人熱意ある地方創生ベンチャー連合(東京都渋谷区)は、 スタートアップ都市推進協議会(福岡県福岡市中央区)と共催し、 「地方創生ベンチャーサミット2019 ローカルテック(地域×テクノロジー)の可能性 supported by KDDI」を2019年2月3日(日)に開催する。

 

 

地方創生ベンチャーサミットとは

2014年9月に発足した第二次安倍内閣より掲げられた「地方創生」というテーマ。
熱意ある地方創生ベンチャー連合及びスタートアップ都市推進協議会は、 地方創生の流れをさらに加速化させるために、 国・自治体・民間事業者それぞれの立場から地方創生に対する現状や課題の共有、 今後に期待される新たな事例の発信や交流を行うための「地方創生ベンチャーサミット」を毎年開催している。

4度目の開催となる今回は、 「ローカルテック(地域×テクノロジー)の可能性」を全体テーマとし、 地域におけるテクノロジー活用がもたらす効果、 課題等について、 地方創生のキーマン・有識者たちによるトークセッションを実施する。

分科会では、 「ブロックチェーン」「遊休不動産活用」「ローカルベンチャー」「観光」「教育」「ドローン」の6つの切り口から全体テーマを更に深堀りしていきます。

これからの地域や企業の目指すべき姿、 そのための施策やヒントを探されている皆さまをはじめ、 日本の未来や地方創生の分野に関心のある幅広い方々のご参加をお待ちしております。

 

 

 

開催概要

名称   地方創生ベンチャーサミット2019 ローカルテック(地域×テクノロジー)の可能性supported by KDDI
実施日  平成31年2月3日(日)13時30分~(受付:12時30分~)
会場   株式会社LIFULL 本社ビル(東京都千代田区麹町1丁目4-4)
対象   地方創生の現状、 事例、 課題等に関心のある全ての方
申込   peatixサイトにて事前申し込み  https://venturesummit2019.peatix.com/
参加費  懇親会なし 2,000円、 懇親会あり 3,000円
主催   (一社)熱意ある地方創生ベンチャー連合、 スタートアップ都市推進協議会
スポンサー  KDDI株式会社、 株式会社JTB、 株式会社PR TIMES、 株式会社LIFULL
メディアパートナー  月刊「事業構想」、 自治体通信、 The Japan Times、 、 Heroes of Local Government、 ライフハッカー[日本版]
後援  一般社団法人G1
プログラム 
1.オープニング (13:30~13:50)
2.基調講演   (14:00~14:30)
3.全体セッション(14:40~15:40)
4.テーマ別トークセッション ※3会場で同時進行(選択式)
分科会1    (15:50~16:50)
「ブロックチェーン」「遊休不動産活用」「ローカルベンチャー」
分科会2     (17:00~18:00)
「観光」「教育」「ドローン」
5.クロージング  (18:10~18:40)
6.写真撮影   (18:40~18:50)
7.懇親会    (19:00~20:30)

登壇予定者(登壇区分別・五十音順)

全体セッション(14:40~15:40)

【ローカルテック】supported by KDDI
テクノロジーは地域をどのように変えていくのか

〇スピーカー
・井上 高志  株式会社LIFULL 代表取締役社長
・小林 史明  衆議院議員
・高島 宗一郎 福岡市長
〇モデレーター
・吉田 雄人 (一社)熱意ある地方創生ベンチャー連合 事務局長
Glocal Government Relationz株式会社 代表取締役

分科会1(15:50~16:50)

【ブロックチェーン】
ブロックチェーン3.0の地域イノベーション
〇スピーカー
・市ノ澤 充  株式会社VOTE FOR 代表取締役社長
・伊藤 和真  株式会社PoliPoli CEO
・城戸 幸一郎 エンゲート株式会社 代表取締役
〇モデレーター
・米良 はるか READYFOR株式会社 代表取締役CEO

【遊休不動産活用】supported by LIFULL
空き家が活用され続ける「仕組み化」とは
〇スピーカー
・勝 眞一郎 奄美市 産業創出プロデューサー
・森 弘行  NPO法人多摩源流こすげ(元 小菅村地域おこし協力隊)
・渡辺 昌宏 株式会社LIFULL 地方創生推進部
〇モデレーター
・伊藤 明子 内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官補

【ローカルベンチャー】supported by PR TIMES
地域で機能するベンチャーエコシステム
〇スピーカー
・毛塚 幹人  つくば市 副市長
・近藤 洋祐  株式会社電脳交通 代表取締役
・橋本 正徳  株式会社ヌーラボ 代表取締役
〇モデレーター
・津脇 慈子  経済産業省 商務サービスグループ 大臣官房政策企画委員

分科会2(17:00~18:00)

【観光】supported by JTB
ICTがもたらす観光産業の生産性向上
〇スピーカー
・小田島 春樹 有限会社ゑびや 代表取締役
・鈴木 康友  浜松市長
・徳政 由美子 株式会社JTB総合研究所 デジタルマーケティング室 副室長 主任研究員
〇モデレーター
・内田 有映  アソビュー株式会社 地域戦略室長
アソビュー総研 所長

【教育】
ICT教育が地域にもたらすインパクト
〇スピーカー
・佐藤 昌宏  デジタルハリウッド大学大学院 教授
・水野 雄介  ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO
・山口 文洋  株式会社リクルート 執行役員(教育・学習事業)
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 代表取締役社長
〇モデレーター
・猪熊 真理子 株式会社OMOYA 代表取締役社長
女子未来大学 ファウンダー

【ドローン】
ドローン活用最前線!ドローンが実現する地域の未来
〇スピーカー
・大前 創希  ドローンファンド 共同代表パートナー
・熊谷 俊人  千葉市長
・坂本 義親  株式会社ORSO 代表取締役社長
〇モデレーター
・間下 直晃  株式会社ブイキューブ 代表取締役社長 CEO
株式会社センシンロボティクス 代表取締役

 

 

 

申込先: https://venturesummit2019.peatix.com/

 

 

編集・構成 MOC(モック)編集部
人生100年時代を楽しむ、
大人の生き方マガジンMOC(モック)
Moment Of Choice-MOC.STYLE

 

PROFILE

MOC 編集部

大人の生き方Magazine MOC(モック)編集部
芸術・イベント・自治体のニュースから厳選した情報のみをお届けします。

終活のキーワードは「墓じまい」! アラフィフなら知っておきたい、お墓のこと。

人生の締めくくりに向けて準備をする「終活」。最近は「墓じまい」の相談が増加中。少子高齢化が進む昨今、そのニーズは高まる…

終活に関するアンケート調査を発表!「物の整理、片付け」を行う人が増加!

SBIいきいき少額短期保険株式会社は、 2017年に引き続き、 当社の保険加入者を対象に第2回目となる“終活”に関する…

脱・論理化社会でストレスを軽くしよう。ゆるやかな感情コントロールが、人生100…

会社でのストレスに悩んだとき、相談できる相手や解消方法を持っていますか? 一人で悩んでいる人は、夏目誠先生のアドバイス…

中高年にメンタル危機注意報!ストレスでダウンする人にありがちな特徴とは?

理想的なアラフィフ像として、「太っていない・不潔じゃない・老けていない」という3つのNGが浸透している昨今。ですが大事…

老後の孤独を招く「自立できない中高年」定年前後の意識改革とは?

年功序列、終身雇用がスタンダードではなくなった現代日本、定年が人生における大きなターニングポイントとなっています。経済…

人生100年時代、定年前後のギアチェンジとは? なってはいけない50代、目指し…

「定年退職」の4文字が頭によぎったとき、不安と楽しみ、どちらが胸をよぎりますか。年金や退職金、定年後の再雇用や転職など…